おはようございます。宵待草子です。

  このブログがアップされる頃には、きっと、中央道を西下し、岐阜辺りで朝飯を食っている頃でしょう。

 昨夜、軽く懇親会に出た後、高速バスで長野県へ帰宅しました。
 んで、酔待童子♀と今年の〆旅行へと、朝イチで出かけたのです。

 目的は、西国三十三札所巡り。京都辺りをちょろっと納経軸片手に…。
 寝床は、琵琶湖の湖岸の旅館。ええ、今年の〆は琵琶鱒さ。この1年の間に3回目となりました。
 
 

 閑話休題です。
  この日(3月3日)は、お客様と会社で談笑し(旅行仲間だしね。)、午後から本社へ出社のため、昼前には飯田を出た。
 
  人事の話と夜の懇親会出席のため。
 
  で、昼めしはここと決めていた。
  前回、接客と刺身の質がかなりいい印象だったのだ。
  一週間前も昼に行ったんだけど、満員+マスターが忙しさのあまりテンパってるとの表示が出ており、断念したのであった。
 
  今回は何とか入店で来たけど、宵待草子夫婦でラスト。
 
イメージ 1

  捌く(刺身)、焼く、揚げるが、とにかく「馬鹿」が付くほど丁寧なんさ。
  例えば、注文を受けたごとに魚を捌く、団扇(うちわ)片手に下火だけで魚を焼くetc
 
イメージ 2

  塩も、絶海の孤島「青ヶ島」の「ひんぎゃの塩」を使うこだわりよう。
 
◆店舗データ◆
  店 舗 名:さかな亭 庵(いおり)
 所 在 地:下伊那郡高森町吉田472-2
    電話番号:0265(35)1176
  営業時間:11:3013:3018:0021:30
  定 休 日:日曜日
 
◆注文商品◆
  注文商品:おまかせ3月の刺身盛り合わせ膳(1,800円:税抜き)
  支払総額:3,240円(税込)
  入店年月日:平成29年3月3日(木)
 
○ 定食全景
イメージ 3

○刺身(鰆(背・腹)、真鯛、生本鮪、鳥貝、紅ずわい蟹
イメージ 4

○ 小鉢(シラウオ)
イメージ 5

◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)
食  材   ★★
お薦め度   ★★★★★
 どれもこの地で食べられる最高のコンディションの刺身でした。鰆は二種。背身のコリっとした肉っぽい食感、腹身のトロっとした脂の乗った食感の2種類。宮崎県産本鮪のモチモチした食感の鮪、旬の真鯛、いつも通り卒なく淡白な鳥貝、そして瑞々しい紅ずわいがに…。
 刺身を物凄く丁寧にあつかっている様子が窺いしれます。
 奥様の接客対応も凄く良かったです。ホントここはいい。
 
◆これも食べました◆
○ 生マグロ丼セット(1,200円)
 
イメージ 6

イメージ 7

 シッカリとした食感の生本鮪。今日んのは宮崎県産とのこと。養殖のような油っぽさはなく、さっぱりとした食感の本鮪でした。