おはようございます。御伽草子です。

 何週間ぶりに、酔待童子♀が帰ってきました。
 うん、秩父で豚味噌買っておいたんだ。
 んなわけで、お昼前から始まったわ。

イメージ 11

 まるでキャップのようなビールサーバーで注ぎました。

イメージ 12

 これ、おいら一人で秩父の「金昌寺」へ写真&蕎麦食べに行ったときに買ってきたものです。


イメージ 13

 美味い!美味すぎる!そして柔らかすぎる!秩父味噌豚。

イメージ 14

 木曽ヒノキのトクーリで日本酒も…。


イメージ 15

 酔待童子ファームの柿。


イメージ 16

 まだ、シャインマスカットって売ってんだよね。
 おいらが好きなことを察して買ってきてもらった。

イメージ 17

 やはりこれでしょ!

イメージ 18

 そして夜。
 メインは、芋煮と塩引き鮭。
 鮭は、村上からのお取りよせ。一切れ600円の代物。

イメージ 27

 もうね、昼間から芋煮をリクエストしておいた。

イメージ 19

 これは、本日届いた村上の塩引き鮭!
 厚切をいただきます。

イメージ 20

 焼くとこんな感じ。でも酒のつまみにピターシ。

イメージ 21

 芋煮をよそって。
 山形のいろんなところで食べた芋煮よりはるかに美味しいと思う。店の芋煮は美味しくない。わずか一週間前に食べてきたのに作ったくらいだから…。

イメージ 22

 酔待童子ファームの春菊で作った胡麻和え。

イメージ 23

 生ガキ。レモンはやはり酔待童子ファームのもの。

イメージ 24

 野沢菜漬けも登場さ。今年の初物。まだまだ漬けが浅い。

イメージ 25
 
 〆はやはりこれ。今年の最後かな?
 
イメージ 26





  この日(2月28日)は、某取引先の支店長が退職するということで、そのお別れ会をやったんだよ。過去に3回お会いして、酒席は1回。
 なぜかウマが合ってねぇ。思想的にも行動的にもモットー的にも…。
  で、おいらが声を掛け、4VS4で戦ったわけであります。
 戦いのリングはここ!
 
◆店舗データ◆
  店 舗 名:ホテル吉村
  所 在 地:飯田市鈴加町2-13
    電話番号:0265(52)3232
 
◆注文商品◆
  注文商品:飲み放題宴会コース(5,000円)
  入店年月日:平成29年2月28日(火)
 
○ 料理前景
イメージ 1

○前菜
イメージ 2

○ 菜の花のお浸し
イメージ 3

○信州サーモンの麹和え?
イメージ 4

○ 茶碗蒸し
イメージ 5

○鰤の照り焼き
イメージ 6

○ 高野豆腐の煮物
イメージ 7

食事(とろろご飯)
イメージ 8

○ 香物
イメージ 9

◆評  価◆(5段階 標準は×2)
食  材   ★★
お薦め度   ★★★★
 ここ純和風に近い旅館(一応、ホテルを名乗っていますが…。)ですが、宴会も対応しているようです。いまから20年ほど前に、一週間滞在したことがありました。宴会料理は、どちらかと言うと、こじんまりとした手料理が多いかな。味わい、量ともに上品な感じは好感が持てます。
 信州サーモンの麹和え(かなぁ?)。これいいね。ニジマスとブラウントラウトのハイブリッド鱒。脂がしっかりと乗っていて、しかも海老臭くない…。こんど、養魚場で、直接、買ってこようっと。
 今回は和風の一室に椅子机で拵(こしら)えてくれてありました。
 
 飲み放題の時は、酒を持ち込む。
 
 ええ、乾杯条例をしっかり順守してますよ。
 
 今回は、喜久水酒造最強の「聖岳 大吟醸」を手土産に
 
イメージ 10

 もう二度と会うことはないだろう。一期一会のお付き合い…。
 こんなお付き合いが私は好きだ。
 
  飲み会が終えると、おいらは迷わずにいつものスナックへ行って、と言っても3人付いてきたけど…。奴らはカラオケ、おいらはママとダベってた。22時過ぎ、3人ともお帰り。おいらも23時に迎えに来てもらいお帰り。
 この日は1曲も歌わず。
 アハハ、次の日も行きましたとさ(^-^;