0 おはようございます。酔待童子です。

   昨日は、酔待童子♀が帰ってきた。
 だから昼から始まり、夜は娘どもが来てこんなところから始まった。

 まずは、刺身。大トロ、赤身、鰤、サーモン、イカで攻めだしました。

イメージ 6

 中秋の晩夏野菜の塩もみも

イメージ 7

 ブロッコリーは好きなんです(^-^;

イメージ 8

 娘どもが来るっていうんで、一応ごちそうした。
 志津川蛸と鰤!

イメージ 9

 あんね、鰤は養殖の方が美味しいよん(^-^;

イメージ 10

 これはネギトロ用具材。
 海苔で巻こうと思ってね(^^♪

イメージ 11

 油麩のすき焼きっす!

イメージ 12

 部屋中、いい匂いが充満しています。
 ええ、松茸のお吸い物!

イメージ 13

 カニ缶使ってのサラスパ。
イメージ 14

 養殖な鰤デスタ。うん、美味しかった。

イメージ 15

 志津川蛸。うんまいわ。ほんと、アワビの味がする。美味しい蛸だわ。

イメージ 16

 これはこんなもんでしょ?

イメージ 17

 一応、本鮪やネン。でも、冷凍さ。

イメージ 18

 これは、部屋中、漂った、今年は松茸不作。

イメージ 19

 獺祭三割九分行ったよ。
 酔待童子の盛ってる最強の酒器で敬意を表しました。

イメージ 20

 さらにおいしい「磯自慢」。
 おいら的には、最強の酒です!
 これはいずれ紹介しましょう。ほかの酒とレベルが違うんで…。静岡県焼津市の酒ですわ。

イメージ 21

 これは、千葉県大喜多町の酒。本多平八郎忠勝「まけしらず」。
 これも縁起のよさそうな鮭でしょ?

イメージ 22

 浪江焼きそばが〆だわ。
 これ、ほとんど焼うどん!

イメージ 23

 こんな感じでこの日は終わりましたっす。



 前日のブログのとおり、大町市内で飲んだ後は、総務課長の運転で投宿。
 時間は、1930分頃。
 こんな時間に飲み会が終わるなんてことは、まず…ない。
 古い話で恐縮ですが、ほぼ週4日は外飲み。しかもスナックへは必ず行く。
 今回の出張は、酒が一滴も飲めない者だったんで、さっさと別れて、部屋に籠った。
 
 やはりやることが無いので、ロビーの売店からワンカップと缶から1缶を買ってきて、パソコン見ながらひとり🍶さ。
 でも、やはりやはり、知らない間に寝ていた。たぶん、22時前には寝たんでしょうね。
 3時前には起きちゃったよ。
 
イメージ 1
 
◆施設データ◆
  施設区分:ホテル
  施 設 名:黒部観光ホテル
         所:大町市平2822
      電話番号:0261(22)1520
 
◆宿泊データ◆
  宿泊年月日:平成28年3月9日(木)
  宿泊形態:一泊朝食付
  宿泊代金:7,710
  室内設備:■冷蔵庫 ■エアコン □空気清浄機 □ズボンプレッサー ■アメニティグッズ ■湯沸し □近隣にコンビニ ■ウオッシュレットトイレ □その他()
 
≪室 内≫
イメージ 2

 
≪食 事≫
イメージ 3

イメージ 4


◆評  価◆(5段階評価 標準は×2)
 設  備      ★★
 清 潔 感       ★★
 サービス     
 食  材    ★★★★★
 お薦め度    ★★★
 駅からタクシーで10分と、やや不便な立地条件ではあるけど、車利用なら、ビジネスユースとしては、かなりお得感がありますね。
 大町温泉郷一広い大浴場。部屋もシングルユース、朝食バイキングに至っては70種以上と至れり尽くせりの宿泊施設でした。
 食事も、ダイエッターじゃなかったら、もっと食べていただろうな。
 オムレツ、鯖塩焼き、鰤照焼、鮎甘露煮、きのこおろし、山葵おかか、温泉卵、野沢菜、サラダと和風チックに、というか何時もそうなんですがね(^^
 
 
 外は吹雪いています。
 仕事のための時間調整はするけど、むだな時間調整はしないのが宵待草子主義。
 7時からの朝食を真っ先に取り、7時20分にはチェックアウト。
 なんとか9時前に出社。
 
イメージ 5
 
 (この時点でのことですが…)安曇野に春は遠いです。