本日紹介するお酒は、これ。

DSCN1384_00002
  マイホームグランドである、長野県飯田市。

  ここに出張に行ったときは、必ずここ喜久水酒造㈱に顔を出し、お酒を買うのがおいらの慣習となっている。

  この日(1025日)も、運転手付きで、秘書担当係長を随行させての、一泊二日の伊那、飯田、諏訪出張。

  もちろん、喜久水への顔を出し、社長や会長とあいさつを交わし、併設されている売店「翠嶂館(すいしょうかん)」へと向かう。

  今回はこんな酒を買いました。

  その名は「純米原酒  生詰  ひやおろし」。

  「ひやおろし」、それは、日本酒を造る段階で、二度目の「火入れ」を行わず卸される日本酒。

冬に絞った日本酒は、春以降に保存する際に、「火入れ」を一度行って貯蔵され、秋になり、外の気温と、貯蔵庫の温度とが同じくらいになる頃に出てくる日本酒のことで、日本酒の温度で常温の意味を指す「冷や」の状態で「卸す」ことから、そう呼ばれています。

簡単にいえば、「火入れを一度行ってから貯蔵したお酒」ってところでしょうか。

その特徴は、程よく熟成されているってことかな。

絞りたての粗さが取れ、味わいにまろやかな丸みが出て、味わい深さとを楽しめるんですね。

◆メーカーデータ◆

  醸 造 元:喜久水酒造㈱

 住   所:飯田市鼎切石4293

◆商品データ◆

  商 品 名:喜久水  純米原酒【生詰】ひやおろし

  分   類:純米原酒生詰

  購入価格:1,380円(税込)

  購 入 先:喜久水酒造㈱  翠嶂館

  購入年月日:令和3年1025日(月)

  試飲年月日:令和4年2月10日~2月11

  アルコール度数:16

  日本酒度:+2

  酸   度:1.8

  精白歩合:65

  容  量:720ml

  原 材 料:米(国産)、米こうじ(国産米)

  原 料 米:南信州産たかね錦 100%使用

◆セールスポイント◆

 「南信州で収穫された幻の酒米「たかね錦」を全量使用し丁寧に醸し上げ、暑い夏を涼しい酒蔵内でじっくりと熟成させ、ひと夏寝かせ、熟成された豊かな香りと味わい。出荷数量2,000本限定の特別な酒」だそうです。

DSCN1383_00001
DSCN1387_00003
  ちょっとした色づきが、熟成感を感じさせる。

DSCN1390_00004
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

お薦め度  ★★

 濃醇辛口な飲み口です。

そんな中にも辛みが勝り、スッキリした味わいを形成しつつ、ひと夏寝かせた「ひやおろし」らしい奥深い味わいを醸し出してます。

純米原酒の生詰めと言うことで、余韻からフレッシュさをしっかりと感じ取ることが出来ます。酔余の口中のベタ付きも少なく、独特の辛口故の引っ掛かりがあるが、飲み飽きしないお酒です。

  開封後は、急激にまろやかに変わっていきます。二日目の方が、断然、飲みやすかったです。

 

  ひやおろし=ピンク…。

  色のイメージが一致しないなぁ。もうちょっと秋色の方がお似合いなのに…。

DSCN1402_00010
  こんなところから始めます。

DSCN1403_00011
  練り物と根菜類をおでんのように煮上げました。

DSCN1392_00005
  大きめのするめいかがあったのですが、お造りにしました。

DSCN1394_00006
  厚みがあって硬い反面、噛み締めるとほのかな甘みが感じられます。

DSCN1407_00012
  マカロニサラダも添えて…。

DSCN1396_00007
  今年の初物。スナップエンドウ。

  これも菜花とは別に春を感じさせる。

DSCN1399_00009
  大粒のとちおとめをデザートに。

  そろそろ酸っぱくなってくる頃かな。

DSCN1398_00008
  そして翌日。

DSCN1549_00021
  こんなところから始まった。

DSCN1553_00022
  お酒は、前日に比して、遥かにまろやかになった。

  ええ飲みやすいデス。

  劣化と言えばそれまでなんですけどね(^-^;

  今日は豚しゃぶです。

DSCN1535_00013
  野菜はねぎとキャベツだけ。

  これらを豚肉に巻いていただきましょう。

DSCN1537_00014
  綺麗な色をした豚バラです。

DSCN1538_00015
  こんな感じで泳がして…。

DSCN1561_00024
  野菜を巻いていただきます。

DSCN1558_00023
  びんちょう鮪の叩き。

DSCN1541_00016
  ちょいと炙りを入れました。

  まるで鴨肉ロースみたい(^^

DSCN1547_00020
  自家製牡蠣のオリーブ漬け。

DSCN1543_00017
  株を一夜漬けに。

DSCN1544_00018
  今回は一番お気に入りのスカイベリーで。

DSCN1545_00019
  わが第二の故郷、飯田市のお酒。

  このお酒も、鑑評会などでの入賞履歴が長野県でもトップクラス。

  どこへ出しても恥ずかしくない酒です。