本日の逸品はこれです。

DSC_6315_00002
 創業昭和24年の老舗わさび漬け店のが、わさび漬けに使う酒粕で漬けたセロリ漬け。

  実はね、むかしは酒が大好きなのに、酒粕が大っ嫌いでね、それが、今は亡き父が美味しそうにわさび漬けで酒を飲んでいるのを思い出し、やってみたってわけよ。

  そうしたら、美味しいやん!

  わさび漬け、セロリ漬け、奈良漬…。

  う~ん、酒粕は偉大なり。

◆購入店&製造者データ◆

  店 舗 名:望月商店

  住  所:安曇野市明科中川手3,529

  電話番号:0263(62)2077

  営業時間:10:0019:00

  定 休 日:水曜日

  製 造 者:同 

  同所在地:同 

  電話番号:同 

◆購入商品◆

  購入商品:セロリ漬け(1,050円)

  支払総額:2,050円(税込)

購入年月日:令和4年1月8日(土)

  試食年月日:令和4年1月8日(土)

◆セールスポイント◆

   高原で栽培されたもので、特有の風味を有し、生食としてビール洋食に使用されているものに加工を加えたもので、風味のため洗わずに4㎝くらいに切り、食べるのがいい」そうです。

DSC_6301_00001
DSC_6317_00003
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

お薦め度  ★★

  古漬けに近い色合いと味わいです。

  わさび漬けのような甘みは抑え気味で、わりと塩気が強く感じられます。

  もしかすると、わさび漬けと同一の酒粕床かもしれません。

  シャキッと感が目立たずシナっとした食感ながら、香味野菜としてのセロリの風味を損なうことなく、酒粕と融合してます。

◆その他の情報◆

原 材 料

  セロリ、酒粕、砂糖、塩

 

  酒粕の熟成感のある色合いに、セロリの旨味が乗った感じが見て取れます。

DSC_6318_00004
  見た目は、やはり古漬けに近い色合いとなりをしてますね。

DSC_6320_00005
  洗わずに、酒かすと一緒にいただきましょうね。

DSC_6324_00006
  4㎝くらいに切って…。

  割と塩っぱいので、様子を見ながら、少な目に切るのがいいでしょう。

DSC_6333_00007
  セロリの根の平べったい部分が好きだわ(^^

DSC_6334_00008
  知る人ぞ知る佐渡の銘酒「北雪  YK35」を合わせてみました。

DSC_6336_00009
  もちろん味の素パラリは必須です。

DSC_6339_00010
  我が家では、奈良漬は自家製なので、これも自家製で行っちゃおうかな。

  出来れば新漬けで食べてみたいです。