おはようございます。宵待草子です。

 昨日は、川越の元部下の所へ挨拶に行った。
 途中、ニュータンタンメンを食べようと店に行くも、急な店休日となっていたため、やむなく、その横の「麺処直久」へ。

IMG13330
 そして夜。
 高崎まで足を延ばし、S女史と二人で飲んだ。
 やきとり専門店で高級な焼き鳥をしばし楽しみ、二次会でちょっと飲んで、お開き。
 ご機嫌でお帰りなさいした。

 閑話休題。 

  この日(4月18日)は、朝食を抜いて昼に備えた。

なぜかって?

そりゃあ、今季最後の「チゲ味噌ラーメン」を食べるためさ(^^

この日を逃したら、秋までお預けとなっちゃうから…。

  アハハ、「チゲ味噌ラーメン」がある時には、もうね、1シーズンに10回近く食べちゃうんです。

  実際、本社の企画担当の課長とお会いする時があって、「チゲ味噌のファンです」と述べたところ、ファンが多いこと、発売が遅れると問い合わせが来ることetc

  うん、なんか判る気がします。

  だってさ、美味しいんだもん(^^

1060007237_0000021217_1_00001
  は~い、アタシを待っていてくれました。

slide_img09_00021
 ここの冬季限定の「チゲ味噌ラーメン」は、とにかく美味しいんです。
 毎年、発売日を待ってるようなもの。

◆店舗データ◆

  店 舗 名:熱烈中華食堂日高屋  さいたま新都心店

  所 在 地:いたま市中央区新都心10けやき広場1F

  電話番号:048(600)2510

    営業形態:チェーン

  営業時間:10:30~ラストオーダー23:0023:30閉店(日・祝日は22:30閉店)~(L.O

  定 休 日:無休

  券 売 機:無

  割 り 箸:無

  人 気 度:総合順位:(全国)16,001  (埼玉県)1,404  (さいたま市中央区)24

       2022年5月19日現在 ラーメンデータベースの順位

◆注文商品◆  ×5段階評価 標準は×2)

  注文商品:チゲ味噌ラーメン(640円)、細切りネギ(120円)、温泉玉子(60円)

  支払総額:840

  入店年月日:令和4年4月18日(月)

ニラ、白菜キムチ、玉ねぎと、オリジナルの味噌と辛さを効かせた味噌を使用しており、 炒めた具材とスープと合わせることでコクのあるスープに甘さと辛さが加わり、 更に溶き卵を入れたことで味がまろやかに!! 」なっています。

IMG00710_00002
         ★★★★   加水率:高   太さ:平打ち中太

 平打ち弱ウェ―ビー麺。チェーン店としてはこれはいいですね。

毎度のことながら、大盛りを注文しなかったのが悔やまれるわ。

高加水麺で、味噌ラーメンにも使われているタイプ。

歯応えとシコシコ感が強いめんで、味噌系、タンメン系スープとの相性がいいです。

最近はどこもかしこも低加水麺が主流なので、ちょっと新鮮味があったりしてね。

IMG00720_00009
スープ   ★★★★★   ベース:味噌  コッテリ感:普~濃

いつものコクのあるチゲ味噌スープです。

白菜、にら、玉ねぎなどの野菜をシカーリと炒めてあり、そこへ白菜キムチに加え、コチュジャンのコクのある円やかな辛さ、その他の辛味成分が、炒め感を伴う野菜を炒めたエキスを纏って味に深みを出しています。

IMG00723_00010
     ★★★★★

 白菜キムチ、卵、豚肉、にら、たまねぎが中心です。

まさにチゲ鍋の味を再現したという感じ。

辛めのスープにシャキった白菜の歯応えと甘み、卵の優しさが心底美味しい!ホント、うんまいわ~。

オヌヌメは、細切りねぎと温泉卵トッピー!

IMG00715_00005
お薦め度    ★★★★★

 チゲ味噌+細切りネギ、温泉卵トッピー。これが私の冬の風物詩と化してます。

安くて美味しいんですよ。コスパもいいし…。

本社の役員から聞いた話では、やはり根強いファンがいるようで、通年販売の希望も寄せられているとのこと。

私宵待草子的にも、是非、通年販売に変更して欲しいものです。私宵待草子、半期で10回は食べますから。

 

多くのファンを持つ、冬の大人気メニュー「チゲ味噌ラーメン」。

72df0b41-53e5-47c5-a87d-55346a416b8d
 実物はこんな感じ。

 白菜は、生とキムチ漬けの2種が入っています。

 シャキッとしたねぎ。これを食べるとシャキッとします(^-^;

IMG07387_00015
 細切りねぎを載せて、本日の最終形の出来上がり。

IMG07388_00016
  山盛りねぎが食欲中枢を刺激します。

  そして、温泉卵で追い玉!

IMG00713_00004
  店舗では、唐辛子系は常設してないので、磯五郎の「和山椒」を持参。

IMG00712_00003
  こんな感じで2袋を投入した。

IMG00716_00006
  欲を言えば、もうちょっと生っぽい方がいいんだけど…。

IMG00717_00007
  ねぎが投入後、スープの中に沈没させておいて、中盤に差し掛かった頃、サルベージすると、シャキしん(シャキッとしたしんなり)して食べごろになります(^^

IMG00725_00011
  このスープにピターシの麺です。

  若干柔らかく茹で上げられてますが、これがジャストフィットさ。

IMG00719_00008
 卵の甘みとチゲ味噌スープの辛さが、ホント相性いいんです。

 まろやかな辛さとコッテリ感がとてもいい!

 そして、大量の野菜が摂取できます。

IMG00728_00012
  わざわざ追い玉するのは、辛さの中に旨味とまろやかさも捨てがたいから…。

IMG00732_00013
  肉厚かつシャキッた白菜の食感が心地いい。

IMG07409_00018
  これは、タンメンとともに、ラメーンの完全食だ!

IMG00734_00014
 おっと、白菜キムチばかりでなく、固まりかけた白身もいいよぉ~。

IMG07404_00017
 ニラ玉も楽しめます(^^

IMG07411_00019
 旨味が溶け込んだこのスープ、飲み干したい衝動に駆られます。

IMG07412_00020
 これ、次回は飯追いしてみようかな。いや、いつも具が残っちゃうんで…。、

うん、大盛も捨てがたいなぁ(^^

 ずっと、楽しみ尽くした~い(^^