おはようございます。酔待童子です。

   はぁあ、昨日は「24時間テレビ」で涙を枯らしてました。
   新聞を取りに行くのも忘れて見入ってました(^-^;

   朝飯抜きで、こんなところから…。
   え~と、5時前から起きてます。

   分厚いベーコン、切り昆、冷奴、じゃこ天です。
   自家製のあご出汁で奴をいただき、小魚感と骨の残渣(ざんさ)感を感じるじゃこ天。これはね、八幡浜産で決まりですよ!

イメージ 12

   分厚いベーコンをオリーブオイルで焼いた!

イメージ 13

   ジムにも行かず夜を迎えたよ。
   ずっと、24テレビ見てた。
   んで、こんなところから出始めた。




イメージ 14

   昨日に引き続き、またまた鍋。今回はプチっとのキムチ味×2。
   材料は、豆腐、卵、切昆、油揚げ、えのき、鱈、ねぎ。





イメージ 15
   こーやってグツグツ。

イメージ 16

   途中で辛味が足りないんで、よせばいいのに、これ入れた(^-^;
   八幡屋磯五郎の「バードアイ」!
   辛い物に強いおいらでも持て余す辛さ(ノД`)・゜・。

イメージ 17
 
   小さい3cmほどの大きさながらその辛さたるや強烈!

イメージ 18

   わずかこれだけなのに、一口目から、汗がブワ~っと。

イメージ 19

   家飲み二次会はこれで。

イメージ 20
 
   24テレ。感動ものが多い。涙が枯れました。でも、作り物の感動は要らないな。もう止めてもいいんじゃない?ぜ~んぜん感動しないもん。
   感動の無理強いは要らねぇ。最後のそれはいいわ(^-^;


  この日(2月17)は、月二回の自宅へ帰る日。
  ハイ、埼玉へ帰ると漏れなく飲み会が付いてくる。
  この日もそう。平成22年に同勤した部下たちとの飲み会。♂×6、♀×2にゃり。
 
  数ヶ月に1回はやってるんさ。一番上のおいらから長女と同い年の娘、アルバイトのおねいさんまでみ~んな仲良しさ。
 
◆店舗データ◆
  店 舗 名:北の味紀行と地酒 北海道 大宮店
  所 在 地:さいたま市大宮区仲町1-17 大東ビル3F
    電話番号:050(5828)1729
  営業時間:16:0024:00(フードLO23:00、ドリンクLO23:30)
  定 休 日:無休
 
◆注文商品◆
  注文商品:塩昆布サラダ(690円)、函館いかソーメン(790円)、北釧鯖の炙り〆さば(790円)、ポロト豚餃子(690円)、ポロト豚炙り焼きベーコン(890円)、ポテトフライ(590円)、栃尾揚げ 山わさび添え(590円)、ししゃもの燻製(590円)、北の黄金鶏チキン南蛮(890円)、バターコーン
  入店年月日:平成29年2月17日(金)
 
○お通し
イメージ 1

○ ポテトフライ
イメージ 2
 
○栃尾揚げ 山わさび添え
イメージ 3

○ 北釧鯖の炙り〆さば
イメージ 4
 
○函館いかソーメン
イメージ 5

○ ししゃもの燻製
イメージ 6
 
○バターコーン
イメージ 7

○ ポロト豚炙り焼きベーコン
イメージ 8
 
○ポロト豚餃子
イメージ 9

○ 北の黄金鶏チキン南蛮
イメージ 10
 
○ 塩昆布サラダ(小分け)
イメージ 11
 
◆評  価◆ ×5段階評価 標準は×2)
食  材   ★★
お薦め度   ★★
 「北海道」を強調するだけあって、他の居酒屋チェーンに比し、ちょっと単価が高いかな。「北釧鯖」とか「ポロト豚」とか「北の黄金鶏」など聞いたことが無いブランド?の食材が数多あった。どれも美味しかったよ。
  シシャモの燻製も初めてだしね。ちょっと薫香が効いていていい酒のつまみ…。ただ、惜しむらくは、いか素麺。解凍+ネチャクチャな歯ごたえ。近場の鮮度の良い烏賊で食べたかったわ。
 
 
  さあて、全員でポケモンGoならぬカラオケGo。
  最近、いつも、長女と同い年の娘と「アマン」をデュエット。「アマン」…。一人の男じゃないヨ。愛人! よくもまぁ、恥ずかしくもなく歌えるねぇって、彼女がおいらを気持ちよくもち上げてくれるんさ。
  さすが、秘書経験者だわ(^^
 
  んで、お昼頃、おつまみを買って帰宅。2時頃まで飲んだ。