おはようございます。酔待童子です。

   本日は、長野のホテルで目覚めました。
   昨夜は、がっつり飲んで歌って、一人ラーメン食べて、日付が変わった頃、チェックイン。
   今日は朝から夜まで仕事が入っていて、忙しい1日となりそう。
   とりあえずこれが終われば、明日から、いつもの仲間(♂×4、♀×2)と、超松茸食うぞ!&超ゼロ磁場体験ツアー…。 
 
 
(前回の続きから)
 さぁ、チェックインしましょうかね。
 うむうむ、どうやら、食事処と兼業のようです。
 こちら側からこんにちはしたら、宿の玄関は裏だと…。
 
イメージ 1

 風呂浴びて、いよいよ乾杯の時間。
 最近の宿での楽しみが、男女の座る位置。
 今回は我々を含めて2ペア。
 入り口からみて奥に座ったのは、♂(酔待童子夫婦)、♀(他のカッポー)でした。
 
 おいらは基本的に注文などもぜ~んぶやってもらうけど、あちら様は奥に座った♀が注文などをやってた。
 
イメージ 2

 
◆施設データ◆
  施設区分:旅館
  施 設 名:海鮮味処 御宿 新生
  住  所:積丹郡積丹町大字余別町30番地
  電話番号:0135(46)5050
 
◆宿泊データ◆
  宿泊形態:一泊二食付  ☆「新生」大人気♪【生うに丼!!!!+豪華舟盛りあわび付♪】プラン2017
  宿泊代金:17,660
  総支払額:37,420
  室内設備:■冷蔵庫 □エアコン □空気清浄機 ■トイレ(共同)、風呂(共同)□ズボンプレッサー ■アメニティグッズ ■湯沸し □近隣にコンビニ ■ウオッシュレットトイレ □消臭剤 □その他()
 

《献立》(突き出し)つぶ貝、渡り蟹の唐揚げほか、(お造り)本鮪、サーモン、水蛸、帆立、ボタン海老、鰤、そい)、地物蝦夷あわびの水貝、(小鉢)いくら、雲丹の塩辛、(酢の物)もずく酢、(揚げ物)柳の舞の唐揚げ、(浜鍋)季節の魚(そい)と野菜、お漬物
           

≪室 内≫
イメージ 3

イメージ 4
 
≪食 事≫
○ 夕食前景
イメージ 5

○ お造り
イメージ 6

○ 前菜
イメージ 7

○ 鮑の水貝
イメージ 8
 
○ 浜鍋
イメージ 9

○ もずく酢
イメージ 10

○ いくら
イメージ 11

○ 雲丹の塩辛
イメージ 12
 
○ 香物
イメージ 13
 
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)
 設  備   
 清 潔 感    ★★
 サービス   
 食  材   ★★
 お薦め度   
 併設のレストランでの夕食となります。う~ん、なんつうのかなぁ?料理の味付がイマイチなんですよ。水貝は薄すぎるし(奥床しい味付と言ってしまえばそれまでですが…)、鍋物は出汁が効いてない…。刺身もこれ本当に帆立?いや、きっと帆立の仲間だろうと自分に言い聞かせて食べた。今まで食べたことの無い食感と味わい。とまぁ、ホント久しぶりにハズシましたな。
  あまり講釈をたれない酔待童子♀も同じ意見だったから、好みの問題ではないと思う…。
  夕食などの対応も、素人然した所作が旅館っぽくなかったです。
 
 
 
  こんなところから始まりました。
 
イメージ 14

   鰤の刺身。これは美味しかった。
 
イメージ 15

  鮪漁師の店だそうです。
  ウリの本鮪は冷凍でした。冷凍は残念だったけど…。
 
イメージ 16

  ボタン海老もお付きです。
 
イメージ 17

  水蛸。その裏にサーモンとソイが隠れています。
 
イメージ 18

  帆立とは思えない食感。鮮度系ではなく、さりとてトロッとした甘みもない…。不思議な味わい…。
 
イメージ 19

  アラがたぷーり入った浜鍋。薄っぺらい旨みが口を支配した
 
イメージ 20

  螺は大きくて食べでがありました。磯物はいいね(^^
 
イメージ 21

  何だったか忘れちゃったよ(^-^;
 
イメージ 22

  これとヤナギノマイの唐揚げは、酔待童子♀へ贈呈した。
 
イメージ 23

  冷凍って事は横に置いておいて、この身はいいところなんですよ。でも、何故か旨みが感じられず。
 
イメージ 24

  鰤は背側で上品な味わいで。
 
イメージ 25

  水蛸も食らったよ。これはいつものお味。

イメージ 26

  これはホントいただけなかった。
 
イメージ 27

  餌(海老)の味はしない優秀なサーモン。トロッとした食感がたまらない(^^
 
イメージ 28

  ボタン海老は一口でパクっ!
 
イメージ 29

  「そい」という北海道を代表する魚。このアラが浜鍋に。
 
イメージ 30
 
  うに丼を朝食に回しちゃいました。
  とてもとても食べられないので…。
 
  コスパが悪い上に、どうにも味付がイマイチ。釈然としない気持ちで、部屋へ戻り、プシュを開けた。
 
イメージ 31

  体調が悪いのかなとか、いろいろ考えたけど、酔待童子♀も同じことを言っていたから…。まっ、朝食のうに丼に賭けましょう(^-^;zzz  (続く)
 
 
 
  さあさ、朝食の時間が来ました。8時までが長かったわ。
  こんな感じで始まりました。
 
イメージ 32

  献立は、焼き物(紅さケ)、イカ刺し、たまご焼き、サツマイモ甘露煮、自家製昆布佃煮、たらこ、味付海苔、ふのりの味噌汁、漬物。


  そこに、昨夜の夕食用のうに丼!
 
イメージ 33

  烏賊はね、埼玉で食べるより質が悪し…。
  悪いけど、北海道まで来て食べるもんじゃない(/_;)
 
イメージ 34

  それでも、うに丼は美味しかった。
 
イメージ 35

  最強のいか刺し←(⌒▽⌒)アハハ!  を乗せて…。
 
イメージ 36

  海苔に来るんでいただきました。
 
イメージ 37

  魚卵(たらこ)も一緒に行っちゃった
 
イメージ 38

  スイカのシャーベットだって。
 
イメージ 39

  当たり前のことだけど、西瓜の味がしたYO。
 
イメージ 40

  旅館入り口はこんな感じ。
 
イメージ 41

  すべてではないけど、料理が売り物の宿でこれはチョットだった…。
 
  今日の宿は、ここの一人の宿泊代より、遥かに安い宿。
  こりゃあ、イチかバチの賭けだな。
  とりあえず、0勝一敗でこの日が始まった(続く)