(前ブログの続きから)

 この日(4月10日)から始めた「関東三十六不動霊場巡り」。

 その1番目に、さいたま市の岩槻区にある「光岩山釈迦院岩槻大師彌勒密寺」で発願し、加須市の「玉嶹山 不動院 總願寺」で参拝し、その帰り路でのこと。

 凄い人だかりだなぁと思ったら、あ~た、そのテレ東で放映している「オモウマい店」で、よ~く取材されていた「味の店イサム」が見えました(^^

IMG11051_00013
 「イサム」は軽くスルーして、アタシたちがむかったのはここ!

 加須とか羽生って言ったら、ラメーンよりもうどんでしょ?

 アハハ、目の前にね、ラデブ(ラーメンデータベース)羽生市№1のラメーン屋があるんだけど、迷わずここへは行っちゃった(^^

IMG11083_HDR_00026
 久しぶりのうどんだわ~(^^

 今日は、陽気もいいので、冷たいうどん行っちゃおうかな。

IMG11053_00014
 埼玉県北は、昔から小麦の栽培が盛んで、うどんを食べる文化が色濃く根付いてるんですよね。

◆店舗データ◆

  店 舗 名:手打ちうどん専門店 清水や

  住   所:羽生市下新郷711

  電話番号:048(562)4328

  営業時間:11:0014:00

  定 休 日:月曜日

  券 売 機:無

  割 り 箸:有

◆注文商品◆

  注文商品:肉うどん(豚 大盛 750円)、天ぷら(かき揚げ 120円)

  支払総額:1,540

  入店年月日:令和4年4月10日(日)

IMG11059_00015
  人 気 度:総合順位:(全国)-位 (都道府県)-位 (市町村)-位

       2022年4月7日17現在 うどんデータベースの順位

◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

     ★★★★

 太めの「不揃いな林檎たち」ならぬ「不揃いな太さ」で手打ち感満載ですが、これがね、食べてみるとツルツルのモチモチした食感。

 あっ、そうそう、このうどん、太すぎず細すぎずの「いい」加減で、シカーリとコシがあります。

 これぞ、埼玉県北の地粉を使った武蔵野うどんってところでしょうか。

しっかり手打ちの美味しそうな麺ですが、白くて少し細めで香りはあまり感じません。

IMG11069_00021
     ★★★

 醤油感が前面に出た濃い味わいの汁です。

 汁には、豚肉に椎茸、ネギが入ってます。

 ここら辺のつけうどんの具としては標準的な具の構成です。

 塩気が強い中にも、もちろん節系の出汁は効いて、甘みもしっかりと加わっており、なんとも田舎っぽい味わいが、この麺に合うんです。

IMG11062_00017
     ★★★★

野菜のかき揚げです。

衣が薄くサクサクした食感が、妙に歯に心地よいです。

ですが、汁につけるとしっとりとして具材本来の味わいがうどんと相まっていい感じ!

IMG11063_00018
IMG11065_00019
総 合   ★★★

 久しぶりの武蔵野うどん!

 それも、不動明王を祀る仏閣を2ヶ寺も周った後だったので、そりゃあ、気持ちよく食べられましたわ(^^

 霊験(れいげん)あらたか…かな。

 

 つやつやした麺肌のうどんが到着です。

 キリっと冷たく冷やされてます。

IMG11060_00016
 ねぎは別皿で提供されます。

IMG11067_00020
 こんな感じでドップリ浸けていただきましょう。

IMG11071_00022
 サクッとしたかき揚げを楽しんだ後は、ヤパーシ、汁にドプーリ浸けていただきます。

 これはこれで、美味しいんですよね。

IMG11075_00023
 うどんとともに浸しても、いただいてみましょう。

 うどんって、蕎麦みたいにあまり食べ方にこだわらなくてもいいので、自分のスタイルに合った食べ方ができるところがいい!

IMG11077_00024
 こんな感じで啜り終えました(^^

 蕎麦湯ならぬ饂飩湯ってないんですね。

IMG11082_00025
 久しぶりのうどん。

 「関東三十六不動霊場巡り」は関東一円に広がっているので、参拝のついでに、いろんなところで美味しいものが食べられるってところがいいですね。