飲み干す一杯」シリーズからかつてない
極上まろやか体験”を
堪能できる一杯が登場!

DSCN4360_00002
DSCN4417_00017
 いつもの安売りコーナーの帝王的存在の「飲み干す一杯」シリーズに、より上質・本格感を追求したタテロングカップめん第三弾が登場です。

DSCN4362_00003
 第一弾が「贅沢担担麺」、第二弾が「どこってり背脂豚骨醤油ラーメン」、そして今回が「特まろ鶏白湯麺」。

 鶏の旨みをたっぷり詰め込んだ濃厚な鶏白湯スープに、別添「バター状ブロック」の まろやかなコクと風味が加わる贅沢で濃厚な一杯となっているそうです。

DSCN4368_00006
 このシリーズのコンセプトである「最後の一滴まで余すことな く飲み干さずにはいられない」は、果たしてシカーリと引き継がれているのでしょうか。 

◆アピールポイント◆

 「濃厚な鶏白湯スープとバター状ブロックで本格感を追求!ワンランク上のカップめん!」だそうです。

DSCN4366_00005
DSCN4419_00018
カップの種別:【定番(一般)】【新発売】

添付物は、スープ(液体:後入れ)、バター状ブロックです。

DSCN4370_00007
 は、「適度に歯切れの良い滑らかな丸刃のめん」だそうです。

DSCN4401_00010
  麺の形状は、幅広に近いややうねりを伴う中太フライ麺です。

  廉価版カップの麺と同じかと思いきや、いえいえなかなかどうして、「飲み干す一杯」シリーズはコンプしているので、一目見ただけで、麺質の違いが判ります。

DSCN4404_00011
  ひと口啜ってみると、弾力をと強いコシを兼ね備えており、厳密に同じかどうか判らぬまでも、例えば「一度は食べたい名店の味」などの監修ものに採用されている麺と変わらぬクオリティを発揮してました。

DSCN4406_00012
スープは、「厳選した数種類のチキン原料を使用し、ガーリックや胡椒でアクセントを付けた鶏白湯スープ。後入れのバター状ブロックを加えることで、後引くコクをしっかり感じることのできるまろやかな一杯に仕上げた」とのことです。

〇 粉末スープ(既充填)

DSCN4374_00008
〇 液体スープ(後入れ)

DSCN4364_00004
DSCN4408_00013
 飲み干す一杯の名に恥じぬ特濃な鶏白湯スープとなっています。

 鶏クッサーはニンニクやスパイスが効いているために、それほど匂いはありません。

DSCN4409_00014
DSCN4425_00021
 ただ、特濃はいいんですが、鶏白湯+バターというのが、クリーミーさとマッタリ感で鶏よりもバターの風味が上回ってしまい、純粋濃厚な鶏白湯を求めているとしたら、ちょいと肩透かしを食っちゃうかもしれません。

 それでも、この両者の合体は、珍しいし、美味しくいただけまし、麺との馴染みもよかったです。

 あっ、冷めたスープは、ほぼミルクっぽい味が支配っしちゃっていて、鶏は飛び去った後でした(^-^;

DSCN4424_00020
 は、「程良く味付けした鶏肉そぼろ、玉ねぎ、ねぎを加えて仕上げた」そうです。

〇 かやく(既充填)

DSCN4377_00009
DSCN4413_00015
〇 バター状ブロック

DSC_9758_00001
DSCN4416_00016
 そうでなくても貧弱な具なのに、バター状のキューブが加わったために、274円(税込)のカップとしては、具の貧弱さが目立ちます。

 「飲み干す一杯」自体、具はアリバイレベルで、スープに注力するシリーズスタイルなので、その点、この高級「飲み干す一杯」も、麺とスープはしっかりと完成度の高いものでした。

 シャキっとした玉ねぎもいい感じだけど、いかんせん少なすぎ…。

DSCN4422_00019
◆商品データ◆

 発    元:エースコック㈱

 シリーズ名:タテロング 飲み干す一杯

 商 品 名:特まろ鶏白湯麺

 販売地域:全国

 発売年月日:令和4年9月26日(月)

 購入年月日:令和4年9月27日(火)

 試食年月日:令和4年9月28日(水)

 購入場所:NewDays大宮

 定  価:254円(税抜)

 購入価格:274円(税込)

◆商品の評価◆  (×5段階評価  標準は×2) 

 麺   ★★★   麺種:フライ  太さ:中太  湯戻し時間:3分

スープ  ★★★   ベース:その他

 具   ★★

総 合  ★★★   ※ 販売価格に応じた評価の調整を行うことがあります。

 鶏白湯とバター風味を合体させた特濃なスープでした。

 商品名を見ただけでは、バター状キューブの存在は判らないような表記で、私宵待草子も、食べる段階で初めて気づいたくらいです。

 鶏白湯の存在はしっかりと感じられますが、この乳臭い味との合体は「好みではない」と思う人もいるのではないでしょうか。

 でもね、こーゆースープだと思っちゃえば、これはこれで美味しく感じちゃいます。

 そんな意味で、特濃を乳製品で高めるという、ちょっと「奥の手」を使ったこの一杯、なかなかなアイディアものでした。

◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:93g(うち麺量70g)  必要湯量:440ml

 エネルギー:★★     412kcal(うち麺・かやく309kcal、スープ103kcal

 食塩相当量:★★★   5.8g(うち麺・かやく1.8g、スープ4.0g