おはようございます。宵待草子です。
 この記事がアップされる頃には、アタシャ、ゆで太郎へ、朝そば集会に向かっておりますわ\(~o~)/
 ここ20年くらい食べたこと無かったトースト。
 退職を機に、朝食で食べて見ようとトースターを購入。
 なんか、シンポーなのもあったけど、なんかゴチャゴチャ付いていた方がかっこいいじゃん…ってわけで、上から2番目のいいお値段のを買った。

DSCN7250

 そして、パンを焼いて食べて見た。

DSCN7252
 昼は、よしかわへ足を運んでみるも、出遅れたため、11時03分には、もうね30人以上が並んでいたんで諦めて「麺処 ひな多」へといった。

 ここのMEGA煮干しそばがこれ。

IMG09200_HDR
 激にぼ、極にぼ、獄にぼなど強烈な煮干しそばは、この世に数多あれど、ここの煮干しは、感覚的に言うと、ミキサーに水と煮干しを入れて撹拌したものがスープってな感じ。
 エグミと苦味と塩味以外感じられないくらいの濃度。
 アハハ、美味しくは無いですよ。
 煮干をそのまま食べる人向けのラーメンです、ハイ(^_-)
 食後は、ジムで、ランニング~筋トレ~サウナとこなした。
 さぁて、田舎へ帰っぺ。
 新盆だし、市との土地の売買契約もしなきゃあいけないし、夜はスナックへも行きたいし…。
 盆帰りは忙しいっす(~_~)


 閑話休題。

 この日(2月13日)、私宵待草子はここにいた。

 ここ「湯菜坊(たんさいぼう)」、2月5日に寿製麺よしかわ』のセカンドブランドとしてグランドオープンした店。

麺種は、タンメン専門店です。

これで、「寿製麺よしかわ」は、上尾店、川越店、坂戸店、西台店と4店舗、そして、セカンドブランドとしてここ「タンメンと餃子 湯菜坊」の5店舗となりました。

o9w1YkVSyOIADiGm_00022
 レギュラーは、ねぎ及び野菜塩、野菜味噌系のタンメンとつけ麺の計6種です。

 もちろん、餃子やから揚げもあり、「東京タンメン  トナリ」みたく、タンギョー(タンメンと餃子)とかタンカラ(タンメンと唐揚げ)もあります。

IMG06874_00001
 開店35分前に到着。

  シャッターズ名簿に記載をし、食べたい食券をポチットなします。

IMG07069_HDR_00004
  あっそうそう、シャッターズ名簿に車のナンバーを記載しておくと、呼びに来てくれますし、「よしかわ」と同じく開店前でも、用意が整い次第開店してくれます←土日のみかも?

IMG07072_HDR_00005
 まだ、本格始動とは行きませんが、相変わらずのオペの良さです。

  壁には、湯麺を形成する野菜たちがイラストで描かれてます。

IMG06883_00002
◆店舗データ◆

  店 舗 名:湯菜坊(たんさいぼう)

  所 在 地:北本市中丸5-267-1

  電話番号:048(578)4984

    営業形態:多店舗展開

  経 営 者:㈱よしかわ

  同所在地:川越市今福173814

  営業時間:11:0015:00L.O 14:30)、18:0022:00L.O 21:30

  定 休 日:水曜日

  券 売 機:有

  割 り 箸:有(プラ箸もあり。)

  人 気 度:総合順位:(全国)3,075位 (埼玉県)395位 (北本市)4位

       ※2022年2月13日現在 ラーメンデータベースの順位

◆注文商品◆  (×5段階評価 標準は×2)

  注文商品:塩タンメン(800円)

  支払総額:1,700

  入店年月日:令和4年2月13日(日)

