おはようございます。酔待童子です。

 本日は、飯田の実家でのおめざ。
 昨日は、♂×4、♀×2で、松茸&肉爆食旅行さ。んで、おいらのお気に入りのスナックでドンチャンやって、仲間が帰った後は、ママと二人で深夜の街へ繰り出しシッポリタイム。んで、2時過ぎに自宅へ送り、おいらはうつらうつらしている酔待童子♀を起こして缶チューを一缶空けて…4時前には寝た。
 今日も朝から、呑むぞ~!
  

(前回の続きから)

 ほぼ寝ながら車中を過ごし、新函館北斗駅に降り立った私酔待童子。

 軽いジョブ代わりに、本日の寝床である「ホテル ラジェンドプラザ新函館北斗」へチェックインをして、身軽ないでたちで、これに乗って函館へ。

 大人の休日倶楽部の会員パスは、自由席なら、新幹線、特急など乗り放題なんさ。

DSC_4687_00001

 おお~っ、久しぶりのご対面。

 ブルーのタキシードボディでお出まし!

DSC_4690_00002

 函館では、おいらのお気に入りの「汐かつ」へ行く予定であった。

 しかし…店が無い!

 ネットで検索したら、「いか清」に店変わりしていた。

 いか清。過去に本店に行ったことはある。烏賊の専門店。ちょっとお高め。

 まいったなぁ、こりゃあ(^-^; と思いつつ、意を決して入店。

DSC_7270_00021

 まずは、酔待童子家に代々続く、乾杯の儀を挙行さ。

DSC_7239_00005

◆店舗データ◆

 店 舗 名:活魚料理 いか清 大門

 所 在 地:函館市若松町6-10

 電話番号:0138(27)1506

 営業時間:(平日)17:000:00L.O 23:30)、(日・祝)16:0023:00L.O 22:30

 定 休 日:無休

◆注文商品◆

 注文商品:お通し(400円)、活烏賊刺身1,780円)、いかゴロ貝焼(580円)、〆サバ刺し(780円)、いかギョウザ(580円)

 総支払額:8,020円(税込)

 入店年月日:令和元年9月8日(日)

〇 お通し

DSC_7235_00003
〇 活烏賊刺身

DSC_7241_00007

〇 活烏賊刺身(ゲソ焼)

DSC_7267_00020
〇 いかゴロ貝焼

DSC_7253_00013

〇 〆サバ刺し 

DSC_7257_00014
〇 いかギョウザ

DSC_7260_00016

◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

食  材   ★★★★

お薦め度   ★★

 あのいか清をして、かなりリーズナブルな値段でした。烏賊料理のレパートリーの広さは特筆もの。しかも、本店は観光客には不便な場所にあるので、これはいい。シカーリと活烏賊もあった。ちょっと小さいけどね。因みに「いかギョウザ」は初食なり。残念なのは、やはり「ありきたり系」な魚が多い事かな。来店者の9割以上は満足するでしょう。おいらは珍魚を求めてるので…。

 

 最後まで抵抗してました。

 ちょいと吸盤で遊んじゃいました。

DSC_7243_00008

 胴体、烏賊わた、エンペラがセットで出てきます。

DSC_7245_00009

 美味しいかというと、取り立てて美味しいわけではない。だって、ほとんど味が無いもん。

 活き作りは、鮮度を楽しむものであって、味を楽しむものではない。烏賊の甘みを堪能したかったら、1日くらい経過した方が美味しい。

DSC_7248_00010

 烏賊を餡にした餃子。

 あまり烏賊の味がしなかったってのが正直な感想。

DSC_7258_00015

 きっと烏賊ミンチだったんでしょう。

 イシルみたいなのを使って風味付けすればもっと美味しくできたかも…。

DSC_7263_00018

 烏賊のわた。輪切りで提供されます。

 ちっちぇえ~(^^♪ でも濃厚!

DSC_7250_00011

 烏賊のゴロ焼。

 ♪好きなんだけど~ 離れてるのさぁ~ これ知ってる人はお友達になりましょう(^_-)

 はい、好きなんですが、塩っぱ過ぎて…。こりゃあ、失敗作っしょ。

DSC_7262_00017

 エンペラ(烏賊の耳の部分)を一人占めした。

 常に動かしてるから、筋肉質で、独特の食感と旨みがあるんです。

DSC_7251_00012

 〆鯖刺し。〆鯖の刺身?

 全身を脂の鎧で武装してやがんの。

 ったく、醤油に付けたら、思いっきり脂を噴射しやがって、烏賊刺し食えんじゃないか(^-^;

DSC_7266_00019

 ビールの後は、男山2合、そしておいらの好きな礒自慢を2合飲んで、気持ちよく、店を出た。

 ウフフ、もうね、途中で決めてたんだ。

 烏賊さえ食べたら、ラメーンで〆ようと…。

 まだまだひたすらうんまいものを喰いまっせ(続く)。