本日のカップはこれ。

DSC_0689_00001
DSC_0755_00012
 「飲み干す一杯」シリーズ。安売りコーナーの常連のようなカップ。

 でも、なんか興味があってね、ここ数年来すべて食べているのだ。種類数で20数種。

 日本縦断ご当地ラーメン巡りをテーマにしたご当地ラーメンシリーズ。

 今回、7品のリニューと共に新たに「東京荻窪 煮干中華そば」が加わり、全11種となりました。

キャプチャ2
 今回は、東京を代表するレトロな味わいの「東京荻窪 煮干中華そば」を紹介しましょう。

DSC_0691_00002
 「荻窪ラーメン」。それは、JR中央線荻窪駅周辺のラーメン店で提供されているラーメンで、その特徴は、鰹節や煮干しといった魚介系スープが基本の和風で、濃口醤油を使用した濃い色のスープで、鶏ガラや豚骨といった動物系スープを合わせる店もある。麺は、中細麺を使う店が多いです。

◆メーカー説明◆

 「更に“磨きをかけた”飲み干す一杯のご当地シリーズ!」だそうです。

DSC_0693_00003
DSC_0756_00013
カップの種別:【定番(一般)】【発売中】

添付物は、スープ(液体:後入れ)です。

DSC_0697_00005
 は、「適度な弾力と滑らかさを併せ持った丸刃のめん」だそうです。

DSC_0716_00007
 湯戻し3分、丸刃切りの弱いウネリを伴う中太フライ麺です。

 エースコックの「飲み干す一杯」や「セコマ」のカップで、多用されている、廉価カップ用の標準的な麺です。

DSC_0745_00008
 正直なところ、193円(値上げ前に購入)の廉価カップの麺なので、期待はしていませんでしたが、割と弾力感があって、歯を押し返すような感覚がありました。

DSC_0748_00009
スープは、「チキンをベースに醤油のキレやネギ油・煮干オイルを利かせた醤油スープ」とのことです。

DSC_0696_00004
DSC_0764_00016
 濃口の醤油ベースに、魚介、特に煮干しの味わいがしっかりと感じられます。

 煮干しとコンビを組んでいるのは、「鶏」。

 それでも、カップ麺の範疇での標準的な煮干中華です。

DSC_0750_00010
 煮干しの旨味を増幅させる隠し味は、微かな酸味と醤油に由来する苦味。

 「飲み干し一杯」シリーズらしい味わいにまとまってます。

DSC_0762_00015
 は、「メンマ、なると、ねぎを加えて仕上げた」そうです。

DSC_0700_00006
DSC_0753_00011
 飲み干す一杯の具としては、こんなもんでしょ。

 滑っとした表面にシャクッとした食感のマンメ。

 数合わせのようなナルトも、これだけ入っていれば嬉しいよね。

DSC_0759_00014
◆商品データ◆

 発    元:エースコック㈱

 シリーズ名:飲み干す一杯

 商 品 名:東京荻窪 煮干中華そば

 販売地域:全国

 発売年月日:令和3年4月4日(月)

 購入年月日:令和3年4月11日(月)

 試食年月日:令和3年7月24日(日)

 購入場所:MEGAドン・キホーテ

 定  価:193円(税抜)

 購入価格:128円(税抜)   値引き率:33.7

◆商品の評価◆  ×5段階評価  標準は×2) 

麺   ★★   麺種:フライ  太さ:中太  湯戻し時間:3分

スープ  ★★   ベース:醤油

具   ★★

総 合  ★★   ※ 販売価格に応じた評価の調整を行うことがあります。

 良くも悪くも標準カップの域を出ない味わいですが、致命的な部分もなく、安心して食べられます。

 同じ価格ながら、カップヌードル系との具量とか味作りに比し、これほどまでに差が付いちゃうのかなぁって、このシリーズを食べる度に感じちゃうのですが…(~_~)

◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:66g(うち麺量55g)  必要湯量:280ml

 エネルギー:     287kcal(うち麺・かやく248kcal、スープ39kcal

 食塩相当量:★★★  4.1g(うち麺・かやく1.1g、スープ3.0g