おはようございます。酔待童子です。

  昨日は、ちょっと残業(と言っても、管理職手当をいただいているので、残業代は着きませんが…。)して、帰宅。
 なんか飲む気も失せて、休肝日にしちゃったYO。

 今週末は、仲間との旅行。松茸山で松茸三昧~日本最大のゼロ磁場で異体験ツアーがあるので、ちょっと自重してもいいかな。
 
 
 
(前回の続きから)
 自費ではなかなか泊れないような高級感漂うホテルで、ただ寝るためだけにお泊りしたアタシたち。
 確か朝食バイキングは1,600円くらいだった(^-^;
 駅弁で済ませようと、駅と言っても目の前なんだけど、ここへ向かいました。
 
イメージ 1
 
 函館は駅弁の質がいいですよ~。
 ええ、駅弁にしたのは、車内でおつまみにして飲めるから
 
 さぁ、何にしましょうかねぇ。
 
イメージ 2
 
 今回の行程は、青いマーカー部分です。
 
イメージ 3
 
 特急北斗で札幌を目指します。
 
イメージ 4
 
 待ってたら、函館からのディーゼルカーが1両編成で到着。
 JNR(国鉄)時代の遺物。もう40年近く経ってるでしょ?
 
イメージ 5
 
 「北斗」が入っていました。
「スーパー北斗」も走ってるけど、こんなレトロな特急もいいっす(^^♪
これまた30年以上前のJNR時代の車両さ。
 
イメージ 6
 
 朝飯前は、やはりこれをやっちゃいましょう(^^♪
 今回は、乾杯の儀は無し。
 札幌からは、酔待童子♀に運転してもらうので、おいらは飲む!
 なんせ、寝たのが2時過ぎだから、まだ、ヨッパー。だから、迎え酒Go!
 
イメージ 7
 
 空きっ腹に、アルコールが浸み渡るわ(^^♪
 こ野感覚が好きなんさ(^^♪
 
イメージ 8
 
  一通り飲んだら、ここの駅弁を紹介しましょう。
 
◆商品情報◆
  購入商品:山海ほたてめし(810円) ※大人の休日割引10%後
購入年月日:平成29年9月1日(金)
  主菜・副菜メニュー:色ごはん(北海道産米)、ほたて煮、味付山菜、甘栗煮、花人参、しば漬け
 
 
◆評  価◆×5 標準は×2)
食 材   ★★★
コスパ   ★★★
満足度   ★★★
 でっけぇ帆立がいいねぇ。密度感が凄いです。ここまで煮〆てこの食感ってことは、いったいどのくらいのでかい帆立なんだろうと、一瞬、考えちゃいました。味付も程よく、帆立の旨みタプーリ(^^♪ これ、過去に1回食べてました。
 ご飯の味付もいいし、食べても損の無い駅弁でした。
 
◆店舗データ◆
  販 売 者:北海道キヨスク㈱(函館みかど)
  住   所:函館市若松町1213
  電話番号:0138(84)8527
  販売駅名:JR新函館北斗
  購入店舗:北海道キヨスク㈱ 新函館北斗コンコース店
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
 蓋を開けるとこんな感じ。
 でっけぇ、帆立。身が締まってるのに。
 いったいどんな大きさの帆立なんでしょう?
 
イメージ 12
 
 そうこうしているうちに、特急は、大沼公園辺りを通過中。
 ガラス越しながら、いい景色だったんで、パシャ!
 
イメージ 9
 
 台風の影響はありませぬ。
 ザ・HOKKAIDOの晩夏って感じだね。
 
イメージ 13
 
 もうね、眠気が襲っていて大変ですわ。
 
イメージ 14
 
 んなわけで、札幌まで、ほとんど寝てましたわ(^^
 
 函館~札幌って、噴火湾を中心にいい景色が続くのにね(^_^;)
 
 まっ、この後から、色々と続くんで、体を休めておきましょうよ(続く)。