おはようございます。酔待童子です。

 昨日は、信州松本のとあるホテルでおめざ。
 松本へ泊ったら、「ほぼ」朝食は、イイダヤ軒の立ち食いと決めている
 ここなんか、40年以上慣れ親しんだ味わい。
 ねぎフリーなので、そばを食べてるのかネギを食べてるのか判らないくらいネギを盛っていただく。

IMG12879
 安曇野の私の実家の母を見舞い、帰途へ。
 途中、横道に反れて、群馬県は太田市へ。
 太田市と言えば焼そばが有名だけど、これも名物さ。
 「なすの蒲焼き重」。
IMG12917_HDR
 まるで鰻みたいでしょ?
 ケンミンショーで、あのみのもんたが絶賛してました。
 何とも美味しいんですよ。

 閑話休題。 

 前ブログからの続きです。

 ちょっとセレブチックに、横浜ベイのランチクルーズを楽しんだ我ら御一行様。

 お昼にガッツリ飲んだ後は、夜まで時間潰しさ。

 夜の目的は、「しらす三昧」で酒を飲むこと。

 それまでの間、江ノ島にでも足を延ばしてみようじゃありませぬか(#^.^#)

IMG01946_00018
 江ノ島駅で、乗ってきた江ノ電を見送り、メインストリートへと足を運びます。

IMG01947_HDR_00019
 メインストリートの食事できる店のどこを見ても「生しらすあります。」の表示がない。

 どうやら、不漁のようだ…。

 江ノ島へ渡る途中で一休み。

 何かと思うと、ランチクルーズで飲みきれなかった「紹興酒」を持ち帰ってきたみたいで、途中で、紙コップと氷を購入し、こんなところで乾杯となったのでした。

1652531508718_00002
 ったく、どーしようもねぇ、ノンベェばかりでしょ。

 幹事が、おいらの課長時代の部下で、酒好きばかりを集めてくれたみたいです。

 こんなアホやってるけど、我社が誇る最強頭脳軍団だと思ってます(^^

1652531504675_00001
 5月だと言うのに、海を楽しむ人で、ワンサカ!

IMG01948_00020
 それじゃあ、一寸、時間潰しに江ノ島へ行ってみましょうか。

IMG01951_00021
 現課長と、おいらの娘と同い歳の係長。

 掛ける1なんだけどね(^^;

1652531511739_00003
 江島神社へ、ちょいと参拝しようじゃありませんか。

IMG01952_HDR_00022
 急な階段を昇って行きます。

IMG01953_HDR_00023
 こいつら(現課長、K係長)の写真が多いな(^^;

1652531516360_00004
 ったく、油断も隙も無いわ。

 誰かが何らかの写真を撮ってるんだよね。

1652531521042_00005
 小一時間の時間潰しが終わったら、腰越漁港へと向かいましょう。

1652531536470_00006
 ハイ、ここです。

 しらすを食べるんだったら、おいら酔待童子は、ここを選びます。

 もうかれこれ、6~7回は訪店しています。

sirasuya1_00048
 ウヒョウ~!

 乾杯です。

 今日、3回目の乾杯!

IMG01959_HDR_00025
 しらす料理の豊富なこと。

 よ~し、全部食べてやるわ~!

 と言った人は居なかった…。

IMG01957_00024
◆店舗データ◆

 店 舗 名:しらす&腰越の地魚料理 しらすや

 所 在 地:鎌倉市腰越2-1013

 電話番号:0467(33)0363

 営業時間:11:0022:00

 定 休 日:木曜日

◆注文商品◆

 注文商品:〇 釜揚げしらす(おろし入り 770円)、刺身盛り合わせ、たたみいわし(880円)、しらすサラダ(1,045円)、しらすかき揚げ(2枚 880円)、アカモクのたたき

 入店年月日:令和3年5月14日(土)

網元「勘浜水産」直営のしらす料理専門店。獲れ立て湘南しらすの他、腰越の海で獲れたての地魚が賞味できる」とのことです。

〇 釜揚げしらす(おろし入り)

IMG01960_00026
〇 たたみいわし

IMG01963_00027
〇 しらすサラダ
IMG01970_00030
〇 しらすかき揚げ

IMG01971_00031
〇 刺身盛合せ
IMG01984_00039
〇 アカモクのたたき

IMG01978_00035
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

食  材   ★★

お薦め度   ★★

 しらすを食べるんなら、いつもここに入ります。

 生しらすは不漁につき食べることはできなかったじけど、釜揚げしらす、しらすのかき揚げなど、しらす料理を思う存分堪能できます。

 そしていつもの定番。しらすオムレツ、刺身盛合せ、しらす酒。

しらす酒、これも良かったねぇ。たたみいわしを焼いて、熱燗の酒に中にいれた、いわゆる岩魚の骨酒やふぐのヒレ酒の類です。

香ばしさが出ていてこれはよかった!

