おはようございます。宵待草子です。
 昨日は、長野県の実家で、ご先祖様を送り出し、その足で埼玉へ帰って来ました。
 昼前に到着したので、その足で、偶然にも本日のブログにアップした「よしかわ」へ。
 今回紹介する「岩手県産こだわりポークの昆布水つけそば 海老雲呑入り」の温麺版「
岩手県産こだわりポークの塩ら~めん 海老雲呑入り」を食べた。

IMG11083
 にしても、美味しかったわ~。
 そして、夕方から、元部下に誘われて飲みに行き、カラオケを2時間やって、ご機嫌にお帰りなさいした。

 閑話休題。

 この日(7月23日)は、久しぶりの「よしかわ」遠征さ。

 快晴だったので、アマガエル色のS660を駆ってオープンで乗り付けたよ~。

 アハハ、10時チョイに到着し、シャッターズ№1をゲットさ(^^

IMG07498_00001
 10時半頃になるとシャッターが開いて、チケット購入が始まる…。

IMG07504_HDR_00002
 本日の限定は、この3種。

IMG07505_HDR_00003
 今回はこれを紹介しましょう。

 これ、初食です(^^

IMG07534_00004
 最近脚光を浴びている「昆布水」を使ったつけそば、「よしかわ」ではね、もう5年くらい前から採用してるんですよ~。

◆店舗データ◆

  店 舗 名:寿製麺  中華そば よしかわ

  所 在 地:上尾市南97-5

  電話番号:非公開

    営業形態:多店舗展開

  経 営 者:㈱よしかわ

  同所在地:川越市今福173814

  営業時間:(月曜日〜金曜日)11:0015:0017:0020:00L.O. 9:30)、(土曜日、祝祭日)11:0020:00L.O. 9:30

  定 休 日:日曜日

  券 売 機:有

  割 り 箸:無

  人 気 度:総合順位:(全国)53位 (埼玉県)6位 (上尾市)1位

              全国順位:(煮干し部門)8位

       2022年7月26日現在 ラーメンデータベースの順位

◆注文商品◆  (×5段階評価 標準は×2)

  注文商品:岩手県産こだわりポークの昆布水つけそば 海老雲呑入り(990円)

  支払総額:1,980

  入店年月日:令和4年7月23日(土)

 「栄養たっぷりの昆布水に浸った麺に、塩や山葵を付けて召しあがれ」とのことです。

IMG07536_00005
          ★★★★★   加水率:高   太さ:太

緩やかウェーブな加水率の高い太麺です。

超滑らかなかつしなやかなコシを持った、弾力のある食感がいいです!

それでも、あのマルちゃん正麺のような不自然なツルみではなく、まったく不自然さを感じさせない滑らかさ。

これぞまさしく“よしかわマジック”なり!

「よしかわ」は、スープに合わせて、自家製麺故の麺の最適化ができるので、いつもスープやタレに見合った麺をチョイスしてくれます。これが自家製麺のいいところ。

トロッとした昆布水が纏わりつくと、この滑らかさ、更にブーストUPされ、滑らかさMAXに達します。

IMG07602_00011
     ★★★★   ベース:塩  コッテリ感:淡~普

昆布水

 滑(ぬめ)っとした昆布水です。

 昆布の風味が素晴らしいです。

 このヌメヌメのお陰で、滑らかさ絶品!

IMG07617_00012
つけダレ

「鶏・豚・鰹から丁寧に抽出した三重奏」だそうです。

IMG07618_00013
 塩ベースでしょうか。

「よしかわ」十八番の魚介系の味は控えめで、あまり煮干し感も感じません。

それでも、煮干の存在は感じます。

まっ、どれも特出することもなく、バランスを重視したつけダレです。

煮出したと言うよりも、ササッと一番出汁を取ったようなあっさりとした味わいです。

     ★★★★

 麺の上には、レアチャーシュー(岩手県産こだわりポーク)、とろろ昆布、メンマ、三つ葉、大葉です。の竜田揚げ、しらす、白髪ねぎ、紫蘇、南高梅、かいわれ。

 つけダレの中には、ねぎと海老雲呑です。

 きっと岩手の銘柄豚なんでしょう。

 巨大なバラロールは、レア度満載で、柔らかく無駄な筋もなく肉質の良さを感じさせます。

 メンマは、軽く味付けされた白メンマ。

 プリプリとした大粒の海老が入ったワンタン…。

 どれもこれも千両役者でした。

IMG07581_00009
お薦め度    ★★★

 食べてから気付いたんだけど、山葵と塩が附属されてなかった。

 まともに挨拶すら交わせない若い男性が店員で、いつものテキパキとしたおねいさんが居ないのはチョット不安だった。

 案の定、この限定そばを注文した人の丼の中にチャーシューが入って居ないことが判明したり、おいらの不足も然り。

 この店、オペが凄く高度。

 あの6人くらいのこじんまりとした店で、丁寧かチンタラか判らないようなこだわりでのんびり作っている店とはわけが違うのだ。

 だから、店員が変わると、どこかで歪みが生じる危険性も孕んでいる、従業員に極度の緊張感を強いる店なのです。

 こんなところに、この店がトップで居続けられる秘密が…。

 ケチは付いたけど、いかにも「よしかわ」らしい、計算尽くされた味わい。

 ラーメンを名乗りつつ、素晴らしい和風ワールドへ誘ってくれます。

 

 大葉の上には、追い昆布となる「とろろ昆布」がちょこんと乗っかってます。

 この大きいまま食べる三つ葉…初めてです。

IMG07558_00006
 つけ汁の中にも、でっけぇ海老雲呑が2個入っています。

IMG07561_00007
 綺麗な麺線でしょ?

 崩すのを躊躇(ためら)っちゃいます。

IMG07580_00008
 昆布水を汚さないように計算された白メンマ。

 優しい味付けで、美味しかった。

IMG07596_00010
 つけ汁に入ってるのも超絶旨い!

 トロッとした雲呑皮、餡は海老だけと言う豪華さ!

IMG07764_00014
 そのままもいいけど、つけ汁つけてからの方が美味しい!

IMG07765_00015
 アハハ、まんまの三つ葉。

 これは食べづらかったな。

 飾り?

IMG07768_00016
 和風チックにまとめてみました。

 この汁の中で、とろろ昆布がいい働きをしてました。

 和風イズベスト!だね(^^

IMG07770_00017
 つけ汁丼一面を覆いかくしちゃうほど大きなレアチャーシュー

IMG07772_00018
 プリップリなワンタン。

 チュルっと吸い込まれ、プルンプルンとした歯応えが素敵!

IMG07773_00019
 こんな感じで啜り終えました

IMG07779_00020
 こりゃあ、いいわぁ。

 再食決定だな。

 でも…、しばらくプーなので、気が向いた時にいつでも行けるってのがいいね\(~o~)