おはようございます。酔待童子デス。

 昨夜は、我が課内の新年会兼持寄り会。
 北は栃木県から南は兵庫県まで、いろんな酒やおつまみが…。
 ええ、二次会も行って、乗り過ごして6,000円払ってタクシーでお帰りなさいした(T_T)

 今日は、長野県の飯田まで呑みに行って来ます。
 昨年の6月に発掘したスナック。
 夜着して、その店とボックスでオールして、朝バスで帰ってきます。


 閑話休題。
 前日の「うなぎの村こし」で、昼食を取った後は、龍潭寺(りょうたんじ)へ行った。

 龍潭寺(りょうたんじ)を見学した後は、浜松支店の店長をはじめ3人と我ら2人の計5人で懇親会と相成った。「おんな城主 直虎」で一躍有名になった「龍潭寺」を見た後に、前年のNHK大河ドラマ「真田丸」の主人公「幸村(ゆきむら)」の名を冠すこの店に案内された。
 なんか因縁を感じますな(^-^;
 
 いま飲むんだったら、やはりこのラベルでしょう(^^
 おいら、自分で選ぶのなら、スーパードライは選ばないけど、この店のママの協力な推薦で…。
 
イメージ 1
 
この酒からいただくことに。
 
イメージ 2
 
 この日は、持ち寄った4合瓶超銘柄酒ばかり6本。ママからのサービスでまたまた4合瓶1本の計7本を5人で飲み干したよ(^-^; ← バッカじゃねぇの。みんなケロッとしてんだもんな。
 
イメージ 3
 
 持込料も取らずに、これだけ気持ち良く飲ませてくれる店っていいね。
 一発で気に入りましたわ。
 
◆店舗データ◆
 店 舗 名:幸村
 所 在 地:浜松市中区 田町 326-25 KJスクエア 1F
 
◆注文商品◆
 注文商品:お任せ料理
 入店年月日:平成29年5月8日(月)
 
○ お通し(もずく、こごみ、筍)
イメージ 4
    
○新玉葱のサラダ
イメージ 5
 
○ 豚の角煮
イメージ 6
              
○蛍烏賊の酢味噌和え
イメージ 7
 
○ ゆめかさご煮付け
イメージ 8

○なすの煮浸し
イメージ 9
 
○ 海老芋の煮物
イメージ 10
            
○蕪菜の漬物
イメージ 11
 
○ オレンジシャーベット
イメージ 12
 
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)
食  材   ★★
お薦め度   ★★
 値段が不明なので何とも言えないけど、家庭的な料理が多かったです。しかし、しっかりとした味付にお袋の味を感じました。
 写真を撮り忘れましたが、いまの時期の獲れ立て初鰹を通称「もち鰹」と呼んでました。若魚ながらモチモチした美味しい鰹でした。また、浜松では「チョウカ」と呼ばれる魚。調べてみたら、「ゆめかさご」なる魚でした。初食です。カサゴとあまり変わらない味わいでした。
 
 
 
 最後の〆は素麺。
 タレは、酢味噌と普通の出汁に何か入っていた(ヨッパーで覚えておりませんがな…)。
 
イメージ 13
 
 5人で7本+ワンカップ2本空けて、店を出た。
 飲む方は、まだ余裕があったけど、お腹イパーイで入らない(/_;)
 
 せっかくの浜松の夜。一軒で撃沈。
 でも、シカーリとホテルで寝れたよ(^^