logo

 本日の2カップ目はこれ。

DSCN6242_00001
DSCN6303_00014
 サンポ―食品㈱。九州は佐賀県にある、メジャーなインディカップ麺メーカー。

 油揚げ麺の廉価版のカップが多い中でも、割と固定ファンが多いメーカー。

 現状、19種が発売されている。記録を見ると、販売終了も含めて21種食べている。

 今回発売されたのは、期間限定商品で、どちらも「濃厚豚骨」をウリにする一杯で、コクの白と香りの黒の“2つの濃厚豚骨”。

 今回はその一つ、「コクの白とんこつ」を紹介しましょう。

DSCN6243_00002
 九州のインディーメーカーと言えば、ここと「味のマルタイ」。

 あなたはどちら派?

 アタシは、どちらかと言うと「サンポー食品㈱」が好みです。

 だって、あの「ラー麦」使ってるんだもん(^^

◆アピールポイント◆

 「九州の本格的な濃厚豚骨ラーメンをフレーバー違いで楽しめるシリーズ。麺は湯戻し90秒の細麺です」だそうです。

DSCN6245_00003
DSCN6304_00015
カップの種別:【スポット(一般)】【新発売】

添付物は、スープ(粉末:先入れ)、かやく、調味油です。

DSCN6249_00005
 は、「湯戻し90秒の細麺」だそうです。

DSCN6247_00004
 湯戻し90秒のウェービーな極細油揚げ麺です。

 撮影も含めると、湯戻し1分で切り上げて撮影開始です。

 極細麺と言うと、旺盛な油揚げ臭が立ち込めることが多いのですが、この麺は、スープの濃厚さにオブラートされちゃったのか、あまり気になりませんでした。

DSCN6294_00009
 当初、ポソパツ食感を出すための90秒と言うより、これ以上やったら湯ダレの世界へ突入すると言う意味の90秒かと思っていたら、そうでもありませんでした。

と言うのも、時の経過でも、それほど麺に変化はなく、針金っぽい歯応えが最後まで楽しめました。

DSCN6296_00010
スープは、「スープは白濁とんこつにたっぷりポークオイルで濃厚な味わい」とのことです。

〇 粉末スープ

DSCN6264_00007
DSCN6252_00006
〇 調味油

DSCN6343_00018
DSCN6298_00011
 商品名に偽りなしっスね。

 乳化具合の高い濃厚な豚骨スープですが、豚クッサーはほぼありません。

 豚の甘みが程よく、クリーミー感がとても良いので、旨みタプーリで飲み口の良いスープとなってます。

DSCN6300_00012
 すりゴマが入ると、さらにコクが増すとともに、胡麻の香りが、香ばしさを纏いながらフゥ~っと鼻孔に抜けていきます。

 市中の豚骨ラーメンのスープとは、ちょいと異なるけど、カップの豚骨スープとしては、いいと思います。

DSCN6308_00017
 は、「後入れゴマでさらにコクがアップする」そうです。

DSCN6267_00008
DSCN6302_00013
 具はね、粉末スープに混入している乾燥ネギと、すりごまだけという、寂しい布陣です。

 それでも、麺とスープが美味しかったので、ここはヨシとするしかないですね。

 胡麻と豚骨、相性がいいんです。

DSCN6307_00016
◆商品データ◆

 発    元:サンポー食品㈱

 商 品 名:濃厚豚骨 コクの白とんこつ

 販売地域:全国

 発売年月日:令和4年7月25日(月)

 購入年月日:令和4年7月25日(月)

 試食年月日:令和4年7月25日(月)

 購入場所:MEGAドン・キホーテ

 定  価:195円(税抜)

 購入価格:138円(税抜)   値引き率:29.2

◆商品の評価◆  (×5段階評価  標準は×2) 

 麺   ★★   麺種:フライ  太さ:極細  湯戻し時間:90

スープ  ★★★   ベース:豚骨

 具   

総 合  ★★★   ※ 販売価格に応じた評価の調整を行うことがあります。

 具の寂しさを除けば、麺とスープで満足できる一杯です。

 やはり産地のメーカーの強みですね。

 駅そばでも、長野県の駅そばは群を抜いて美味しいのと同じで、豚骨と言ったらやはり九州、サンポー、マルタイ共に、地元に密着し安価な豚骨を提供してくれているけど、豚骨スープの旨さはピカイチです。

 これからも応援していきまっせ!

◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:84g(うち麺量60g)  必要湯量:340ml

 エネルギー:★★     443kcal

 食塩相当量:★★★   5.1g(うち麺・かやく1.3g、スープ3.8g