本日の2カップ目はこれ。

DSCN7335_00004
DSCN7407_00017
 ローソンから、こんなカップが発売されました。

DSCN7337_00005
 北陸地方を中心に展開しているチェーン店。

 8番らーめんは、石川県加賀市で、1967年に創業した北陸を代表するラーメン店で、

「野菜らーめん」は、北陸のソウルフードとして、北陸内外の人に愛されている人気メニュー。

 若い頃から北陸、特に金沢や能登半島が好きで旅していたから、このネーミングは「国道8号線」からだよなって感じはしてました。

 幼き頃、長野県の安曇野辺りにもあった感じはする。いまも、飯田市にあったな。

 まっ、それはどうでもいいこととして、国道沿いでよく見かけたし、思い起こせば5年前、富山駅前で遭遇したのが一番近い印象かな。やはり、人気№1は頼むよね(^^

DSCF9410-1024x683_00003
2017. 7.27 8番ラーメン 富山駅前店 野菜ラーメン

 どさん子、ラーメン大学、くるまや、にんたま…。なんかこんなB級チェーン店な香りが漂う店ですよね。

 アハハ、よく、この店に目を付けたなぁと。感心感心

 実は、今回、第2弾なのです。

 昨年発売された「野菜ラーメン 塩」は。予想を大きく上回る販売だったらしくて、帰省を兼ねた、また、お盆に帰れない人に向けて、8番らーめんの味を思い出してもらおうと、いや、二匹目のどぜうを狙っての投入。

DSC_3541_00001
DSC_3587_00002
2022. 8. 3発売 8番らーめん監修 野菜らーめん 塩

 鮮やかな青色のパッケージは、8番らーめんの店舗で使用している丼(通称「青丼(あおどん)」)をイメージしたもの。

 熱湯を注ぎ5分で、北陸の味が思い出される、おいしさと懐かしさが詰まったカップラーメンとなっています。

◆アピールポイント◆

 「北陸のソウルフード。スープがよく絡むちぢ太麺とたっぷり野菜の野菜らーめん」だそうです。

DSCN7340_00006
DSCN7410_00018
人 気 度:総合順位:(全国)6,386位 (石川県)15位 (加賀市)1位

2022年8月6日現在 「8番らーめん 本店」ラーメンデータベースの順位

カップの種別:【スポット(店舗限定)】【新発売】

添付物は、仕上げの小袋です。

DSCN7341_00007
 は、「スープがよく絡むちぢれ麺」そうです。

DSCN7396_00011
 湯戻し5分の縮れが強めに出ている太フライ麺です。

前回の「塩」とは、同じ麺だと思っていたんだけど、麺形状を観察したらね、麺にスリットが入ってるじゃないですか。

原材料組成も異なっているし…。

これ、令和4年4月に発売された「みんなのテンホウ監修  テンホウメン」と同じ麺でした。

DSCN7398_00012
 食感的にも、弾力のある、食べ応え抜群な麺となってます。

スープの出来が素晴らしく、炒め感を伴う風味に麺からにじみ出た揚げ油がいい方向に作用しています

ただ、実店舗の麺形状とは、チョッチ異なります。あちらは、ほぼストレートですもん。

DSCN7399_00013
スープは、野菜の旨みたっぷりの味噌スープです。

○ 当初から充填されている粉末スープ

DSCN7346_00008
○ 液体スープ(仕上げの小袋)

DSCN7350_00010
DSCN7402_00014
 味噌スープと行ったら、あのサツイチの味噌ラーメンに代表されるサンヨー食品㈱の十八番。

 粉味噌スープですが、私宵待草子的にもかなり好きな味わい。

 その粉味噌スープがベースとなっているのでしょう。

 味噌臭さを、香ばしさや滑らかさに置き換え、野菜からの旨みに加え、「仕上げの小袋」の投入により、ラードを使った炒め感で、更に旨みアップです。

DSCN7404_00015
 は、「キャベツやニンジンなどたっぷりの野菜やチャーシューシンボルの「ハチカマ」も小さなサイズにして看板メニューを再現した」そうです。

DSCN7347_00009
DSCN7405_00016
 通称「ハチカマ」。この色合いを見ると、富山の「赤巻き」を思い出しちゃうんだよなぁ(^^♪ あの赤い渦巻の蒲鉾ね。

サンヨー食品㈱の監修ものとしては、具量の多さにビクーリ(_;)

 他の野菜ラーメンカップと比しても、多め。

 サツイチの量としては(_;)…と言うことで。

 ハム状のチャーチップはともかく、野菜の甘みを伴うシャキッとした歯応えが印象的。

DSCN7412_00019
◆商品データ◆

 発    元:サンヨー食品㈱

 商 品 名:8番らーめん監修 野菜らーめん 味噌

 販売地域:全国のローソン各店舗・徳光PA・道の駅めぐみ白山、ハチバン公式通販サイト「ハチバンeSHOP

 発売年月日:令和4年8月2日(火)

 購入年月日:令和4年8月6日(土)

 試食年月日:令和4年8月9日(火)

 購入場所:ローソン

 定  価:229円(税抜)

 購入価格:248円(税込)

◆商品の評価◆  (×5段階評価  標準は×2) 

 麺   ★★★   麺種:フライ  太さ:太  湯戻し時間:5分

スープ  ★★★★  ベース:味噌

 具   ★★★★★

総 合  ★★★   ※ 販売価格に応じた評価の調整を行うことがあります。

 最近は、とんとご無沙汰している8番ラーメンがカップ麺化されたのにビクーリさせられ、しかも第二弾「味噌」まで登場。

 「北陸のソウルフード」と言うことで、長野県的に言うと「ラーメン大学」かな。埼玉県では…地元ではないけど「くるまや」。茨城の「にんたま」…。

 さして美味くもない超有名店の監修ものよりも、こんな身近なチェーン店の監修ものの方が、カップ麺としては、身の丈に合っていていい感じがします。

 再現度は、カップ麺としては80%ってところでしょうか。

 前作「塩味」よりも、格段に麺が良くなったのは嬉しいですね。

◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 エネルギー:★★     473kcal(うち麺・かやく380kcal、スープ93kcal

 食塩相当量:★★★   5.8g(うち麺・かやく2.3g、スープ3.5g