「うどんが主食」氏とのコラボが実現
 
イメージ 1
 
 有名グルメサイトやテレビ番組などで話題の美食家「うどんが主食」氏とのコラボにより開発したカップ麺。実は、おいら、この人知らないんですけど…。
 
「うどんが主食」氏とはどんな人物?
 うどん好きが高じて「うどんが主食」を名のる美食家で、特に、「讃岐うどん」には目がなく、高級料理からB級グルメまで幅広く全国を食べ歩き、グルメサイトやSNSなどで自身がおすすめする店舗を紹介。おいしいと太鼓判を押すお店には、オリジナルステッカーが貼ってあり、ファンの間ではお店選びの指標にも。
 
イメージ 2
 
◆商品データ◆
 発    元:東洋水産㈱
 シリーズ名:縦型ビッグ
 商 品 名:うどんが主食 讃岐風うどん
 発売年月日:平成29年6月5日(月)
 販売地域:全国
 購入年月日:平成29年6月6日(火)
 購入場所:セブンイレブン
 定  価:205円(税抜)
 購入価格:216円(税込)   値引き率:2.4
 試食年月日:平成296月7日(水)
 
◆商品の概要◆  ×5段階評価  標準は×2)
  「うどんが主食」監修によるコラボ商品。鰹、昆布ベースに煮干を強く利かせた、こだわりの讃岐風うどん。
 
イメージ 3

イメージ 4
 
添付物  特製スープです。
 
イメージ 5
 
          ★★★   麺種:フライ  太さ:太  湯戻し時間:5分   
 「コシが強く歯ごたえがあるうどん」だそうです。
 幅広縮れ麺です。赤きつの麺ほどモチモチツルツルした感じではありません。かといって、讃岐うどんのコシや麺の旨みが有るかというとそれも感じられませんでした。
 
イメージ 6
 
        ★★★   ベース:醤油
 「鰹と昆布の旨みに煮干しを強く利かせた、讃岐風うどんつゆ。別添の特製つゆ」とのことです。
 出汁感は強いですねぇ。特に煮干の味わいが強烈に作用してます。讃岐うどん店で食べると、具はあと乗せなのでスープがしっかりと味わえますが、カップ麺だと最初から具とともに湯戻しするので、さぬきうどん特有の味かと言うとよく判りませんわ。もうちょっとスッキリした味わいの汁のが讃岐っぽいと思いました。
 
イメージ 7
 
         ★★★
 小えび天ぷら、たまご、かまぼこ、ねぎです。
 賑やかな具となってます。小海老の天ぷらの香ばしさが嬉しい。でも、卵は如何なものかなぁ?それより、刻み油揚げとかの方が雰囲気が出ると思いましたが…。
 
イメージ 8
 
お薦め度  ★★★★★
 どうせならマルちゃんの「吉田のうどん」の麺(同じかどうか判りませんが…)のようなもうちょっとポソポソした麺の方が雰囲気が出たと思います。限られたコストでの讃岐うどん麺の再現の道険し…でしょうか。
 
◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)
 内 容 量:92g(うち麺量70g)  必要湯量:440ml
 エネルギー:★★   388kcal(うち麺・かやく341kcal、スープ47kcal
 食塩相当量:★★★★  6.1g(うち麺・かやく1.3g、スープ4.8g