おはようございます。宵待草子です。

 昨日は、朝から、ひっきりなしに新盆のお見舞客が我が家へと…。
 どうでしょう?100人単位での訪問、そのすべてに対応した。
 午後になると、ササッと人足(ひとあし)も減り、16時には、温泉へ入浴に。
 もうね、喉が渇いちゃってさ、その足で、オールドウエストへと乗り付け、ビアとウイスキーをガバっと飲んだ。

IMG10410
 2時間ほど飲んで、代行で帰り、家で飲み直しさ(^^♪

 閑話休題。

  遅くなりましたが、6月30日をもって42年間勤めた会社を退社しました。

  同期入社約200人の中、社長、副社長に次ぐ、たたき上げでは最高峰のポストである○○取締役○○部長の職を辞す承認もいただき、目出度く、退職する運びに。

  ここでは、ちょいと、長年お付き合いをいただいた方たちとの思い出話をひとつ。

  退職した日、家にはこんなものが送られてきていた。

DSCN4901_00001
 蘭の花。

  我が社では、退職者には、有志でランを送る風習があり、それに基づいたものです。

  私傘下の課長からの贈り物。

  我が社の人事、まるで心太(ところてん)のように、筆頭課の課長、次長、部長と上がっていくことが多いので、ほぼ5年先まで読めちゃうんだよな。

もちろん、超一握りの人だけだけど…。

DSCN4904_00002
 いただいてから、1ヶ月半以上経ってるけど、まだまだ元気咲き誇っている(^^

  これはO課長(♀)からのいただき物。

DSCN4907_00004
 源右衛門窯で作られた焼酎グラスです。

  彼女、若い頃、面倒を見た時からの付き合い。

  割と気が強いので、周囲との軋轢を生みやすかったけど、おいらには至って従順。

  きっとおいらのような強い男に憧れていたのだろう(←ということにしておこう。)。

  部長室へ訪ねてきて、最後に握手を頼まれ、固い握手をして別れた。

DSCN4910_00005
  これは、会社からの頂き物。

DSCN4912_00006
 大理石でできた置き時計。

  まさか、MADE IN CHAINAじゃねぇだろうなぁと確認したら、日本製だった(*^_^*)ヨカタ。

  退職金は内緒!

  あとね、旅行券が20万円分。

DSCN4913_00007
 筆頭課の秘書兼総務係長からのいただき物。

  気が利いていい奴だったが、次長や課長補佐からやられて、心の風邪を引く寸前だった…。

  故郷の山口県のお酒をいただいた。

DSCN4916_00008
  これは、13年前に某課の課長補佐をしているときの部下からいただいたワイン。

DSCN4917_00009
 おいらの入社に合わせて1980年もの。

  こんな遊び心、好きだな(*^_^*

  でも、飯田のスナックのママ(おいらのワインの師匠)と一緒に呑んだが、販社の保存状態が悪く、お世辞にも美味しいとは言えない代物でした(^-^;

DSCN4919_00010
 割と最近知り合った、Y女史からのいただき物。

  もう、婚期を逃しつつあるお年頃。

  お別れ会のカラオケボックスで、思わず抱き合ってしまった(^-^;

  彼女もおいらのこと大好きだった(と思うことにしておきます。)。

  おいらの知る女性の中で、最強の大酒呑み(^^

  おいらとタメで呑むもんな。

  日本酒五合に口説きを混ぜて飲みたかったな。

DSCN4922_00011
 知る人ぞ知る、真澄のフラグシップ「夢殿」。

 桐箱に収められてます。

DSCN4924_00012
 おいら直系の弟子二人からのいただき物。

  入社時から厳しく仕事を教えた奴ら。

  優秀なので、かなり上り詰めるだろう。

  楽しみな逸材!

DSCN4926_00013
 にしても、酒、多過ぎね?

  おいらに体壊せってことかよ(^-^;

