本日の逸品は、これ。

DSC_4667_00004

  この帆立、普通の養殖帆立じゃないんです。

  「地まき」とあるように、帆立の稚貝をばら撒いて3年間、好き勝手のさばらせておいた、いわば放蕩息子ならぬ、放蕩帆立。

  野生に近い状態での養殖のため、甘みと歯応えがとてもいいんです。

◆店舗データ◆

  販 売 者:奥村商店

  同 住所:むつ市奥内字中道12-1

  電話番号:0175(26)2668

◆注文商品◆

  購入商品(冷蔵)陸奥湾養殖活ほたて3kg(18-21)

  購入年月日:令和元年7月20日(土)

  試食年月日:令和元年7月20日(土)~21日(日)

◆商品説明◆

   下北半島の弓状海岸、寒立馬でしられている尻屋崎半島周辺の津軽海峡の外海の浜で地撒き(じまき)養殖された帆立貝。稚貝を放流し、天然に近い状態で数年間自由に泳ぎまわって成長した活帆立。放し飼いの野生に近い帆立。陸奥湾内産の養殖は、「トロっとしたやわらかい貝柱」が特徴ですが、石持産活帆立は、比較的「筋肉質な貝柱」で味は甘いのが特徴」だそうです。

DSC_4662_00001
DSC_4665_00003

◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

お薦め度  ★★

  貝柱の縦割れするような活帆立独特の歯応えは素晴らしいです。いかにも筋肉って感じ。そもそも、活帆立は甘みや旨みに乏しく、死後硬直が取れてトロッとしてくると、俄然旨みを増すのですが、この放蕩帆立は、活状態でもしっかりと旨みや甘みが感じられました。季節限定のこの帆立、来年も確実に購入するだろうな。

◆その他の情報◆

内 容 量:3㎏

原材料産地名:日本

原 材 料:帆立貝

 

  気持ちよさそう?に口を開けてますねぇ(^^

DSC_4664_00002
  今まで気楽に生きてきた分、おいらがきちんと最期を看取ってやるぜよ!

  まずは専用のヘラで貝柱を取りだして…。

  そもそも貝殻の直径が20㎝近いので、貝柱もでっけぇわ。

DSC_4669_00005

  じゃ~ん。2枚おろしと3枚おろしで味わった。

  酒は、「秘幻(ひげん) 純米大吟醸」を添えたよ~(^^

DSC_4670_00006

  3枚おろしは程よい厚さで食べ心地がいい。

DSC_4673_00007

  贅沢切りな2枚おろし。

  頬張るって感じが、野生に近い帆立にお似合いさ(^^

  こっちの食べ方のが美味しく感じたな。

DSC_4676_00008

  いかにも筋肉モリモリですって自慢してる…。

DSC_4678_00009

  あまりの美味しさに、帆立4枚じゃ物足りないので、さらに4枚追加(^^

DSC_4679_00010

  やはり厚切りが美味い!

DSC_4681_00011

  おっと、3枚おろしも忘れちゃあいないぜ。

DSC_4683_00012

  醤油焼きも当然食べましたよ。

DSC_4684_00013

  筋肉隆々、最高の帆立です。

  旨みもしっかりと浸み出してます。

DSC_4685_00014

  やはりこれも3枚食べた。

  もう帆立で腹いっぱいだわ。

DSC_4687_00015

  とどめは、貝焼き味噌。

  青森県の郷土料理。味噌は少なめで、卵と和えて煮たもの。

DSC_4690_00016

  こんなおつまみで飲んでると、あっという間に酒量がかさむ。

 こんな感じで2日間楽しめたよ。

  来年の7月には、また、取り寄せるぞ~。