(前回の続きから)
 北海道の大地に降り立った酔待童子御一行様。
 フェリーから脱出を素早くこなし、一路、レンタカー返車を目指す。
 
 途中、道の駅「あっさぶ」に寄り道した。
 ここら辺が、あのジャガイモ「メークィーン」の発祥の地なんだってさ。
 芋は酔待童子ファームでも作ってるので、買うつもりはないけど、いわゆる「面白い」ものがないかどうか探検してみた。
 

イメージ 1
 
 結局、お気に入りのものはなく「もちもちころっけ(150円)」なるものを購入して、食らう!
 この日は、睡眠をシカーリ取ったんで、すこぶる調子がよく食欲も珍しく旺盛…。
 
「百姓屋」なる農民を小馬鹿にしたような名前の店で、コロッケコンテスト最優秀賞を受賞したコロッケとのこと。
 

イメージ 2
 
 一見何の変哲もないコロッケやん。
 

イメージ 3
 
 中は二層になっており、ジャガイモコロッケを超越したクリーミーな滑らかさが凄い!
 ジャガイモの美味しさと、得体のしれない具がソースを不要にしている。
 

イメージ 4
 
 さてさて、先を急ぎます。
 新函館北斗駅で返車。
 さっ、これでドリンキングタイム到来!
 滞在時間は3時間以上あるので、函館の市内まで足を延ばすことに…。
 ちょうどいい時間に「特急 スーパー北斗」が来たので、これに乗って函館駅を目指す。
 
 新幹線の「新函館北斗」駅と「札幌」駅とでは、特急に乗って15分もかかるんよ。
 周囲に飲み屋はないし…。岐阜羽島駅みたいやで~。
 

イメージ 5
 
 新しいカラーリングはこれ。
 こっちの方が、新鮮味があるな。
 

イメージ 6
 
 イカ釣りに初挑戦。
 まっ、1匹760円で買えってことね。
 ちっちぇー烏賊ですわ。
 

イメージ 7
 
 ちびっ子たちは大苦戦。
 

イメージ 8
 
 おいらはものの5秒もかからず釣り上げた。
 一人づつ釣るので、注目度満載。
 おまけに笑えたのが、態度の悪い受付のババぁ、釣り上げた烏賊が海水を直噴してくれた(^^♪ 思いっきり直噴してくれて気分爽快さ!
 

イメージ 9
 
 烏賊の不良が叫ばれて久しいデスネ。
 どこの店の水槽に入っている烏賊も20㎝ちょっとの大きさ。
 

イメージ 10
 
 あっという間に捌いてくれました。
 

イメージ 11
 
 醤油に漬けると、ビクーリしてクネクネダンスをする。
 

イメージ 12
 
 鮮度は最高ながら、旨みという点では、時間を経過したものに遠く及ばない。
 コリコリ感を楽しむものだね(^^
 

イメージ 13
 
 さっさと食い終え、いつもの「きくよ食堂」へ行った。
 ここは、やはり乾杯の儀でしょ?
 

イメージ 14
 
◆店舗データ◆
 店 舗 名:味処 きくよ食堂 本店
 所 在 地:函館市若松町1115
 電話番号:0138(22)3732
 営業時間:5:0014:00(冬季6:0013:30
 定 休 日:無(元旦を除く。)
営 業 者:㈲きくよ食堂
 住  所:函館市中島町14-5

 そ の 他:27/4  183,079 13,059

 
◆注文商品◆
 注文商品:ほたて刺身(850円)、〆さば刺身(600円)、紅鮭ハラス焼(880円)
 総支払額:3,597円(税込)
 入店年月日:平成29年6月25日(日)
 
ほたて刺身
イメージ 15

○ 紅鮭ハラス焼

イメージ 16
 
○ 〆さば刺身

イメージ 17
 
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)
食  材   ★★
お薦め度   ★★
 函館市場内にあるこの店、最近まで「観光地にありがちな観光地価格ではなく、地元価格とまでは行かないまでも、十分リーズナブルな価格で提供してくれ」ると考えていたのですが、なかなかどうして、丼物には割安感がありますが、単品ものはいいお値段ですね。
 観光地価格、間違いないでしょう。質はいいかもしれない。でも、この量と値段はマッチしてるとは思えません。
 ここら辺の店。店による差はそれほどないでしょう。でも、昔から通っている店だからが安心感がある。それだけかな。
 
 
 
 「帆立高騰に付き、量を調節している」とのこと。
 縦割れの繊維質感が有ることから、活に近いものだと思います。鮮度がいいので、甘味はそれほど感じませんでした。
 

イメージ 18
 
 〆さば。生っぽいのもいいけど、ガッツリ〆たのも相当な旨みが有るんです。脂が馴染むんですよね。
 

イメージ 19
 
 因みに、函館市出身の有名人リスト。
 

イメージ 20
 
 ハラスです。昔は捨てるようなもので商品価値は無かったんですがねぇ(~_~;
 こんな小ぶりな奴が、一つ220円?
 

イメージ 21
 
 始めから丼を食べるつもりはなかったんで、さっさと飲み終えて店を出た。
 途中で、宮崎の親戚に、宮崎マンゴをいただいたお礼に夕張メロンを送った。
 

イメージ 22
 
 ええ、〆は丼よりラーメンさ(^_-)
 いつもは丼だけど、雲丹や鮑は食い飽きた…。
 だからラーメン。函館塩ラーメンでも喰いまっか(続く)。