 刺身は、7,000円。8種類。判ったのは、めじな、黒鯛、太刀魚、水蛸、鰆、いなだ、鮃、さざえ。

完全な地魚です。

刺盛りというと、冷凍鮪(まぐろ)やハマチなど、どこでも食べられる刺身が出てくるパターンが多いのですが、ここは、すべて地魚です。

 季節ごとに訪れれば、旬の魚が食べられそうです。また、行っちゃおう。

 

 久しぶりのたたみいわし。

 しらすに近い大きさの鰯を薄く干したもので、軽く炙って食べます。

IMG01965_00028
 軽い塩味と焼いた香ばしさが絶妙でね、日本酒の友としては絶品。

 写真撮り忘れちゃったけど、これを熱燗の中に入れていただくと、これも美味しいんですよ。

IMG01966_00029
 しらすのかき揚げは、ふんだんに使われているであろうしらすが、ほぼ行方不明。

 と言うか、天衣の色に同化しちゃってます。

IMG01974_00032
 釜上げしらすを用いたしらすサラダ。

IMG01976_00034
 サラダにもしっかりと釜揚げされたしらすがふんだんに…(#^.^#)

IMG01975_00033
 毎回頼んじゃう「しらすオムレツ」。

IMG01979_00036
 これもしらすがタプーリなのよ。

IMG01980_00037
 しらすが、卵にまみれて、さらに優しい味に変身します。

IMG01983_00038
 おっ、主役の登場!

IMG01987_HDR_00041
 めじな、黒鯛、太刀魚、水蛸、鰆、いなだ、鮃、さざえの全8種。

 ぜ~んぶ地魚です。

IMG01986_00040
 1種1片づつしか分け前がありません。

IMG01992_00043
 久しぶりの黒鯛!

IMG01989_00042
 〆は、モズクじゃないよ、雌株でもないよ~。

 アカモクという海草をたたいたもの。

 この粘りが、なんか日本酒ガブ飲みの罪悪感を無くしてくれる。

IMG01997_00045
 いやぁ、総勢8人による、日帰り小トリップ!

 帰りは、Gカー車端の12人部分を貸し切って、ドンチャンやっちゃいました。

1652531544972_00007
 まだ、座席の向き合わせはできないご時世でしたが、グリーンアテンダントさんにも断って、特別に許してもらいました。

 我々だけの空間にしちゃったんだもん(^^

1652531551708_00008
 М補佐が、毎度、何かを買い込んでくるんだよな。

 今回は、苺大福なり!

IMG02002_00046
 そりゃあ高いんだもん、美味しかったですよ~。

IMG02005_HDR_00047
 楽しかったひと時、いえ、ふた時も、あっという間に過ぎてしまい、大宮駅にて解散となりました。

1652531564560_00009
 一方、我が家では、まだまだ酒飲みが続きます。

DSCN7481_00010
 こんなところから続けます。

DSCN7483_00011
 さすがに食べる方は、きついので、軽いものにしてもらった。

 オニオンスライスとか…、

DSCN7487_00012
 味付けしたこんにゃく玉とか、

DSCN7488_00013
 高野豆腐と蕗の煮〆や、

DSCN7493_00015
 わさび漬けなどで、軽くサントリーの「翠」をトニックウォーターで割ってジントニックにしていただく。

DSCN7493_00015
 おっと、お土産ね。

 実は、生しらすよりもこっちの釜揚げの方が好きなんですわ(#^.^#)

DSCN7923_00016
 これは、ちりめん山椒。

 М補佐が、プレゼントしてくれました(#^.^#)

DSCN7927_00017
 そんなこんなで気の合った元部下たちとの小旅行、引退(退職)を控えた我が身には、いい思い出となりました。

 皆さんありがとう!(終わり)