本日のカップはこれ。
 

イメージ 1

 リニューアルされて三代目となりました。
 きっと、カロリーも同じですから、どこがどう変わったかなんか判らないでしょう。
 
 青森系の煮干らーめん。現地で数件食べています。
 ですから、カップの蓋裏の「津軽ラーメン煮干会」の店も何件か食べてます。
 なかでも「長尾中華そば」は結構足繁く通いましたYO~。
 

イメージ 2

 もう3回目の試食なので、リラックスして行きやしょうかね(^v^)
 
◆商品データ◆
 発    元:東洋水産㈱
 シリーズ名:日本うまいもん
 商 品 名:青森津軽煮干しラーメン 激にぼ
 発売年月日:平成26年4月14日(月)
 リニューアル年月日:平成29年4月10日(月)
 販売地域:全国
 購入年月日:平成29年4月11日(火)
 購入場所:ローソン 飯田高羽町店
 定  価:240円(税抜)
 購入価格:258円(税込)
 試食年月日:平成29年8月20日(日)
 
◆商品の概要◆  ×5段階評価  標準は×2)
  煮干しの風味が利いた青森津軽煮干しラーメンをカップ麺で再現。濃厚煮干しスープがやみつきになる旨さ。
 

イメージ 3

イメージ 4

添付物  スープ(粉末、液体:ともに後入れ)、かやくです。
 

イメージ 5

          ★★★   麺種:ノンフライ  太さ:中極  湯戻し時間:5分
 中細の弱縮れノンフライ麺です。まるで「マルちゃん正麺」を思わせる滑らかな喉ごしの麺です。でも、こっちの方がほんのチョット質が落ちるかな(~_~;) 優しい味わいの麺でした。
 

イメージ 6

イメージ 7

スープ     ★★★★   ベース:醤油
 しっかりと「にぼブラウン」してますね。煮干の香りが鼻を擽り、口中に煮干のエキスが広がります。ここまで煮干が強いと、好みが別れるでしょうね。アタシ的には大好きなフレーバーなので…。
 

イメージ 8

         ★★

 焼豚、めんま、ねぎです。具は、ちょっと寂しいですね。
 

イメージ 9

イメージ 10

お薦め度  ★★★
 「津軽ラーメン」には、いわゆる「王道系」と「濃厚煮干し系」の二つがあります。青森は、割と足を運ぶのでよくラーメンを食べますがどちらもいいですね。
 「王道系」は焼き干しを使った味わい深く優しい味。店によっては煮干しの儚(はかな)ささえ感じます。「濃厚煮干し系」はこれでもかと煮干粉をぶち込んで、スープの色合いも灰色(いわゆる「にぼグレー」)や茶色(いわゆる「にぼブラウン」)になるほど煮干を効かせた個性的な味。
 どちらも美味しいですね。でも「濃厚煮干し系」って、全国至るところで見かけるようになりました。そういう意味では、「王道系」こそ青森オリジナルって感じでしょうか。
 このカップ、煮干粉を入れて煮干感を強調していますが、この手のカップによくあるざらつきや咽(むせ)る感もない滑らかなスープでした。
 
◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)
 内 容 量:110g(うち麺量70g)  必要湯量:440ml
 エネルギー:    357kcal(うち麺・かやく257kcal、スープ100kcal
 食塩相当量:★★★★  7.6g(うち麺・かやく1.8g、スープ5.8g