おはようございます。宵待草子です。

 さぁ、新型コロナの待機期間も過ぎて、昨日から動き出したんだけど、ここ数日間、就寝について、1時間ちょっと経つと、目が覚めてしまうのです。
 だるいと言うのか、寝返りなど常に身体を動かしていないと
ジッとしていられない症状が…(-_-;
 だから、この症状が出たら、1時間程度眠くなるまで、起きていることにしている。
 今日は、某一部上場企業への挨拶回り。
 もちろん、非常勤顧問をやっているK氏の付き人として行くのですが、いずれ、株主総会の議決を経て、K氏と交代することになっている。

 閑話休題。 

 前ブログからの続きです。

 もう何度行ったかなぁ。栗林公園…。

 おいら一人だったら、まず、行かないけど、初訪の人が居るんだったらしょうないやん(^-^;

 結局ね、ポスト的には雲泥の差のある部下職員の為に、すべて行程をおいらが作ったんよ。

 そして、今回紹介するこの讃岐うどん店もね(^_-) 

IMG10104_HDR_00001
 「上原屋本店」。

 ここイイうどん屋ですよ~。

top1_00010
◆店舗データ◆

  店 舗 名:讃岐うどん 上原屋本店

  住   所:高松市栗林町1-18-8

  電話番号:087(831)6779

  営業時間:9:3015:30

  定 休 日:日曜日

  券 売 機:無

  割 り 箸:有

◆注文商品◆

  注文商品:かけうどん(300円)、かき揚げ(180円)

  支払総額:480

  入店年月日:令和4年3月28日(月)

 「オーソドックスな麺で自分であたためて食べる麺。セルフで温める讃岐ならではのスタイルが楽しめる」そうです。

IMG10106_00002
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

     ★★★★

 「うどんの命はコシ、このコシはうどん生地を何層にも折り返すことによって決まる。かけで一番美味しくなるように茹でるため、コシもありかつ喉越しの良さもある茹で加減を目指している」そうです。

うどん麺でいうところの「中~中細麺」ってところでしょうか。

強靭なコシと滑らかなツルみが一緒くたとなって、我が口中を楽しませてくれます。

しなやかなのに、ムチムチとしたコシと弾力とでも言えばいいんでしょうか。

そして、反抗的と思えるような噛み応えが素晴らしいうどんです。

IMG10117_00008
     ★★★★

 「毎日、早朝から仕込みを行って作るダシ。イリコからダシを取り、厳選した醤油を使い丁寧に作っている」そうです。。

透き通るような黄金色の汁。濁りは皆無で、イリコの香りが鼻腔をくすぐり、口中で際立ちます。

それほど醤油感はなく、優しい味わいですが、うどんとの絡みがいいです。

スッキリとした後味、飲み飽きない美味しい出汁でした。

     ★★★★

 玉ねぎを中心とした野菜中心のかき揚げです。

  もちろん、揚げ立てで、衣サクサク、中シットリの美味しいもの。

  吸汁性に富み、適度なバラけと、衣から染み出る油と汁のコラボが、とてもいい感じでした。

IMG10113_00006
総 合   ★★★★

 美味しいか不味いかと問われれば、もちの論、美味しいに決まってる。

  じゃあ、どこが美味しいだと言われると、とにかく美味しいんですと答えるしかない。

  中華麺のように、フレーバーに広がりがあるわけではないので、シンプルな麺と汁の美味さだけとなる。

  だから、美味しいとしか答えられないってのが正直なところ…かな。

 

 ねぎフリーなので、これでもかと入れちゃいました(^^

 実はね、トッピーなしでこのまま食べたかったんですけどね。

IMG10108_00003
 なんか、トッピーしないと悪いかなと思っちゃったんだ(^-^;

 ヤパーシ、初訪の店では、「かき揚げ」からだよね。

IMG10110_00004
 これが完成形です。

 どうです、美味しいでしょ。

IMG10112_00005
 素肌美人…、いえ美麺です。

IMG10115_00007
 イリコが効いた汁、美味しいんですけどね、でも、かき揚げから滲み出る油が溶け込むと、雑味のある旨みが増しました(^^

IMG10119_00009
 食べ終わったら、もちろん、梯子(はしご)麺しますよ。

 香川へきて、うどん1杯ってのは、讃岐うどんに失礼でしょ(^^♪(続く)。