おはようございます。酔待童子です。

 昨日、長野県の実家を往復してきました。
 もう人生のエピローグのエピローグに突入した母親をラーメン屋に連れ出し、元気づけしてきた。

 今年も残すとこ、あと2日ですねぇ。
 今日は、車を綺麗にして、「よしかわ」に新作ラメーンを食べに行こうとおもーてます。

 自家製の干し柿。
 二級品は、ほとんど自家消費。今年は、干し柿とバターのミルフィーユのしちゃいます。

イメージ 10

イメージ 18

 こんなものもらってきた。
 なんでも「生食パン」! 日本一に輝いたそうです。Yahoo!検索大賞2017「食品部門賞」だそうです。

イメージ 11

 焼いて食べる食パンじゃないんです。そのまま食べる食パン、
 周囲の通称「みみ」も普通の食パンより柔らかい(^^♪
 パンをそれほど食べない私酔待童子でも、思わず「これは美味い!」と叫んでしまいました。

イメージ 12

 これは近くの豆腐屋のがんもどき。
 これもおいらのお気に入り。がんもとしては、一番好きなやつ。

イメージ 13

 もうね、中身はクリーミィ!これはほんといいわ。

イメージ 15

 春菊のお浸し。

イメージ 14

 自家製ゆずぽんを使用した湯豆腐。

イメージ 16

 そー言えば、こんなのも買ってきた。
 セブンおでん。

イメージ 17

 はっきり言って、我が家のおでんのが数段美味しいと思う。
 特に汁。どこもそうだが、コンビニのどこの汁も美味しくない。昆布が主体で味に深みがないわ。



 この日(3月21日)は、他の支店から私の二つ下のおねいさんが来飯した。
 
 飯田で行うイベントの事前打ち合わせ。
 彼女、美系でファンが多い。そーゆー私酔待童子もファンなんさ。
 だから、付の野郎はイラネから一人で来るように言っておいたヨ。
 
 最近、お客様はここばっか。名前の紛らわしい「富貴乃湯」へ。
 あのー、銭湯ぢゃありませんからね(*^_^*
 
◆店舗データ◆
  店 舗 名冨貴乃湯
 所 在 地:飯田市中央通り4-12
      電話番号:0265(22)5618
 
◆注文商品◆
  注文商品:宴会料理(2,500円)、馬肉ヒレステーキ(1,500円)
  入店年月日:平成29年3月21日(金)
 
○ お浸し(うこぎ)
イメージ 8

○のれそれ
イメージ 1
 
○ 煮やっこ
イメージ 2
○1日分の野菜サラダ
イメージ 3

○ サーモンの西京漬け
イメージ 4

○豚バラ角煮
イメージ 5

○ 馬肉ヒレステーキ(別注)
イメージ 6



◆評  価◆(5段階 標準は×2)
食  材   ★★
お薦め度   ★★★★
 名前とは裏腹に本格割烹なので、味わい的には十分満足できるものです。また、接待にも十分耐えられる店というのがいつもの評価。
 飲み放題はないけど、おつまみが適正量なのでお好み。すべてが丁寧に作られており、味付も私の好みですわ。
 今回も、幻の「馬肉ヒレステーキ」があった(^^♪ 脂っ気は全くないのにすっごい柔らかくて美味しかった。馬刺しのステーキと呼んでもいいような超レア肉(^^
 そうそう「のれそれ」。今が旬ですね。のれそれってのは、「穴子」の稚魚さ。味は、無いけど、蒟蒻のような独特の食感が素敵。春先の風物詩です。
 
 
 これ「おこぎ」とか「うこぎ」と呼ばれる木の芽。シャキシャキホロニガが春を感じさせます。
 当然、酔待童子ファームにも植えてあります。
 
イメージ 7
 
 で、♂×3、♀で、いつものスナックへ。
 
イメージ 9
 
 この日は大人しく23時に迎えに来ていただき、彼女をホテルに送り届け、帰りましたとさ、メデタシ、メデタシ。