(前回の続きから)
 ふぅ~。ナントカ18時前に投宿出来た。

 ピンクのマーカー部分です。琵琶湖の北端近くまで来たよ。


イメージ 2

 琵琶湖。無駄に広過ぎるわ(~_~;
 さあさ風呂入って、乾杯さ。
 
イメージ 1
 
 今日も珍味があるといいなぁ。
 
◆施設データ◆
  施設区分:民宿
  施 設 名:民宿 舟倉(ふなそう)
         所:浅井郡湖北町尾上313-7
      電話番号:0749(79)1008
 
◆宿泊データ◆
  宿泊年月日:平成281015日(土)
  宿泊形態:一泊二食付
  宿泊代金:10,000
  総支払額:26,848
  室内設備:□冷蔵庫 ■エアコン □空気清浄機 □ズボンプレッサー □アメニティグッズ ■湯沸し □近隣にコンビニ ☐ウオッシュレットトイレ □その他()
 
≪食 事≫
○ 夕食前景
イメージ 3

○ 先付け(もずく、つくだ煮、鮒ずし)
イメージ 4
 
○ 刺身(岩床鯰、銀鮒)
イメージ 5

○ 琵琶鱒の塩焼
○ 鴨鍋
イメージ 7

○ う巻玉子焼き
イメージ 8
 
○ 味噌汁
イメージ 9

○ デザート(焼きプリン)
イメージ 10
 
○ 朝食全景
イメージ 11
 
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)
 設  備      
 清 潔 感       
 サービス       ★★
 食  材   ★★★★
 お薦め度   ★★
 琵琶湖の魚のオンパレード。岩床鯰(いわとこなま)の姿盛り。クセが全くなくて美味しいです。ただし、あっさりし過ぎていて面白みはない。逆に、鮒の刺身の方が、自らの卵を纏(まと)って旨みがある。
  ここまでは前回までに経験した味。今回の初経験は、ホンモロコの塩焼き、アブラボテの飴炊き、タテボシ(二枚貝)でした。
  これだけの珍味が簡単に揃う琵琶湖って…。ただ、奉仕料10%取られてるけど、布団も自分敷きだし、奉仕してもらった覚えがないんですが…。でも、また、行きまっせ(^^
 
 
 
 銀杏、スジエビ、ホンモロコ。アブラボテです。
 ホンモロコは、今や高級割烹でしか食べられない高級魚。アブラボテはタナゴの一種。これは、たくさん飼育していたので複雑な心境です。
 
イメージ 12
 
 あの悪名高い「鮒ずし」。でも、ここんのは美味しいんだよ。臭みが少なくて…。
 
イメージ 13
 
 琵琶湖水族館に展示されていた琵琶鱒のはく製。
 
イメージ 14
 
 これはイワトコナマズのはく製。
 
イメージ 15
 
 今朝、偶然、網にかかったというイワトコナマズ。
 まさか、姿造りが食べられるとは、思っても見なかった。
 
イメージ 16
 
 鯰のイメージとはかけ離れた綺麗な色合いの刺身です。
 極めてアサーリな味わい。
 
イメージ 17
 
 ギンブナでしょうか。鮒の刺身に鮒の卵をまぶしてあります。これも珍味だね。
 
イメージ 18
 
 醤油に浸けても、脂が浮き出してきません。
 
イメージ 19
 
 こちらも同じ。
 
イメージ 20
 
 魚2匹は初食。
 まさかタナゴマニアのおいらが、アブラボテを食べれるとは…。苦み走ったいいお味にゃり。
 
イメージ 21
 
 ビワマスの塩焼きの内側。
 シカーリと脂が乗ってますよ~。
 
イメージ 22
 
 微(かす)かに鮎の味がした…。
 海老と小鮎が主食なビワマス。食べる餌によって微妙に変わる味わい。
 前回は海老味だったんで、これまた貴重な体験。
 
イメージ 23
 
 鴨鍋も煮えました。
 これは野生ものではないとのこと。
 
イメージ 24
 
 鴨の出汁が効いていていいわぁ。
 
イメージ 25
 
 鯰も哀れな姿を晒(さら)しています。
 うん、美味しく食べたから許してねm(__)m
 
イメージ 26
 
 いい体験デスタ。
 
イメージ 27
 
 部屋に帰って、またまた乾杯の儀を執り行った。
 
イメージ 28
 
 そして、(-_-)zzz
 
 翌朝、沖合には、竹生島が見えていました。
 今日もいい天気になりそうだ。
 
イメージ 29
 
 鴨や白鳥などの水鳥が戯れています。
 
イメージ 30
 
 ゴミとか胡麻ではありません。水鳥です。
 
イメージ 31
 
 マイカーを上から撮ってみました(#^.^#)
 
イメージ 32
 
 朝は、ビワマスの西京焼きから始まります。
 
イメージ 33
 
 これまた琵琶湖特産の「瀬田蜆(せたしじみ)」。
 蜆の中では一番おいしい種。
 
イメージ 34
 
 おや?水槽の中ではよく見かける二枚貝が入っていた。
 これも琵琶湖固有種の「タテボシ」貝かな。
 蜆以外の淡水産二枚貝は初めて食べる…。
 
イメージ 35
 
 何とも嬉しい!味わい的には蜆とあまり変わらなかったな。
 二枚貝は、タナゴの繁殖に使っていたので詳しいんです。
 
 タナゴって、二枚貝の中に卵を産み付けるんだよ。
 
イメージ 36
 
 さっ、建物をパチリして出掛けましょうかね。
 
イメージ 37
 
 長浜市内の湖畔から遥か彼方に浮かぶ「沖ノ島」を望む。
 日本で淡水湖に浮かぶ唯一の有人島です。
 
イメージ 38
 
 淡水湖の島で唯一の有人島。何百人か住んでいるらしい。
 次回は、ここへ泊まりたいと考えている。
 
イメージ 39
 
 にしても、琵琶湖、無駄にでっけぇ。
 
イメージ 40
 
 さて、この後は、観音正寺(かんのんしょうじ)へ向かう。
 聖徳太子建立の古刹です。
 
 今年最後の詣でになると思います。
 何事もなく無事に年越ししたいな(続く)。