おはようございます。宵待草子です。

 昨日は、関係先との懇親会をさっさと終わらせ、酔待童子♀を呼び出して呑んだ。歌を歌いたかったんだが、古客が野球を見ていて唄えなかった。

 おいら、野球を見ながら酒飲むほど、野球は好きではない。見るんなら、家で見て欲しいわ<`~´>
 
 
 今回は、3月に長崎に行った時に中華街で食べた皿うどんを紹介しましょう。アタシ的には、皿うどんと餡かけかた焼きそばの区別がつかないし。
 
◆店舗データ◆
  店 舗 名:桃華園
  所 在 地:長崎市新地町9-9
  電話番号:095(834)2532
      営業形態:独立
  券 売 機:無
  割 り 箸:有

◆注文商品◆  ×5段階評価 標準は×2)
  注文商品:特製皿うどん(1,200円)
  支払総額:3,028
  入店年月日:平成29年3月19日(日)
 
イメージ 1
 
         ★★★   加水率:不明  太さ:極細
パリパリのサクサクの超極細な揚げ麺です。いったいここまで極細に出来るのってほどの細さです。そのため、餡との絡まりがよく、引き続いてシナっとした食感が楽しめました。でも、これが「うどん」と言われると違和感がありますね。
 
イメージ 2
 
  
かなり甘めの味付です。今まで食べた餡かけ系とは全く異なる味わい。その甘みの中に塩気も強く感じます。量が多い事も有り、最後の方は甘めの味付けがちょっと単調に感じてしまいました。飽きが来ますね。

イメージ 3
 
     ★★★
 判明したものだけで、海老、キャベツ、ちくわ、かまぼこ、豚肉、人参、木耳、肉団子、筍、鶉卵、玉葱、隠元、いか
 やたらと甘く(なぜこんなに甘い?)、量が多いこともあって食べ飽きてしまいました。
 
イメージ 4
 
お薦め度    
 はっきり言って、私宵待草子のバカ舌には、イマイチ、フィットいたしませんでした。どうにも、あのリンガーハットの呪縛から抜け出せない様です。あの味を基準にすると、どうにも甘すぎるんです。胡椒をタプーリかましたり、醤油をチョロっとも。でも、私好みの味わいにはなりませんでした。まっ、これが長崎皿うどんの特徴と言えばそれまでかもしれません(*_*; 
 とても完食できなかったことです。原因は餡。きっと食味の相性が悪いということなんでしょう。
  秘密のケンミンショ-で、長崎県民の一番好きなちゃんぽんは、リンガーハットだって聞き、なるほどな…と。