IMG07077_00007
          ★★★★★   加水率:高   太さ:太

 自家製のストレート加水率高い太麺です。

 よしかわのつけ麺などで使っている加水率の高い太麺っぽいデスが、微妙に異なるような…。「寿製麺よしかわ」のことだから、タンメン用に調整した麺でしょうね。

 その食感は、柔らかめの茹で上げながら、まるでシルクのようなしっとりした滑らかさと、しなやかなコシつきです。

IMG07115_00014
スープ   ★★★★   ベース:塩  コッテリ感:普

 ベーススープは塩の豚骨清湯です。

刻み生姜のトッピー前から生姜の味が利いてます。そして、これが絶妙なバランスでスープにインパクトを与えてくれてますよ~。

つけ麺ということで、温麺タイプのスープよりかなり濃い目のスープに仕上がってます。

そこに、野菜を炒めてスープで煮ているのか否かは定かではありませんが、野菜を炒めた旨味がスープに溶け込み、生姜の利いた清湯スープと相俟って、湯麺スープとしては、最強の味を作り出してます。

IMG07113_00013
     ★★★★★

 キャベツ、人参、ねぎ、もやし、きくらげ、たまねぎ、にら、しょうが、なると、豚肉です。

  あの頑者系「ひかり食堂」の野菜つけ麺ほどのインパクトはありませんが、相当な量(450g)の野菜です。

  しっかりと炒めてあり、キャベツの芯みたいなものはありません。スープによく馴染みつつも、シャキってて歯応えもいいんです。

IMG07081_00010
お薦め度    ★★★★

 450gに野菜がペロリと食べられちゃうんだから不思議です。

  全く飽きは来ませんし、顎の咀嚼疲れもありません。炒め具合がいいんでしょう。さすがは「よしかわマジック」。煮干しだけではなく、湯麺でもやってくれました(^^

湯麺なんて、塩ラーメンに野菜を炒めて載せただけでしょって思ってるあなた…。あなたの常識が覆りますよ、この一杯で…。

 

 ラメーン屋では初めてです。

 プラ箸と割り箸の双方を選べます。これはイイ!

IMG06898_00003
  ラー油、醤油、酢など餃子用のツールと胡椒のみというシンポーさ。

  味わいに絶対的な自信が有るとみた!

IMG07074_HDR_00006
  こんな感じで配膳されてきました。

  もう、このナルトがトレードマークね(^_-)

IMG07079_00008
 この生姜の量がウレP!

 これだけ入れても、スープがしっかりしてるので、決して味を壊しませんから。

IMG07080_00009
 この炒め感が絶妙!

  でも炒める調理人の人、大丈夫かなぁ?

  だって全商品、炒め野菜なんだぜ。腕が心配です。

IMG07084_00011
  野菜の山の片隅に、がけ崩れのように、生姜のワンディップが存在します。

IMG07111_00012
  このナルト、鈴廣でも籠清でもなさそう。

  双方ともにシンプルな「の」の字なので。どこかの特注品かなぁ?

IMG07117_00015
  野菜にスープの味が染みてます。

  きっと炒めた後、スープでひと煮立ちさせてるのかも…。

IMG07121_00016
 麺は…「寿製麺」製ですから、間違いはありませんな。

IMG07122_00017
 つけ麺では胡椒をかけたので、温麺ではラー油をかけてみましたが、あまり相性がいいとは思えませんでした。胡椒のがいいみたい。

IMG07126_00018
  油っぽさがアップして、繊細な野菜の旨味が辛みに負けてしまった感じ。

IMG07129_00019
  湯菜坊君が、ちょうど口元でスープを飲みほしてる感じに撮れました。

IMG07135_00020
  丼にキャラを入れるなど、本格的。この店の本気度が伝ってきます。

IMG07137_00021
 またまた、おいらの檀家が増えちゃった。

 これ、「逆檀家廻り」と呼んでます。←お坊さんがお布施をもらいに回るのとは逆で、支払いに廻ることから、こう呼んでます(^-^;

  さっ、腹ごなしは、ジムでランニング~筋トレ~サウナだな。