おはようございます。酔待童子です。

   本日から本格的始動の方が多いんでしょうね。
 さっ、今年も1年、頑張りましょう!

 と言うわけで、昨日は、「ラーの啜(すす)り初(ぞ)め」は終わってんだけど、「よしかわ」での「啜り初め」は終わってないので、新作を求めて遠征してきました。

 時は夜。7日の日テレ「所さんの目がテン!」で「輸入牛で絶品すき焼き」を見て、早速、試してみました。

 かなり安いすき焼き用の輸入牛肉を購入し、キウイを安肉の間に敷き詰めていきます。キウイは酔待童子ファーム産なのでタダ!

イメージ 12

 キウイに含まれるたんぱく質の分解酵素が肉の繊維質を分解してくれるようです。でも、1時間が限度。これ以上やると固まりではなくなってしまう。

イメージ 11

 久しぶりに酔待童子家オリジナルの「ねぎすき」で行っちゃいましょう。
 たまーに、このねぎすきが食べたくなる。

イメージ 14

 二人鍋なんで、こんなところで。

イメージ 13

 蓋をして、「すき焼き」というよりも「すき蒸し」で頂きます。肉の表面の黒い粒は、キウイの種(^-^;

イメージ 15

 こんなところで頂きます。

イメージ 16

 確かにかなり柔らかい。というよりも、柔らかすぎて「すき焼肉」というより「こま切れ肉」になっちゃった(^-^;

イメージ 17

 付け合わせは、海藻サラダと、

イメージ 18

 いつもの「蒲鉾の山葵漬け挟み」です。

イメージ 19

 500円の肉にこんだけのキウイを使用するのです。
 番組では、細かく刻んですき焼きに入れてましたが…(^-^;

イメージ 20

 ハイ、結論。
 我が家は、キウイに関してはタダですが、これだけのコストをかけて安い肉を柔らかくする必要なし!
 柔らかい肉が食べたかったら、いい肉を買ってきましょう‼でした。
 どーしてもやるんだったら、たしかパインジュースとかヨーグルトの方が低コストなのでは…。でも、柔らかくはなっても美味しさは変わらないからなぁ。オシマイ。


 
(前回の続きから)
  さあさ、いっぺえさ人居るところさ抜け出して、いっぺえひっかめるべ。
 
  イルミネーション見て、小一時間歩いたけんのう。
 
  まっ、むかしむかしある所に居たおじいさんとおばあさんの世代には、この小柳ルミ子イルミネーションは一度見ればいいかな。前回は一人クリボッチをここでやっちゃったもんなぁ(^-^;
 
  さてさて、ここさ来た時は、この店しかないことは、既に前回、学習済み。
  飲みましょうかねぇ。
 
  恒例の酔待童子家に代々続く、乾杯の儀。

イメージ 1
 
◆店舗データ◆
  店 舗 名:麺屋  きた村
  所在 地:足利市多田木町38-2
  電話番号:0284(91)0600
      営業形態:独立
  営業時間:11:3014:3017:3021:00
  定 休 日:火曜日
  券 売 機:無
  割 り 箸:有
 
◆注文商品◆  ×5段階評価 標準は×2)
  注文商品:正油(650円)
  支払総額:2,650
  入店年月日:平成291224日(日)
 
イメージ 4
 
         ★★★   加水率:高  太さ:中太
 加水率高めの全粒粉入り中太麺です。前訪時の麺から激変しましたね。従前も小麦の味をしっかり感じとれたのですが、今回は全粒粉も加わり香ばしさも。加水率が高く、プツシコした食感が心地いいです。だから親水性(スープ)がチョット悪いかな。
 
イメージ 2
 
スープ   ★★★★   ベース:醤油  コッテリ感:普
 あっさり醤油の無化調タイプとの事ですが、スープの色合いも濃い目ですし、しっかり濃厚です。出汁もカエシも双方強いタイプですね。醤油感が強いですが、鶏ガラのほか、節系もかなり強めに利いています。表面をしっかりラードが覆ってます。個人的には好みの味わい。
 
イメージ 3
 
     ★★★★
 チャーシュー、メンマ、半玉、ねぎです。
 チャーシューはバラロール、トロホロの寸止め、豚臭なしの濃い味系。反対にメンマは味が超薄い(ただの薄味かもしれません。このバラチャー5枚もつまみで食べたので…。)です。好対照ですね。で半玉はノーマルな半熟と固ゆでの中間のような茹で卵でした。
 
イメージ 5
 
お薦め度    ★★★★
 あっさりを謳いながら、しっかり濃厚。はい、醤油です。
 この黒醤油系のラーメン、私の一番好きなスープです。このカエシの強いスープ。好きだわ~。値段も安めでいいでしょ?
 
◆これも食べました◆
  注文商品:メンマ(300円)、チャーシュー(450円)
 
イメージ 6

イメージ 7


 
  前回はかなり塩っぱかったけど、今回はいい塩梅だった。バラロールタイプのチャースです。
 
イメージ 8
 
  うん、酒が進むわ。
 
イメージ 9
 
  それぞれジョッキ1杯づつ飲み、日本酒を正四合いただき、醤油ラメーンを一杯シェアして店を出た。
 
  かくして、この切符で家路に就く事に。
 
イメージ 10
 
  とりあえず今年のお出掛けは終了した。
 
  来年は、1月中に、銚子魚食ツアー(日帰り)、青森(二泊三日)、銀山温泉&タガマヤ村(二泊三日)、2月は水戸鮟鱇ツアー(1泊二日)……と続く(終わり)。