本日のカップはこれ。
 

イメージ 1

 このラーメンも、古くから販売してんだよね。
 もう六代目ですよ~。因みにおいらは、2回目。
 
 あっさり醤油、背脂醤油、濃厚味噌、生姜醤油、そして加えることに違和感を持っている人が多い「カレーラーメン」。これで新潟五大ラーメン。
 

イメージ 2

 どれが一番好みかって?そりゃあカレーラーメンでしょう(^^♪ ← ウソ
 
◆商品データ◆
 発    元:ヤマダイ㈱
 シリーズ名:凄麺
 商 品 名:新潟背脂醤油ラーメン
 リニューアル年月日:平成29年2月13日(月)
 販売地域:全国
 購入年月日:平成29年4月22日(土)
 購入場所:MEGAドン・キホーテ
 定  価:210円(税抜)
 購入価格:178円(税抜)   値引き率:15.2
 試食年月日:平成29年8月20日(日)
 
◆商品の概要◆  ×5段階評価  標準は×2)
  新潟のご当地ラーメン「燕三条系背脂醤油ラーメン」
 

イメージ 3

イメージ 4

添付物  スープ(粉末、液体:ともに後入れ)、かやくです。
 

イメージ 5

          ★★★★   麺種:ノンフライ  太さ:太  湯戻し時間:5分   
 ノンフライの太麺です。湯戻し5分ですが7分でも湯ダレし難(にく)い麺です。高加水のモチシコ太麺です。食べていて、「凄く美味しさ」を感じさせる麺です。
 でもねぇ、三条系の麺には程遠いような…。おいら的には、低加水極太麺だと思うのですが…。
 

イメージ 6

イメージ 7

スープ       ★★★★   ベース:醤油

 「煮干しだしの旨みと、たっぷり背脂のコク。新潟県産の醤油を使用」だそうです。
黒醤油ラーメンに近い色合いは、醤油感が強く、獣鶏の旨みと煮干感がきっちり詰まったダブルスープです。醤油が生きている反面、ニボニボ感はやや乏しいですね。背脂も適度に入っており、まさに三条系ラーメンの雰囲気を出してます。
 

イメージ 8

         ★★★

 味付豚肉、背脂加工品、ねぎ、タマネギです。
 チャーシューはいつものペラチャー。可もなく不可もなくというところでしょう。三条系ラーメンの特徴である「刻み玉ねぎ」がいい感じでアクセントを加えていますが、もうちょっと量が欲しいですね。あっ、そうそう、前商品からメンマが無くなり、乾燥の背脂が加わりました。
 

イメージ 9
 
お薦め度  ★★★★
 カップラーメンの理想像ってどのようなものなのだろう。凡そ、廉価、短時間、そこそこ美味しい、安い、便利とまぁこんなところでしょう。
 コストをかければいくらでも美味しくかつ豪華にはなる。でも、このようなものは消費者は望んでいないのだろう。250円以下。できれば100円台。そこそこ美味しい。3分で出来上がる。このように考えると、まさしくカップヌードルが理想像として浮かび上がってきます。
 さて、この凄麺。値段的には210円。調理時間5分。調理もやや面倒である。まぁ、許容範囲ギリギリってところでしょうか。
 美味しいので出来れば大盛りにして欲しいくらいでした。
 
◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)
 内 容 量:124g(うち麺量65g)  必要湯量:430ml
 エネルギー:★★     458kcal
 食塩相当量:★★★★  6.6g(うち麺・かやく0.8g、スープ5.8g