本日のカップはこれ。
 

イメージ 1
 
 「山頭火」。食べて久しくなりにけり…です。
 旭川の本店で10数年前に食べただけ。いまじゃ、北海道、東北、関東はおろか海外にまで進出しているメジャーチェーン店となりました。
 
 過去に店舗限定で販売されて好評だった「店主監修創作 担々麺」を、カップ麺で再現したそうです。
 塩とんこつスープにすり胡麻、ラー油を加え、胡麻の香りが広がる旨みと辛味のある味わい。う~ん、おいらの経験では、塩坦々、味噌坦々、あまりいい印象が無いんですよね。
 
◆メーカー説明◆
 「有名ラーメン店の店主が監修!胡麻の風味豊かなとんこつ塩仕立ての担々麺」だそうです。
 

イメージ 2

イメージ 3
 
添付物は、調味オイルです。
 

イメージ 4
 
は、弱ウェービーな中細タイプの油揚げ麺です。坦々スープなので、油臭は判りません。取り立てて、あーだこーだ言うような麺ではありませんね。美味しいフライ麺です。スープの拾いもいいし、相性も問題ないと感じました。
 

イメージ 5
 
スープは、「山頭火ならではのクリーミィーな口当たりのいい豚骨スープをベースに、香り高いゴマのこくと旨み、ラー油の辛みを効かせた担々スープ」とのことです。
 あのー、おいら、市中の塩坦々、味噌坦々、イマイチ美味しいと感じたことが無いのです。このカップは「塩坦々」。ぜ~んぜん、塩坦々っぽくないスープでした。豚骨の味わい、練り胡麻の風味、唐辛子の辛み、花椒のシビレ…なんか予定調和っぽくて、イマイチ山頭火の塩坦々ねっていう特徴が感じられませんでした。
 

イメージ 6
 
は、味付肉そぼろ、味付豚肉です。
 えっ、味付豚肉が入っていたんだ。…気が付かず。事前にあーどこーだの能書きを見ずに、食べた後に見てるのでいけないんだね。でも、気付かなかったってことは、大したこと無かったってことだよね。
 

イメージ 7
 
◆商品データ◆
 発    元:日清食品㈱
 シリーズ名:セブンプレミアム
 商 品 名:山頭火 坦々麺 とんこつ塩仕立て
 販売地域:全国
 発売年月日:平成30年1月30日(月)
 購入年月日:平成30年1月30日(月)
 試食年月日:平成30年2月10日(土)
 購入場所:セブンイレブン
 定  価:198円(税抜)
 購入価格:213円(税込)
 
◆商品の評価◆  ×5段階評価  標準は×2)
麺   ★★★   麺種:フライ  太さ:中細  湯戻し時間:5分
スープ  ★★★   ベース:塩
具   ★★
      ★★
 美味しいカップ麺です。でも、それだけ。なんつうか、山頭火の特徴がな~んにも感じられないんですよ。美味しい豚骨味の利いた坦々麺ですねって。塩ベースなんてこたぁ判んなかった。
 
◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)
 内 容 量:114g(うち麺量80g)  必要湯量:420ml
 エネルギー:★★  560kcal(うち麺・かやく427kcal、スープ133kcal
 食塩相当量:★★★★  6.1g(うち麺・かやく3.0g、スープ3.1g