おはようございます。宵待草子です。

 昨日は、茨城県は竜ケ崎で講演会を行い、懇親会。
 二次会まで支店長(♀)にお付き合いして、お帰りなさいした。
 乗り越しはなかったけど、午前様だったわ(/_;)
 

(前回の続きから)

 ♪は~れたそら~っ、てか?

 ええ、シカーリと6時過ぎには起きましたぜ。

 朝シャワー浴びて、朝飯もシカーリと食った!

 ええ、きっと、夜まで飲みますからのう。元気が無きゃあ(^_-)

 今回紹介する行程は、青いマーカーの部分。

 これから、南信濃の喜澤小学校、下栗の里を見学してきます。

InkedInkedInked地図2_LI(2)

 木澤小学校へ到着です。

 もう廃校になってるんですが、ここ、おいら酔待童子のお気に入りの場所。

 当時のままで保存されてるんですわ(^^

DSC_4957_00013

  今日は、おいらのイメージ色であるオレンジで勝負さ。

DSC_4958_00014

 入口んところで記念写真。

 いつも猫の校長先生が居るんだけど、今日は縄張りの見回りに出掛けているのか、ミカジメ料の集金に行ってるのか…不在。

DSC_4955_00011

 当時、大流行した「筆箱(ふでばこ)」を興味深く見てます。

 マグネットでロックが出来たりね、隠し場所があったり…。懐かしいわ。

 いまの子供たちにもこんな夢はあるんだろうか?

 そういえば、おいらの昔の自転車(小学校時代)、「アストロG」なるサイクリング車が流行ってね、自動車よろしくリトラクタブルライト、ウインカー、ストップランプが装着されていた。あの頃は、夢があったなぁ(^^

DSC_4944_00004

 小学生当時の話をしてます。

 平均年齢は、ミッドフォー…かな。

DSC_4946_00005

 講堂では卓球が楽しめました。

DSC_4947_00006

 いい歳こいたオジーやオヴァが童心に帰って遊びましたわ(^^

DSC_4949_00007

 これもまた童心に帰って…。

DSC_4951_00008

 手を挙げてる人が居ます。

 きっと、学級委員長をやってたんでしょう。

 おいらは、ガキ大将の劣等生だったんで(^-^;

DSC_4952_00009

  音楽室では木琴で遊びました。

 なんかね、この学校へ来ると、気持ちいい空間が広がっていてね(^^♪ 大好きなんさ。

DSC_4954_00010

 はい、去年の上司で今年退職予定のM氏の家にご挨拶に行って…。

 ビアを呑ませていただきましたって、もう、9時から飲んでるんですがね。

DSC_4960_00015

 ちょっと近くのパワースポットへ寄ってみましょうか。

 あっ、殿町茶屋でお茶と揚げ饅頭をいただき、饅頭と蜂蜜を購入し…

DSC_4965_00016

  龍淵寺へ。ここの神代杉からパワーをいただきます。

DSC_4967_00017

 この階段を昇るとその杉があります。

DSC_4968_00018

 この大きさ!

 抱き着いて、そのパワーをお裾分けしてもらいましょう。

DSC_4969_00019

 次に向かえしは、「東洋のマチュピチュ」とか「天空の里」とか呼ばれる「下栗の里」へ行ってみましょう。

 あの先に断っておきます。

 住まわれている方には申し訳ございませんが、おいら的に、ここに住む必然性が感じられないような場所なんです。

 でも、凄くお気に入り、短期間なら住んでみたいとも思う場所。それがここ「下栗の里」。

 駐車場から歩いて約15分。

 ハーハーフーフー言って到着です。

DSC_4973_00022

 いい風が吹いています。

 下栗の里。それがここです。

DSC_4976_00025

 望遠で切り取ってみましょう。

DSC_4978_00026

 ボブ・サップも感心してみてます。

DSC_4979_00027

 K子ねえさんも気持ちよさそう。

 エロっぽさ満載やね。

DSC_4982_00028

 さっ、次は昼です。

DSC_4984_00030

 もうね、昼はここって決めてました。

 1時間ほど下山してここへと。

DSC_5719_00033

 ここね、ラー油つけ蕎麦で大人気の店。

 開店日から通っており、記録があるだけで、23回目ですわ。

 美味い蕎麦を食べると、元気が出るんだよな。

 これからも頑張れるわ(^^

◆店舗データ◆

  店 舗 名:肉そば こまつ家

  住   所:下伊那郡高森町下市田513

  電話番号:0265(53)5028

  営業時間:11:0014:0017:3021:00

  定 休 日:火曜日

  支払形態:現金

  割 り 箸:無 

◆注文商品◆

  注文商品:冷たい肉そば(中350g 750円)

  支払総額:5,700

入店年月日:令和元年9月29日(日)

DSC_5707_00031

◆評  価◆×5段階評価  標準は×2)

     ★★★★    そば粉割合:不明

 強烈なコシを出すために「あえて」機械打ちした蕎麦。ラー油つけダレ一本勝負なので、このコシが必要なんでしょうね。風味的にはそれほど強くはありませんが、手打ちと異なる歯応えと蕎麦の味、これはイイですよ。うん、普通の汁で食べてみたいな。

DSC_4822_00002

     ★★★

 出汁感を程々に特製のラー油でピリ辛に仕立てています。イイですねぇ。油っぽさも程々ながら、強烈なコシを持つ蕎麦を滑らかに流し込んでくれます。油と蕎麦の相性の良さはクライマックスマッチングです。

DSC_4813_00001

     ★★★★★

 刻みのり、牛肉、ねぎ、胡麻です。

ここまで大量な海苔は珍しい。ここまで葱が多いのは凄い、ここまで牛肉が乗ってるのは奇跡。とにかく、たくさん食べて欲しいという思いがいっぱい詰まってます。

DSC_5711_00032

お薦め度  ★★★★

 アハハ、そば好きで、ラー油そばを食べたこと無い人は、今すぐにでも食べなさい…とは言えないけど、うん、蕎麦のジャンルとしては、是非食べてみていただきたいです。蕎麦好きの中には、「もり」以外は邪道だと思ってる人も多いと思います。おいらもそうだったけど、美味しさに負けちゃいますよ。
 

 揚げそばは初めてです。

 やはり、酒を飲んだからかなぁ。

DSC_7782_00034

 こんな感じ。

 ビジュアル的にもいいっしょ!

DSC_7787_00035 

 標高は、100㎜まではないかな。

DSC_7788_00036 

 こんな感じでズズッと啜ります。

DSC_7794_00037

 無料トッピーは、生卵と天かす。

 おいらは、生卵トッピー。

DSC_7795_00038

 さっ、食い終わったら、コンビニで酒を仕入れて、デスマッチをやりながら帰りましょ。

 ええ、死んだ順に戦線離脱です。

 武器は、ウイスキーロックです。

 さぁ、行くぞぉ(続く