おはようございます。宵待草子です。

  昨日は、朝飯抜いて、医者へ行き、強力な降圧剤を処方してもらったよ。お陰でかなり楽になった(^-^;

  今回は朝食を抜いて、いつもの「よしかわ」へ。
  新作ラーメンは、「【冷製】緑茶と煮干しの中華そば  うなぎのひつまぶし付き」食べてきました(^^♪   もちろん「いわしそば」をトッピーしてね(^_-)

   夜は、お決まりの次女親子参上。
   ジャワカレー辛口にガラムマサラをタプーリ入れた、レタスのカレー鍋。

イメージ 29

  鯖の味噌煮。
  味はともかくとして、どーも飾り付けがよくないなぁ(^-^;

イメージ 30

   酔待童子ファーム産きぬさやとベーコンの炒めもの。

イメージ 31

   これもファーム産。これからはこれも続きそうだな。

イメージ 32

   佐藤錦は買えないんで、アメリカンチェリーで代用(^-^;

イメージ 33

   この日は、プレモル、ビターズ×3缶で投了。


(前回の続きから)
 朝7時半には、奇麗で可愛くて感じのいい女将さんから自転車を借りて、宿を出た。
 今回の行程は白いマーカー部分、まずは、麻木久仁子じゃなくてアサギマダラの群生地。
 
イメージ 1
 
 途中、姫島七不思議の一つ「浮瀬(うきせ)」が遠くに見えたのでパチリ。
 
 あっ、そうそう、カメラの電池がなくなり、ここから自宅までの記事はぜ~んぶスマホ写真。画質が悪くて平面的な写真になっちゃうことをお許し下されm(__)m
 
イメージ 2
 
 もう、人がたくさん居ました。昼間より多いね。
 
イメージ 3
 
 ウンウン、昼間よりかなり多いわ。凄い数です。
 
イメージ 4
 
 なんかね、目の前を蝶々が飛んでる人の気持ちが解るわ。
 
イメージ 5
 
 スマホのカメラ機能では、追えないしピントも合う前に飛び去ってっちゃう(◞‸◟)
 
イメージ 6
 
 犬を連れてくるなってことかと思ったら、ここで、蝶々を捕まえて、マーキングして放蝶するなってことらしい。
 捕獲すると蝶々が警戒してしまうんでしょうね。
 
イメージ 7
 
 きちんとしたカメラで撮れなかったことが悔やまれる(/_;)
 
イメージ 8
 
 ここの蝶は成虫。こんど越冬で戻ってくるのは、こ奴らの子供なんだって。
 
イメージ 9
 
 マーキングの結果、九州のここから北海道までヒラヒラ行くんだって。
 凄んげぇ、根性だね(_;)
 
イメージ 10
 
 昨晩、お世話になった車えび畑をパチリして、
 
イメージ 11
 
 あの山、達磨山(105m)の頂上にある「清正公社」へ行ってみる事に。
 自転車で昇り切れるのか、歩くこととなるのか…。
 ガイドにも載っていないんで、ちょっとマイナーな感じはするけど、こんなところが穴場だったりするんさ(^^
 
イメージ 12
 
 汗だくになりつつ、何とか昇り切ったよ。
 んで、こんな道で頂上を目指す。
 
イメージ 13
 
 なんか杉沢村チックな光景が…ガタガタブルブル。
 
イメージ 14
 
 最後の長い心臓破りの階段を上ったら…。
 
イメージ 15
 
 あっけなく風情の無い建物が…。
 鍵がかかっていて、み・る・だ・け…。
 
イメージ 16
 
 穴場でもな~んでもなかったわ(◞‸◟)
 朝から、ただ足腰を鍛えただけで終わりましたわ。
 
イメージ 17
 
 時間潰し「西村記念公園」へ。
 ここ、姫島村名誉村民で元自民党副総裁「西村栄一」氏の顕彰碑があるんだって。
 生家でしょうかね。
 
イメージ 18
 
 田中角栄氏の書体だそうな。
 
イメージ 19
 
 ササッと見終え、奇麗で可愛くて感じのいい女将さんが居る宿へ戻った。
 
 アハハ、あまりの暑さに生中1杯いただきました。
 ちょろっと、世間話を交わして、予定を2時間繰り上げ、島を脱出することとした。
 綺麗で可愛くて感じのいい女将さんとの別れはお名残りおしゅうございましたが‥。
 
イメージ 20
 
 さっ、来た時と同じ船に乗って、デッキに陣取った。
 
イメージ 21
 
 さっ、出港やネン。
 
イメージ 22
 
 島のシンボルの矢筈岳(266m)に最後の別れをし、
 
イメージ 23
 
 ちょっと最後の一枚を撮って、
 
イメージ 24
 
 全景も撮らねばねぇ。
 
イメージ 25
 
 天気がヨカタので、デッキに佇む人多し。
 
イメージ 26
 
 九州本土も綺麗に見渡せます。

イメージ 27
 
 宇佐港が近づいてきました。
 
イメージ 28
 
 乗船時間は20分。ちょっと絶海の孤島感は味わえなかったですね(・´з`)
 誰もが気軽に行ける島。例えば、篠島とか日間賀島みたいな…(続く)。