おはようございます。酔待童子です。

 昨日は、わが愛車「クラウン3500ハイブリッド」のバッテリーの調子が悪く警告灯が付いちゃったので、ディーラー点検に出した。
 結果、修理費が45万円。
 もう14年経過した車だし、整備士の方も、この年式の車にこれだけの金額を加えてバッテリーを変えた人は居ないとのこと。
 だから、車を買い替えることにした。
 もう車種は決めてある。
 それは「レクサスLC500」。
 5,000ccの2ドアクーペなり。
 時代に抗う大排気量のガソリン車。
 これが我がカーライフの最後の車となる。
 でも、とてもおいそれと変える金額ではない。
 ましてやプー太郎の身なので(/_;)
 今日は、某税理士法人へ行き、午前中は検収、午後は研究会に出席、そして途中から、元勤務先の支店で後援会と、久しぶりに行事が続く。
 アハハ、ぜ~んぶ無償奉仕さ(^-^;

 閑話休題。話は現職時代のこと。 

  (武漢)コロナ禍も落ち着き、やっと堂々と呑みに行けるご時世になりました。。

  もしかすると、我が社の本社で一番飲み歩いてたのが、きっとおいらだったと思う。

  ええ、きちんと国や県の基準を順守してという枕詞付きですがね。

  まっ、旅行にはガンガン、越県や実家のある飯田市のスナックには頻繁に行ってたけどね。

  それでも訪店日(4月13日)、記事を書いている日(6月10日)現在で、り患しなかったから、まぁ、ヨシとしましょう。

今回のメンバーは、♂×2、♀×2

 ヤローは、筆頭課の課長、女性は妙齢の女性。飲むし、唄うし、旅るし、いつも一緒…。って言ったって、たまーにだけどね(^_-)

 ここだけの話だけど、お二方とも×1(バツイチ)。もう、結婚しないのかな?

 奇麗だしスタイルもいいし艶っぽいのに、付き合ってる人がいないので、いつもヒマ…らしい(^-^;

 おいらが居るからほかの男に目がいかないのかな…なんて自画自賛してみるヒマもなく、  ここへと足を運んだ。

IMG06455_HDR
 さっ、飲み始めましょう。

IMG00004
  いつも呑み放題なので、店に迷惑をかけないように、美味しい日本酒を持ち込んでいるのだ。

◆店舗データ◆

 店 舗 名:和食酒処 よね本

 所 在 地:さいたま市大宮区宮町1-34-3 大宮M1ビル3階

 電話番号:048(778)7922

 営業時間:(平日)17:0023:30、(土・日)16:0022:30

 定 休 日:月・日曜日(月曜が祝日の場合は日曜営業の月曜休日)

◆注文商品◆

 注文商品:★四季を味わうコース★【全6品】6,500(税込、飲み放題込)

 総支払額:26,000円(税込)

 入店年月日:令和4年4月13日(水)

《コースメニュー》

 季節の前菜、酢の物、旬のお造り盛合せ、本日の焼き物、四季の揚げ物盛り合わせ、御飯

〇 春筍とわかめ菜花のお吸い物

IMG00037_00001
〇 真牡蠣

IMG00040_00003
〇 蛍烏賊の酢味噌和え
IMG00043_00006
〇 お造り

IMG00046_00008
○ 白魚の柳川鍋
IMG00048_00010
〇 天茶(桜海老の天ぷら)

IMG00068_00019
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

食  材   ★★★★★

お薦め度   ★★★★

 毎度おなじみのお任せコースですが、その季節の旬を中心に、お酒にあった料理を出してくれるので、お気に入りのコースなんです。

迷う必要ないしね。この日はお任せでしたが、事前にお願いしておくと、「尽くし」も楽しめます。

コースとなっているので、先附、前菜、お造り、焼物、揚げ物。ご飯とひと通り楽しめます。毎回メニューが変わるので、決して飽きることなくいただけます。

 そして、きちんと旬のものが織り込められ、四季それぞれの食材が楽しめます。

 今回は、春っぽく、蛍烏賊、筍、白魚などが大集合!

 

  春筍をメインとしたお吸い物。

  筍、菜花(静岡)春わかめなど、春満載!

IMG00038_00002
  牡蛎は、今季最後かな?

  今は、殺菌された海域の牡蠣は年中食べられるんだけどね。

  にしても大きくて、ウマソ!

IMG00041_00004
  薬味には、分葱、もみじおろし、瀬戸内レモン?それともだいだい?

  記事にするまでに2ヶ月も空いちゃったんで、忘れちゃったんだわ(^-^;

IMG00042_00005
  蛍烏賊の酢味噌和えです。

  春の野草がふんだんに使われています。

  浅葱(あさつき)、かんぞう、春掘り長芋、小豆菜、行者大蒜、接骨木(にわとこ)、蕗の薹(ふきのとう)、蓬(よもぎ)など、色とりどりです。

  苦み走って、春満載!

IMG00044_00007
  お造りは5点盛り。

  水蛸、鰆、螺、帆立、縞鯵の5種

IMG00047_00009
  春といったら白魚(しらうお)、白魚といったら柳川鍋!

IMG00050_00011
  いつもの水蛸です。

  いつも思うのですが、水蛸の一番美味しい部分って、じつは、吸盤なんじゃないかと思うことがある…。

IMG00055_HDR_00012
  「魚」へんに「春」で鰆(さわら)。

  この季節が旬なんでしょうね。

IMG00057_00013
  磯臭さを楽しみたければ、やはり螺貝でしょう。

  好きだけど、ご飯とは食べたくない…。

IMG00064_HDR_00016
  帆立は小ぶりで下が、冷凍ではなく生です。

  ちょいとしんなりしだしてて、食べ頃。

IMG00062_00015
  縞鯵といえば、、ほぼこの店でしか食べられないくらいの高級魚。

IMG00064_HDR_00016
  フワトロな卵とじの中で白魚が泳いでます。

  春の風物詩ですね(^^)/

IMG00065_00017
  こんな感じで、取り分けていただきます。

IMG00067_00018
  〆は天茶。

  ご飯の上に天ぷらを載せて、出汁でいただくご飯。

  この油っ気と、出汁に馴染んだ衣が凄くいいんです。

IMG00070_00020
  さっ、たべおわったら、勿論、🎤でしょ?

 4人で唄いまくりましたわ(^^

 これが我が人生の楽しみなり。

 ええ、ご機嫌で、Gカーに乗って帰りましたよ。