DSCN4928_00014
 K氏からいただいた。

  彼とはプライベートでの付き合いはなかったけど、以心伝心的な気の置けない奴だった。

DSCN4930_00015
 まさかこれをいただくことになるとは…。

  おいらが発案した退職者へのプレゼント。

  八海山の蔵元で購入し、最長5年まで熟成させてくれて、希望の日に贈り物として、購入当初に預けたコメントとともに、指定した日付で相手に届けてくれるのだ。

DSCN4932_00016
 ♀×5と、♂×5でそれぞれ1本づついただいた。

  彼ら彼女らは、本当によく遊んだり飲んだりした奴ら。

DSCN4933_00017
 これも、某課の課長補佐時代の部下からいただいたもの。

  当時、課長の質が悪くてね、矢面に立って、彼らを守ってやったお礼だろう。

  盛大に送別会をしていただきました。

DSCN4936_00018
 S660に乗っていることを知っているので、ドライビンググローブだったのでしょう。

  因みに、送別会のルールを必ず相手に伝えてたんです。

  名称にはこだわらないけど、会費制、贈り物なしが条件だった。

  確かに送別会の時には何もなく済んだのに、結局、来るわ来るわ…。

DSCN4937_00019
 それほどの付き合いはなかったO氏

 最近の接点と言ったら、おいらが飯田所長の3年後に所長となって、一緒に飲んだのが最後かな。

 「いつか一緒に飲もうって約束してたのに飲めなかったので」と言って持って来てくれたウイスキー。

 ワイン樽貯蔵の越百(こすも)。

DSCN4940_00020
 は~い、これは長女が音頭を取って、姉妹たちで「伊勢海老料理 中納言」で、慰労会を催してくれた時の一コマ。

DSCN4941_00021
 孫の添え書き付きでした。

DSCN4944_00022
 何が欲しいかと聞かれ、迷わず「fitbit」の一番高いやつって、オーダーしちゃったんだ。

DSCN4945_00023
 なぜ「fitbit」にしたかっていうと、もう中国製でないことだけで選んだんだ。

 どんなデータが盗まれるかわからないじゃん。

 っていうよりも、身に付けるのも嫌だから!

DSCN4948_00024
 これも一緒にいただいたんだ。

 中納言特製の「味噌ドレッシング」。

 伊勢海老サラダに使われているドレッシング。

DSCN4951_00025
 先ほどの写真を使って、ドレッシングのラベルになってました(^^

DSCN4955_00026
 これは、長年、お世話になった非常勤のおばちゃんからいただいたお酒。

DSCN4993_00027
 これも一緒にいただいた。

 おいらよりも上なんだけど、正社員に負けないくらい、一生懸命仕事をしてくれた。

 ありがとうございましたm(__)m

DSCN5000_00030
 これは、部長配下の課長クラスからいただきました。

DSCN4996_00028
 燕三条の銅製のビアグラスかな?

DSCN4997_00029
 アハハ、今となっては、誰からもらったか忘れちゃったm(__)m

 きっと、ビアグラスとともにいただいたんだろうな。

DSCN5001_00031
 もうね、家の中が花の香りに包まれていました(^^

DSCN5004_00032
 旅行仲間のМ氏の娘さんがね、花屋を営んでいてね、わざわざ送ってきてくれました。

 あっ、そうそう、上記の花も…。

DSCN5005_00033
 添え書きにね、「宵酔草子部長は、いつもイメージカラーはオレンジだと言っていたので、オレンジをメインにするよう娘におねがいしました」と記してあった。

 そうなのよ、一番好きな色がオレンジ。

 服の色でも一番多いのがオレンジだもんな。

DSCN5009_00035
 これは、某課の課長時代の部下からのいただきもの。

 名前にあやかったエピソードなどが記載されてました…。

DSCN6231_00038
 これは…あっ、だめだ、きっと上記の色紙と一緒にもらった…と思う。

 金沢の金箔をあしらってあるので、うん、間違いない!

DSCN6227_00036
 素敵なグラスです。

DSCN6229_00037
 勝沼ワインもいただいたし、

DSCN6234_00039
 木曽の「七笑(ななわらい)」もいただいた。

DSCN6235_00040
 川越の作られているクラフト・ジン。

 ほんとにいろんな人からいただいた。

DSCN6237_00041
 おいらの一番お気に入りのH女史からもいただいた。

 バツイチでエロいけど、性格が男っぽくて、口説きには一切乗ってこなかったな(^^

 晩年は、旅行メンバーの中心的な存在になってたな。

 自称:おいらの私設秘書を名乗ってたもんな(^^

DSCN6240_00042
 アハハ、もうキリがないので、ここらへんで止めておきます。

 さて、これからの人生設計。

 とりあえず、若い頃に取った資格、宅建士、社会保険労務士、税理士などで飯食っていこうかなと…。

 今んところ、某税理士法人の社員税理士(これ、無限責任社員なんです。いわゆる役員。)として、週1.5日。某税務研究会の理事として週1日。そして、順次、上場企業の株主総会を経て、社外監査役などとして参入していく予定。

 こんな感じで、第二の人生を歩んでいこうと思っている。

 これも、色んな諸先輩方が奔走してくれたり、高齢故に役席ポストを譲ってくれたりしたお陰。

 人付き合いを、しっかりとやってきたからかなと思う。

 仕事が楽しくて楽しくて仕方がなかった時代もあった、寝る暇のない時代もあった、ろくでもない上司と戦った日々もあった…。

 若い頃は、「疎にして野だが卑ではない」を実践し、年取ってパワーが弱まってきてからは、「舐めてかかって真剣にやる」をモットーに自分を負い込んで、仕事を続けてきた。

 アハハ、内緒だけど、今まで使った遊び金、42年間で、どう安く見積もっても5,000万円は下らないだろう。

 日本中、好きなところへ行って、飲みに飲んだわ。

 これだけ飲みまくって、身体が壊れなかったこと、丈夫に産んでくれた両親に感謝です。

 わが第一の人生に悔いはなし!

 さっ、モタモタしておれん!
 第二の人生の始まりだ~い。 
 長々とすみませんでしたm(__)m