本日の2カップ目はこれ。

DSCN6278
DSCN6338
 ペヤングさん、時折、このフェイク「そば」を出してくるんですよね。

 フェイクではあるけど、「そばアレルギー」を持っている人には、そばの味は全くしないけど、そばの雰囲気だけは「一応」ある、この「蕎麦風」は、朗報と言ってもいいんじゃないでしょうか。

 かつては「焼き蕎麦」を名乗っていたけど、そば粉を使わずに最近は「蕎麦風」を名乗り、だれでも食べられるってのは、いいよね。

DSCN6279
 そうだねぇ、今回のカップの悪ふざけ度の分類は、そばアレルギーの人にも優しいカップと言うことで、「真面目カップ」でいいんじゃないでしょうか。

◆アピールポイント◆

 「蕎麦粉を一切使用していないペヤングオリジナルの「蕎麦風めん」を使用し、山菜蕎麦を再現した商品」だそうです。

DSCN6281
DSCN6340
カップの種別:【スポット(一般)】【新発売】

添付物は、ソース(液体)、かやくです。

DSCN6286
 は、そばに似た黒っぽい油揚げ麺です。

DSCN6284
 そばと呼ぶには、ちょいと不自然な色合いですが、只者ンの焼きそばじゃねぇぞ!というメッセージは十分伝たわってきます。

企業秘密らしく事前のアナウンスはありませんが、「クチナシ青色素」によってそば色っぽく着色してます。

味わい的には…、完全にいつものペヤング麺。まんまペヤングです。

それでも不思議なことに、あのノンアルビール現象が襲ってきます。

すなわち、和風な汁と相俟って、そばっぽい味わいを醸し出しちゃってます(^^ 

面白~っ!

DSCN6334
ソースは、「かつお出汁のやさしい味わい」とのことです。

DSCN6290
DSCN6329
 ソースを名乗っていますが、ベースは醤油です。

そして、そば汁をイメージしたのか、アニマルレス&フィッシュオンな汁となってます。

和出汁要員として鰹と椎茸が登用されてます。

まっ、普通に美味しい醤油ソースって評価でいいんじゃないでしょうか。

 うん、この味わい、美味しいですよ。

 そして、この味、山陰地方で食べられている「瓦そば」の汁にとても良く似てると思う人は、アタシだけでしょうか。

DSCN6332
 は、「程よい苦みの山菜がアクセントとなる事で、上品な一品に仕上げた」そうです。

DSCN6287
DSCN6291
 わらび、かまぼこ、ぜんまい、ねぎです。

表記順によると、蕨(わらび)→薇(ぜんまい)なんですが、ぜんまいが多い感じがします。

乾物ゆえに、麺の上に乗せるだけでは、それほどの風味は発しません。

それでも、この量は特筆ものです。

焼きそばor蕎麦風との相性はそれほどいい感じはありませんね。

やはり温汁の方が、その実力が発揮できる予感。

DSCN6342
◆商品データ◆

 発    元:まるか食品㈱

 シリーズ名:ペヤング

 商 品 名:山菜蕎麦風

 販売地域:全国

 発売年月日:令和4年7月25日(月)

 購入年月日:令和4年7月25日(月)

 試食年月日:令和4年7月25日(月)

 購入場所:MEGAドン・キホーテ

 定  価:214円(税抜)

 購入価格:198円(税抜込)   値引き率:7.5

◆商品の評価◆  (×5段階評価  標準は×2) 

 麺   ★★   麺種:フライ  太さ:太  湯戻し時間:3分

ソース  ★★

 具   ★★★

総 合  ★★★   ※ 販売価格に応じた評価の調整を行うことがあります。

 なかなかアイディアに富んだ一杯でした。

 多少でいいので、モノホンなそば粉が入ったものを食べたいけど、一度「そば粉不使用」を謳っちゃったから、もう後には引けません。

 何が起こるかわからないから、封印せざるを得ないですよね。

 それでも、食べだすと、不思議とそば麺に感じちゃうってぇのが、何とも不思議。

◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:117g(うち麺量90g)  必要湯量:480ml

 エネルギー:★★     535kcal

 食塩相当量:★★★   4.1g