本日のカップはこれ。
 

イメージ 1
 
 初めて聞いた店です。
 京都、鶏白湯ときたら、極どろ系を思い浮かべてしまいます。
 
 京都って、懐石料理に見られるようにとても上品な料理を思い出しますが、ラーメンに限って言えば、「下品」(←スミマセンm(__)m)。
 天一に始まり來來亭などドコッテリ系が多い。
 
 さてさて今回はどんなラメーンなんでしょうかねぇ。
 
◆メーカー説明◆
 「七福醸造「白醤油たれ」使用。数々のイベント出店や、ラーメンランキングで受賞を重ね、知名度が急上昇している京都の人気店「らぁ麺とうひち」。限定メニューの『鶏白湯らぁ麺』を商品化。めんには店舗と同じように全粒粉とローストブランを使用し、鶏白湯スープにも店舗と同じ七福醸造「白醤油たれ」を配合しました。香辛料やチーズが入った、独創的な味わいの一杯」だそうです。
 

イメージ 2

イメージ 3
 
添付物は、スープ(粉末:先入れ、液体:後入れ)、かやく(チャーシュー)です。
 

イメージ 4
 
 は、「全粒粉、ローストブランを配合した、香ばしい小麦の風味が特徴のノンフライ太めん」だそうです。
 寿がきやさんが愛してやまない「強縮れ平打ちノンフライ麺」です。麺自体は、全粒粉と小麦ふすまが配合された麺で、コシと弾力が強くて美味しい麺です。でも…。なぜこの形状の麺を使うのかが理解できません。あそこの麺は丸麺でしょ?何らかの意図が有るのか、汎用麺として使っているのか(この麺は新作の麺ですが…。)。監修ものでもこの形状の麺が多いですよね。
 

イメージ 5

イメージ 6
 
スープは、「鶏白湯をベースに、魚介と白醤油たれ、香辛料、チーズを加えたスープ」とのことです。
 鶏白湯スープに分類されるんでしょうが、何とも独特なスープです。チーズクリーミーな味わいが鶏白湯をやっつけちゃってる(~_~; それでも美味しいスープに仕上がってます。従来の鶏白湯とは次元が違う(美味しいという意味での次元ではないです。)斬新な味わいです。鶏白湯には期待しない方がいいと思います。
 

イメージ 7
 
 は、チャーシュー、ネギ、ピンクペッパーです。
 相変わらずの貧弱具材。およそ250円カップとは思えない貧弱さ(~_~;
 従来よりちょっとはマシになったチャーシュー。大きくざく切りされたネギとこれだけ。 そのほか、「ピンクペッパー」なる赤い粒。「コショウボクの木の実を乾燥させた香辛料の一種」だそぅです。齧(かじ)ったら、山椒かと思った(~_~;) でも、胡椒でした。珍しいものを入れてくれて有り難いのですが、これが具と言われてもねぇ。
 

イメージ 8
 
◆商品データ◆
 発    元:寿がきや食品㈱
 商 品 名:京都らぁ麺とうひち監修 鶏白湯らぁ麺
 販売地域:全国
 発売年月日:平成30年3月19日(月)
 購入年月日:平成30年3月26日(月)
 試食年月日:平成30年3月29日(木)
 購入場所:AEON 飯田店
 定  価:250円(税抜)
 購入価格:213円(税込)   値引き率:21.1
 
◆商品の評価◆  ×5段階評価  標準は×2)
麺   ★★★ 
麺種:ノンフライ  太さ:平打中太  湯戻し時間:5分
スープ  ★★★   ベース:その他
具   
総 合  ★★
 何とも独特な味わいの新世代な鶏白湯スープです。鶏白湯スープと思って飲むとちょっと期待ハズレな感じになりますので、次世代鶏白湯スープと考えましょう。和よりも洋な感じがします。そうですねイタリアン?いやフレンチかな?できればストレートな丸麺で味わいたかったな。
 
◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)
 内 容 量:116g(うち麺量65g)  必要湯量:450ml
 エネルギー:★★     405kcal(うち麺・かやくkcal、スープkcal
 食塩相当量:★★★★  6.5g(うち麺・かやく1.7g、スープ4.8g