(前回の続きから)
 座敷わらしは、会うと幸せになれるという子供の姿をした精霊。昔から東北地方では目撃談が多くありました。そんな座敷わらしが頻繁に現れる場所が山形にあります。

それが山形県東村山郡にある「タガマヤ村」。明治時代の古民家をそのまま利用した宿泊施設で、一日一組限定、完全貸し切り、自分の別荘のように自由に使える「貸し切り村」です。
 
 住む人が居なくなった古民家を買い取って宿泊施設にしたところ、座敷童子が居た、見たという人が絶えず、今日に至ってるのです。
 
 その見た人が描いた座敷童子がこれ。
 
イメージ 1

 怪現象。いっぱいあったよ。
 順を追って説明しましょう。
 
【怪異 1】
 夕方、皆が食事の準備をしているときに、見えぬ座敷童子を相手に、おいらはお手玉やったり、おもちゃのピアノを弾いていた時に、廊下を歩いていたよ。
 カサカサカサって音が。
 
【怪異 2】
 オーブです。
 科学では解明されてない謎のエネルギー体です。
 撮るコツは、暗い場所に向かってストロボを焚くと、映るチャンスが増えます。
 色によっては悪質度があるようです。
 
 離れの蔵の板の間にまずは現れました。
 明るいところで写したので、うっすらですね。

 あっ、スミマセヌm(__)m 解像度を落としているのでよ~く見えないかもしれません。悪しからずです。
 
イメージ 2

 ここは二階の隠れ部屋。
 ここには蔵童子(くらわらし)が現れるとのことです。
 
 ここの空気は清冽(せいれつ)以外、言葉として言い表せません。
 画面に映っている鬼女。この蔵を魔物から守っているとのこと。
 ここ、一晩に何回もここへ出入りして酒を酌み交わした。
 
 かなりはっきりと移りましたね。移動してます。
 
イメージ 13

 これにもうっすらと。
 
イメージ 14

 移動してますが、割と小さいですね。
 
イメージ 15

 かなり現れています。
 
イメージ 3

 蔵童子でしょうか?動いてますね。
 
イメージ 4

【怪異 3】
 座敷童子の部屋で、見えぬ相手と遊んでいたら、ピアノが勝手に演奏しだした。
 さすがにビクーリしたわ(^-^;
 
 そのあと、ここ「裏の間」でもとても小さいものがぽつりぽつりと映っています。
 ここから座敷童子や神々が出入りしているらしい。
 
イメージ 5

 やはり移動してますね。
 同じように見えても、動いていないものはオーブではありません。
 
イメージ 6

 ここは「中の間」です。
 ここにも出現していますね。
 
イメージ 7

 この間にも、蔵へ行ったんです。
 
【怪異 4】
 静粛な中で耳を澄ませながら、森羅万象の音に聞き耳を立てていたら、聞こえましたよ。
 蔵に1階から、ザワザワと人の話す声、そして、戸を開けるような音。不思議な感覚でした。
 
 さて、茶の間にも出現しています。
 
イメージ 8

神棚には全国から願い事の手紙(夢祈祷)がたくさんあります。泊り客も鶴の折り紙に願い事を書いていく。名刺をこの神棚に置くと次々と良い出来事が続くといいます。
 
 ここにはこんな感じで出現しています。
 
イメージ 9

 時は3時。
 一番活発に動き出す時間になってきました。
 
【怪異 5】
 デジカメのバッテリーがあっという間に消耗。
 これも、霊の居るところではよく起きる現象。
 ついでに、デジカメのレンズがぶっ壊れてしまった(^-^;
 
 アハハ、きっとこれはブレだと思うのですが…。にしても不思議…。
 
イメージ 10

【怪異 6】
 突然。部屋に吊る下がっている小間物が急に回り出した。
 
イメージ 11

 これは、ここにきているなと思い、「座敷童子様 もしこちらにいらっしゃいましたら、これを動かしてください」とある吊り下げたおもちゃを指さした…。
 
 すると、ゆっくりと静かに動き出した。
 
 だから寝ている女性陣をたたき起こし、いくつかのおもちゃを動かすように座敷童子様にお願いした。
 ゆっくり静かに、全部動かしてくれたよ。
 
 最後のお願いはこの黒い着物と風車。
 
 ゆっくり静かに動かしてくれたよ。
 
イメージ 12

 今回の総勢5人が、しっかりと見届けた。
 
 ホントに貴重な経験でした。
 何かいいことがあるかなぁ?
 
 次回は、来年の寒い頃。今から楽しみです(終わり)。