おはようございます。宵待草子です。

  この日(11月12日)は、全国課長会議。
  オブザーバーとしての随行者は、中堅管理職の♂♀1名づつ。
  ブチョーから、新橋駅前のここがぜってぇに美味しいと聞き、上司命令じゃしょおねぇなあと、さっさと会社を出て、この店に。

DSC_6217_00001
  ここ、新橋の新橋駅前ビル1号館の2Fにある都内では珍しい稲庭うどん専門店。
  なんでも、昼時には30~40人も並ぶ店らしい。
  我等は11時半には入店したので、何とか入れた。
  この店、稲庭うどん一本勝負の店。
  盛りの量と小丼のセットのみ。
DSC_6229_00008
  どんぶりも8種類くらいあり、どれも手抜きだない本格的なもの(^^♪
◆店舗データ◆
  店 舗 名:稲庭うどん  天茶屋  七蔵
  住   所:港区新橋2-20-15  新橋駅前ビル1号館2階
  電話番号:03(3571)5012
  営業時間:11:00~15:30
  定 休 日:土・日・祝日
  券 売 機:無
  割 り 箸:有
◆注文商品◆
  注文商品:稲庭うどん 七蔵特製スープつけ麺 + ミニ丼ぶりのセット(小セット1,100円)
  入店年月日:平成30年11月12日(月)
DSC_6218_00002
◆評  価×5段階評価 標準は×2)
     ★★★★
 「秋田県稲庭町のみで造り上げる製造者に、原料と製法を指定して製造。原料の小麦粉は麺に最適な中力粉100%、食塩は長崎五島灘産に水は地下100mから湧き上がる栗駒山麓の伏流水を用いて超多加水で練り上げ、手綯手延製法で4日間の長い時間をかけて麺の熟成を繰り返しながら造り上げる」そうです。
  稲庭うどんの特徴たる滑らかなのどごしと適度なコシ。太っとくてゴワゴワした麺もいいけど、稲庭のしっとりとした女性的なうどんもいいね。まるで秋田美人的な食べ心地にゃり。←秋田美人は食べたことありません(^-^;
DSC_6224_00005
     ★★★★
 「カツオ節、セロリ、鴨肉などをベースに出汁を取り鴨肉をペースト状にしたものとゴマペーストを加え、醤油、みりんなどで味を整えた100%自家製の特製漬けだれは、のど越しの良い稲庭うどんと良く絡み、絶妙なハーモニーを醸しだす」そうです。
  季節の具材としてたっぷりのなめこが入ってます。いい汁ですねぇ。胡麻の風味と甘みと香ばしさ、そしてコク。ベースは鴨出汁。何ともミスマッチのようなこの組合せが、絶妙な旨さを引き出してます。麺が女性的なら、この汁はしっかりとオトコしてますね。男女の相性やヨシです。
DSC_6222_00004
     ―
総 合   ★★★★
 麺がいい、汁がいい…。量的に並だとペロッと行っちゃいますよ。そう、喉越しの良さと相まって、あっという間になくなっちゃう。その後襲ってくるお替りの欲望と食後の余韻の戦いが始まります。小丼、これもとてもいいんですが、単品うどんにしなかったことを後悔してしまいました。


  マグロ丼とか鮭の親子丼、ばらチラシなど+300円で食べられる。
  同行者は、二人ともサーモンの刺身とイクラがたっぷり乗った丼。
  シラスとか高菜に目のないおいらは、これにした。
  イクラ、高菜、釜揚げシラスがタプーリ。コスパ最高です。

DSC_6220_00003
  男女合体之図。
DSC_6225_00006
  ん、なめこ?ヤパーシ男だわ(^-^;
DSC_6228_00007
  開始時間まで十分な時間があるので、ちょっくらコーヒーでも…
  これがちょっくらではナカータ(^-^;