p日清食品㈱ 「神田まつや 鶏南ばんそば」 1211日発売
 
行列ができる名店の
看板メニューを再現!
 
イメージ 1

年越しそばになったね>^_^<
 
明治17年創業の老舗「神田まつや*」監修によるこだわりのカップ。
これまでに3回発売されているようです。今回、3回目の試食となります。
 
「神田まつや」の6代目・小高 孝之 (こだか たかゆき) 氏監修。老舗そば屋に受け継がれるこだわりの味を楽しんでみましょうか。
 

*「神田まつや」について
東京都の歴史的建築物に選定された情緒あふれる店内でそばを味わうことができる、明治17年創業の老舗。現当主は6代目の小高 孝之氏。風格と気軽さが同居した「神田まつや」は作家、はなし家など食通の文化人にも愛され、メディアにも多く取り上げられる活気あふれる人気店です。


イメージ 5
 
◆メーカー説明◆
 「行列ができる名店の看板メニューを再現!「神田まつや」の特長である "本節、宗田節などから取っただし" "甘辛いかえし" を合わせたやや濃いめのつゆを再現。具材には、ボリュームのある大ぶりの炭焼鶏肉と下仁田系葱を入れた」そうです。
 
イメージ 2

イメージ 3
 
添付物は、ありません。オールインワンタイプです。
 
イメージ 4
 
は、「のどごしの良いまっすぐなそば」だそうです。
 湯戻し2分30秒で出来上がります。やや細めの油揚げストレート麺です。どうだろう?なんか「どん兵衛そば」の麺より細い感じがします。ちょっと柔らかめな出来上がりです。湯ダレ耐性が低いのか、かけそばの柔らかさを表現したのかは判りません。
 
イメージ 6
 
は、「かつお節のだしをきかせた、やや濃いめのつゆ」とのことです。
 商品説明には「濃い目の汁」と謳(うた)っていますが、それほどの濃さは感じませんが、かろうじて関東の汁という特徴は出ていると思います。これなら、関西の人も抵抗なく入りこめると思います。
 味的には、醤油感をしっかり持たせつつ、鰹の出汁がしっかりと効いています。とても美味しい汁です。前作で添付されていた「柚子(ゆず)七味」がないのが残念!
 
イメージ 7
 
は、「大ぶりの炭焼鶏肉、下仁田系葱」だそうです。
 味付鶏肉、ねぎです。パサっとした鶏肉ですが、ちょっと香ばしくて美味しいですね。具自体も大きいし。
 
イメージ 8
 
お薦め度  ★★★★
 完成度の高いカップそばに仕上がってます。ちょっと柔らかめな麺がちょっとネックでした。かけそばの柔らかさを再現したんでしょうかねぇ。でも、美味しい麺でしたし、汁との絡みもピッタシです。
 老舗が監修すると、カップまで凄い?
 
◆商品データ◆
 発売年月日:平成291211日(月)
 購入年月日:平成291213日(水)
 試食年月日:平成2912月16日(土)
 購入場所:セブンイレブン
 定  価:205円(税抜)
 購入価格:216円(税込)   値引き率:2.4
 
◆商品の評価◆  ×5段階評価  標準は×2)
麺   ★★★  麺種:フライ  太さ:中細  湯戻し時間:3分
汁   ★★★★
具   ★★★★
 
◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)
 内 容 量:92g(うち麺量72g)  必要湯量:410ml
 エネルギー:★★    419kcal(うち麺・かやく356kcal、スープ63kcal
 食塩相当量:★★★   5.4g(うち麺・かやく1.5g、スープ3.9g