本日のカップはこれ。

DSCN7538_00003
DSCN7609_00017
 「ニュータンタンメン」、サンヨーさんとの蜜月が続いてますねぇ。

デフォの「ニュータンタンメン」は、実はこれ、201911月にも発売され、もう5代続いています。

そこに、まぜそば.verが仲間に加わりました。

DSCN7541_00004
 世を挙げてのニンニクブーム。

勤めていた会社でも、若い女の子とニンニククッサーなラーメン屋にも喜んで付いてくるくらいだったもんね。

マスクの装着や在宅ワークの影響なんでしょうね。

とにかく、大手を振ってニンニクが食べられる…。

DSC_5549_00001
DSC_5596_00002
2021. 8.30元祖ニュータンタンメン本舗監修 タンタンメン

 このカップの元である「元祖ニュータンタンメン」、川崎のソウルフードたる地位を獲得してるんです。

 創業58(_;)

 昭和30年代末にあったって事かぁ。

 実は、おいら、昭和末期時代に、この手のタンタンメン、常食してたんだわ。

 そう、ヨッパー、しかもだいたい23時過ぎ…。

 いまで言うところの担々麺とは全く異なるタンタンさ。

 それは、長野県松本市の「鳥金」。

 あの味、いまでも覚えてるよ。胡麻油、かき玉、唐辛子末が特徴だったな。

◆アピールポイント◆

 「人気ラーメン店「元祖ニュータンタンメン本舗」のまぜそばメニュー「まぜタン」の味わいを再現した」そうです。

DSCN7544_00005
DSCN7611_00018
人 気 度:総合順位:(全国)2,542位(神奈川県)270位(川崎区)16

2022年8月10日現在 「元祖ニュータンタンメン本舗 本店京町店」
ラーメンデータベースの順位

カップの種別:【スポット(一般)】【新発売】

添付物は、タレ(液体)、かやく、ふりかけです。

DSCN7549_00007
 は、「独自製法により、もっちりとした食感でちぢれの少ないストレートの中太めん。濃厚なたれとのなじみもよく、生めん風の食感」だそうです。

DSCN7547_00006
 湯戻し3分、ストレートに近い太めのフライ麺です。

 「独自製法」を謳っており、今までにあまり出逢っていない麺で、「生麺風」の食感も伊達ではなく、その麺肌は、ツルみのあるモッチリ、シットリとしたもので、フライ麺に加水率という概念があるとしたら、加水率高めな麺となってます。

 麺を摘まみ上げると、たれの影響もあるのでしょうが、どしっとした重さが感じられることから、密度の高い麺であることが窺えます。

DSCN7601_00015
た れは、「ポークやチキンのうまみに、にんにくのうまみ、唐辛子の辛みを合わせた、にんにく、唐辛子の風味をきかせた豚ガラ塩味たれ」とのことです。

DSCN7550_00008
 味わい的には、温麺カップと同じ傾向にあります。

 豚鶏の旨みはそれほど強いわけでは無く、辛みとにんにくの風味がタレを支配してます。

DSCN7597_00013
 赤みがかったオイルは激辛風に見えますが、割には、それほど辛みが強いものではなく、唐辛子フレークがフォロー。

 それでもギリ大辛のレベル。

 そして主役は、辛味を上回るニンニクの存在感。

 かなり強いですよ~。

 ゴロっとしたタレは、粘度が高く、麺への纏わりつきが凄いです。

DSCN7598_00014
 は、「具材はかき卵、鶏肉そぼろ、ねぎの組み合わせ。唐辛子を使用した別添「ふりかけ」を添付」です。

○ かやく

DSCN7553_00009
DSCN7556_00011
○ ふりかけ

DSCN7554_00010
DSCN7607_00016
 毎度お馴染みの、サンヨー食品㈱らしい具の少なさは健在です。

 温麺カップは表面積が狭いので、そこそこ表面を埋め尽くす量の卵の量でしたが、焼きそばカップの表面積では、貧弱さは否めません。

 実際、麺量とのバランスは悪く、卵や極少の鶏そぼろが味に影響を与えることはありませんでした。

DSCN7613_00019
◆商品データ◆

 発    元:サンヨー食品㈱

 商 品 名:元祖ニュータンタンメン本舗監修 まぜタン

 販売地域:全国

 発売年月日:令和4年8月8日(月)

 購入年月日:令和4年8月9日(火)

 試食年月日:令和4年8月10日(水)

 購入場所:ファミリーマート

 定  価:245円(税抜)

 購入価格:264円(税込)

◆商品の評価◆  (×5段階評価  標準は×2) 

 麺   ★★★★   麺種:フライ  太さ:太  湯戻し時間:3分

タ レ  ★★★

 具   

総 合  ★★★   ※ 販売価格に応じた評価の調整を行うことがあります。

 全体の作り込みは別として、ニュータンタンメンらしい味わいは、温麺に近いもので、ガッツリにんにく、大辛な味わいに、生麺食感の麺の出来の良さは好印象。

 実店舗は、かなり各地に進出しているので、これは近いうちに制覇出来そうなので、ちょっと楽しみです。

 実食前の予習ということで…(~_~)

◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:130g(うち麺量100g)  必要湯量:610ml

 エネルギー:★★     621kcal

 食塩相当量:★★★   4.4g