(前回の続きから)
 さあさ着いたよ。
 昨年に続きて2度目の宿泊。
 あの凄まじいまでの海栗とご対面したいがために、♪はるばる来たぜ奥尻~ 逆巻く波を乗り越えて~ってか?
 
イメージ 1
 
 前略。御伽草子家に代々伝わる恒例の乾杯の儀から始まります。
 
イメージ 2
 
◆施設データ◆
  施設区分:旅館
  施 設 名:岡本旅館
  住  所:奥尻郡奥尻町字米岡70-2
  電話番号:01397(3)2002
 
◆宿泊データ◆
  宿泊年月日:平成29年6月24日(土)
  宿泊形態:一泊二食付
  宿泊代金:18,360円(殿様コース)
  総支払額:37,000
  室内設備:■冷蔵庫(共同) ■エアコン □空気清浄機 ■トイレ(共同)、■風呂(共同) □ズボンプレッサー ■アメニティグッズ □湯沸し □近隣にコンビニ ■ウオッシュレットトイレ □消臭剤 □その他()
 
≪室 内≫
イメージ 3

イメージ 4
 
○ 夕食全景
イメージ 5
              
イメージ 6
 
○ 生雲丹(塩水仕立て)
イメージ 7

○ 桜貝のバター炒め
イメージ 8
 
○ 活鮑の刺身
イメージ 9

○ 鮑の水貝
イメージ 10

○ 海栗鍋
イメージ 11

○ 刺身盛合せ(水蛸、甘海老、サーモン)
イメージ 12
 
○ 鮑の陶板焼き
イメージ 13

○ 海栗の茶碗蒸し
イメージ 14
 
○ 海栗の天ぷら
イメージ 15

○ 鮑の炊き物
イメージ 16
 
○ 銀だらのカマ
イメージ 17

○ もずく酢
イメージ 18
 
○ 水蛸のから揚げ
イメージ 19

○ 海鞘(ほや)の刺身
イメージ 20
 
○ 螺貝の煮付け 
イメージ 21

○ 桜貝のぬた
イメージ 22
 
○ 香物
イメージ 23

○ 海栗丼
イメージ 24
 
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)
 設  備     
 清 潔 感       ★★
 サービス      ★★★★
 食  材  ★★★★
 お薦め度  ★★★
 何も言うことはありません。いったい何個の海栗を食べたんでしょう。生、天ぷら、茶碗蒸し、鍋…。しかも〆の海栗丼に至っては拷問だった。多分、殻30個は下らないでしょう。しかも去年のさらに上を行く「殿様コース」。
 そして鮑。刺身、水貝、ステーキ、炊き物で計5個。
 前日、泊ったところで、鮑のフルコースで8個。ここ海栗が凄まじい量加わるんだから…。
 これだけでも凄いのに、ホヤや桜貝を中心に名脇役が両巨頭をサポート。この値段でこれはありえんでしょう。
 島民の方にここに泊ったと話したら、ここが一番いいよと言われました。網元だから安く提供できるのでは…とのことでした。
 
 
 
 海栗と鮑でお膳が2つ。
 これでもまだ出てきてない料理があるってんだから(_;)
 
イメージ 25
 
 凄い量です。深さが表現できないのが悲しい。
 スプーンで掬ってガツガツ食べられる雲丹って…。
 
イメージ 26
 
 水蛸の唐揚げです。これだってかなりのご馳走なのに、海栗と鮑の前では形無し…。
 
イメージ 27
 
 圧巻は、雲丹の海苔巻きの天ぷら。
 ホントこれは凄いですよ。しかも美味い!
 
イメージ 28
 
 どっさりの海栗を海苔巻状にして揚げてあります。
 油の通った海栗のお味はいいですよね(^^

イメージ 29
 
 甘エビ。これもいいんですがねぇ。
 
イメージ 30
 
 水蛸。真蛸とは異なるなんかホルモンみたいな噛みきれない食感。
 ホルモンは食べんけど、これはいくらでも食べまっせ(^^
 
イメージ 31
 
 サーモンです。ここら辺の回遊魚なのか、輸入物なのか?
 まさか、ここへ来てトラウトサーモンやチリサーモンなんて出ないでしょ?
 
イメージ 32
 
 鮑を出汁のきいた汁で炊いたものです。
 鮑の旨みと出汁のマッチングがいいです。
 蝦夷鮑(えぞあわび)の甘みと食感に慣れちゃうと、黒鮑(本鮑)は高いし…。
 間違いなく「エゾ」のほうが美味しいですね。
 
イメージ 33
 
 でっけぇ粒のバカガイ(桜貝)のソテー。
 東京近郊では超有名なこの貝。北海道の地でも美味しさは変わりません。
 別名「青柳」。千葉県市原市の地名。関東ではこの呼び名が有名です。
 オレンジ色の部分を「舌切」。貝柱を「小柱」といいます。
 
イメージ 34
 
 活鮑を出汁の利いた塩水に浮かべた「鮑の水貝」。この食べ方が、磯臭さを強調して好きだなぁ。
 
イメージ 35
 
 バカガイのぬた。茹でたバカガイも美味しい!
 
イメージ 36
 
 そして、雲丹鍋も。これにはムール貝も入ってます。
 
イメージ 37
 
 煮えたんで器に盛ってみました。
 
イメージ 38
 
 鮑も焼き上がりましたよ~。
 
イメージ 39
 
 鮑って熱を加えると、蒲鉾みたく柔らかくなるんですよね。
 
イメージ 40
 
 鮑は厚切りです。もう食感は、コリコリを通り越してゴリゴリやカリカリ。
 
イメージ 41
 
 磯っ臭さ満点の「海鞘(ほや)」。
 海のパイナップルとも呼ばれている変な生き物。
 
イメージ 42
 
 雲丹の茶碗蒸し。これにもこれでもかと入ってます。
 雲丹と卵、相性いいです。
 
イメージ 43
 
 本来は、明朝いただく予定だったうに丼。
 明日の出発が5時45分と早いため、出されてしまった(^-^;
 ご飯少なめにお願いしたんですがねぇ。
 
 こんな感じで盛付て…。
 海栗量が少なく見えるでしょ?
 でも、ご飯茶碗軽く一杯は乗っかってるんだよ。
 綺麗に乗せればよかった…(^-^; 実は凄い量なんです。

イメージ 44

 美味し!でも、ほとんど苦痛の世界に入ってます…。
 
イメージ 45
 
 完食は出来ず。
 で、部屋へ戻ったら、もう何も会話も無く寝てしまった(~_~;)
 夜中に雲丹の棘(とげ)に魘(うな)された…。←ウソ。
 
 今回は、イマイチ体調が悪く、特に胃が超疲労モード。
 何とか頑張ったが、とてもとても完食に至らず…(^-^;
 
 来年、体調を整えて、リベンジする!(続く)