おはようございます。酔待草子です。

   はぁあ、毎日、続いてます(^_^;) 飲み会。おいらの空いてる日?26日、27日だけだわ。あとは毎日飲み会…。
 本気、辛いっす。
 
 
 
(前回の続きから)
 お名残りおしゅーございますが、タガマヤ村をでっぱつした酔待童子様ご一行。
 翌日がっつり飲むことを想定して、15時台の「つばさ」を予定したのであった。
 
イメージ 1

 だから暇つぶしでここへ。もう何度か行ってんだけどね(^-^;
 
◆巡礼先データ◆
 シリーズ名:一般参拝
 寺    名:宝珠山 立石寺(通称:山寺)
 宗   派:天台宗
 開   基:安(あんね)
 御 本 尊:薬師如来
 創   建:貞観2年(860年)
 
イメージ 2

◆寺の由来◆
 立石寺(りっしゃくじ)は、山形県山形市にある天台宗の寺院。山号は宝珠山。本尊は薬師如来。山寺(やまでら)の通称で知られ、古くは「りゅうしゃくじ」と称した。寺号は詳しくは宝珠山阿所川院立石寺(ほうじゅさんあそかわいんりっしゃくじ)と称する。
古来、悪縁切り寺として信仰を集めている
 
 
 
 タガマヤ村怪異編でお話ししたように、カメラが作動不良に陥り、以降、スマホカメラとなっちゃいました。
 なんで、イマイチの画像とシャッターチャンスでごめんなさいデス。
 
 とりあえずは、松尾芭蕉さんを撮りましょう。♪静けさや 岩に染み入る 蝉の声 だもんね。
 
イメージ 3

 紅葉、真っ盛りです。
 
イメージ 4

 ここからは有料です。300円徴収されまっせぇ。
 
イメージ 5

 山寺の案内図。
 なんだかんだとひと山すべてが要塞のような趣(おもむき)なんです。
 
イメージ 6

 この門から入山します。
 
イメージ 7

 さっ、頂上を目指します。
 ここからは、各自、自分のペースで登ることとした。
 
イメージ 8

 こんな参道も存在します。
 おいらは、健脚なんで、ほぼ走るように奥の院を目指した。
 
イメージ 9

 せみ塚です。ここで読んだのかなぁ。
 のんびり読むこともなく、上へと走り出す。
 
イメージ 10

 まっ、摩崖仏みたいなのがある「弥陀堂」です。
 
イメージ 11

 さらに進むと「仁王門」が見えてきました。
 
イメージ 12

 ちょっと紅葉とともに…。
 スマホカメラってのが、悲しい…。
 
イメージ 13

 どこからだろう?
 金乗院辺りから下を望みます。
 疲れて5分ほど休んでいると、下から奴らが登ってきた。
 
イメージ 14

 もう建造物が多くて、ここはどこ?私はだれ?状態。
 二日酔いではないけど、いつも昨夜の酔いが回り、高山病みたいな状態に陥る…。
 
イメージ 15

 奥の院です。
 
イメージ 16

 なんか修繕工事をしてます。
 
イメージ 17

 奴らがのんびり上がってきました。
 おいらは、遠くの山と紅葉を愛でながらお休みタイム。
 
イメージ 18

 にしてもよくもまぁ、こんなところに建立したね。
 大仏殿や奥の院の近くに郵便ポストがあります。
 〒局員も大変だよね。
 
イメージ 19

 開山堂です。
 
イメージ 20

 開山堂から望みます。
 紅葉の見ごろ。ホント、カメラが壊れたのが悲しいわ。
 
イメージ 21

 さっさと下山して、ビールと玉こんで先に始めた。
 
イメージ 22

 10分ほどして、×2が降りてきた。
 もう一人のは二日酔いで、車の中で俳人ぢゃなく廃人状態。
 
イメージ 23

 さっ、体も動かしたし、腰も痛くなったんで、山形の街へ戻りましょうよ。
 飲むぞ~(続く)
 
◆参拝データ◆
 住  所:山形市山寺4456-1
 交  通:JR仙山線山寺駅より徒歩7分 立石寺登山口、山形自動車道山形北ICより約10
 駐 車 場:有(有料)
 拝 観 料:300
 電話番号:023(965)2843
 ウェブサイト:http://www.rissyakuji.jp/