おはようございます。宵待草子です。
 昨日は、新盆の来客対応で終わった1日だった。 
 夜中の2時半まで飲んでた疲れが祟って、1日中調子が悪かったわ。
 夜は、酔待童子♂♀&長女で、焼肉のコースを食べに行くも、イマイチ食が進まず、5切れ程度食べただけで、おいらはギブ(/ω\)
 今日も、来客対応が続く…。
   

 閑話休題。 

  九州を旅した折に立ち入ったラーメン屋を紹介しましょう。

  この日(3月18日)は、玄界灘の浮かぶ相島へ渡島する予定が、あいにくの雨だけならまだしも、食事を予定している店へ電話するも、応答しない…(/o)

  ってぇことは、渡島したら、雨の中、猫にも逢えず(この島は猫で有名なのです。)、昼飯も食いっぱぐれる事態に陥るので、止む無く、海ノ中道マリンワールドで魚と戯れ、太宰府天満宮へと向かうこととなった。

  その道すがら、見つけて立ち寄った店がここ!

  今回は、九州へ旅行した際に入店したラメーン屋を紹介しましょう。

  初めて耳にした「博多三氣」。

  ちょっとチェーン店っぽさもあるけど、「三気」ぢゃなくて「三氣」ってのが気に行っちゃったのです。

  おいらの好きな言葉「發氣揚揚(はっきよい)」に釣られてね(^^

IMG08692_HDR_00002
  この店の特徴は、ラーの麺用に特化した「ラー麦」100%の麺と、

bottom_white_banner_00001
  替え玉回数無制限10円!

kaedama_banner_00020
  ヤパーシねぇ、博多へ来たら、食べたいよね博多ラメーン!

◆店舗データ◆

  店 舗 名:博多三氣  松島原田店

  所 在 地:福岡市東区原田4-3244

  電話番号:092(409)0337

    営業形態:多店舗展開

  経 営 者:㈱博多三氣

  同所在地:大野城市御笠川3-13-1

  営業時間:11:0024:00L.O. 23:45

  定 休 日:不定休

  券 売 機:有

  割 り 箸:無

  人 気 度:総合順位:(全国)41,559位 (都道府県)1,012位 (福岡市)429

       ※2022年3月18日現在 ラーメンデータベースの順位

◆注文商品◆  (×5段階評価 標準は×2)

  注文商品:げん氣ラーメン(麺固め、ねぎ山盛り、きくらげ有り、3辛:680円)、替え玉(バリカタ:10円)、ランチDセット(半チャーハン:200円)

  支払総額:1,490

  入店年月日:令和4年3月18日(金)

豚骨のスープをベースに三氣独自の“秘伝ピリピリ辛辛ダレ”を合わせた、辛いのが好きな人に大人氣!!辛さの調整もできる!」そうです。

IMG08711_00009
          ★★★★   加水率:低   太さ:極細

 加水率の低い、丸刃切の極細ストレート麺です。

茹で加減は、「バリ硬・硬・普・軟」から選べます。

「硬」は、パキポキした長浜系に近いもの。

ここの麺は、博多ラーメンに最適な「ラー麦」を使っているので、風味が良く小麦の甘みもしっかりと感じられます。

この麺が替え玉10円で提供されるってのもいいですね。

  そして替え玉。「バリ硬」をオーダー。更に小麦粉の旨味が…。

  麺というよりも、小麦の旨味を感じたかったら、バリ硬の方がいいと思います。

  噛み締めるたびに感じる麦の旨み…。

IMG08716_00012
スープ   ★★★★   ベース:豚骨  コッテリ感:普~濃

ベースは、豚の甘みたっぷりの滑らかな口当たりのスープ。

乳化度も比較的高く、スープ自体も長浜系のトロミはがありますが、こってりではありませんし、しつこさも感じません。

  辛さは、3段階の一番辛いスープをチョイスするも、大辛レベルです。

スープには、それほど赤みはありませんが、辛味のベースは唐辛子ですかね。

割とストレートに辛味が舌を刺激します。

IMG08712_00010
     ★★★★

 チャーシュー、ねぎ、きくらげです。

  チャーシューは、薄いけど大きめで、博多系のラーメンらしくない存在感があります。

  ねぎは「ネギ山・普通・無し」から、きくらげは「あり・なし」から選べます。

  ねぎときくらげの量の多さは嬉しいデス。コリシャクなきくらげ、いいですねぇ、

  レンゲでスープを啜ると、漏れなくねぎが付いてきます。

IMG08708_00008
お薦め度    ★★★★

替え玉無料のところはありますけど…、替え玉10円、しかもラー麦使用の麺と、コスパと品質の良さが素晴らしい!

女性店員の所作もキビキビしていて好感が持てました。

どうやら、長浜ラーメンを原点としているようですね。なんか雰囲気が似てます。
そしてここのいいところ、ねぎとキクラゲがタプーリ。

麺との食感の対比がとても心地良い一杯でした。

 

  卓上には、博多系豚骨店に常備されている紅生姜や辛子高菜はありません(/o)

IMG08698_HDR_00004
  こんな感じで着ラーしました。

  おいしそうな一杯です。

IMG08706_00006
  どれも、ど~んと存在感を主張してます。

  この思い切りの良さがいいね(^^

IMG08714_00011
  麺は極細に近いストレート麺。

  小麦の旨味タプーリです。

IMG08718_00013
  パラったチャーハンもいい感じ。

IMG08728_00014
  量的にも、サイドメニューとしていいねぇ!

  200円ってのも嬉しい。

IMG08730_00015
  木耳(きくらげ)、これがなきゃあ、博多豚骨じゃない!

IMG08734_00016
  バリカタな替え玉を投入。

IMG08736_00017
  もちろん、スープダレもありますよ。

  だから、当初と同じ濃度で食べられますし、このバリカタ、小麦の旨味がとても判りやすいです。

IMG08738_00018
  こんな感じで啜り終えました。

IMG08743_HDR_00019
  アハハ、年甲斐もなく半チャーハンに替え玉やっちゃった。

  でも、ペロッと美味しく食べられました。

  店を出るとともに、コンビニで黒烏龍茶を買ったことは言うまでもない…。