本日のレトルトカレーはこれ。

product_img
 国内最大級の口コミグルメサイト「食べログ」が、「うまいもの。今食べるなら、このお店」をコンセプトに、ユーザーから高い評価を集めた100店を発表するグルメアワードが、「カレー百名店」。

main_top_bg
 現在、ハウスからこのシリーズは9種リリースされており、これが9食目。コンプ終了です。

 このシリーズ、レトルトカレーの中でもマニア人気が高い名店とコラボした商品。

 今回の新商品は、木場&亀戸の人気店、あの「カマルプール」とコラボしたレトルトカレー!!

collabo10
 スパイスと素材を活かした彩りあるオリジナル料理を提供する人気の創作インド料理店です。

DSC_5039_00003
 私酔待童子的にはラム(子羊肉)を使ったカレーは初めてのような…。

◆メーカー説明◆

 「ラム肉とココナッツミルクのコク、香り高いスパイスがおいしさの決め手」だそうです。

DSC_5037_00002
DSC_5057_00007
添付物は、ありません。

DSC_5042_00004
ル ー       粘度:普~濃   辛さ:×3(5段階評価)

 色合い的には、クリーミーな黄土色です。
 たぶんココナッツミルクが影響してるんじゃないでしょうか。

 なかなかスパイシーなルゥで、割と積極的に攻撃を仕掛けてくるような味。
 そこを濃厚なココナッツミルクが幾分かマイルド方向へと微調整。
 バランス感のあるスパイスと強めに効いた辛味が食欲中枢を刺激します。

 羊肉の中でもラムは匂いが控えめですが、やはりスパイシーに振って臭みを取っているんでしょうかね。

DSC_5062_00009
 

 目視できるものは、羊肉(ラム)とソテードオニオンです。

 一応、ラム挽肉を使ったキーマカレーを謳ってますが、それほどラム肉が入っているわけじゃないし、キーマカレーっぽい細かい具がゴロゴロ入っているタイプでもありません。

 だから、ラムが得意でない人でも全然平気です。

DSC_5066_00011
◆商品データ◆

 発    元:ハウス食品㈱

 シリーズ名:選ばれし人気店

 商 品 名:ラムキーマカレー カマルブール

 販売地域:全国

 購入年月日:令和3年1218日(土)

 試食年月日:令和3年1227日(月)

 購入場所:ベルグ

 定  価:オープン

 購入価格:298円(税抜)

◆商品の評価◆  ×5段階評価  標準は×2)

       ※絶対評価のほかに、値段に応じた調整を行うことがあります。

ル ー  ★★★    加熱時間:1分10秒(500W

具   ★★

総 合  ★★

 カマルプールのラムキーマを食べたことがないので再現度はわかりませんが、中々スパイス感に溢れ、辛さも程良く、羊を意識しなくても食べられるカレーに仕上がってます。

 キーマカレーと言うより、ドロっとしたルゥのご飯がけカレーに近いものでした。この味、ご飯よりもナンの方が合うかも…。

◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:150g

標準栄養成分 1袋(150g)当り

 エネルギー:     212kcal

 食塩相当量:★    2.0g

 

 最近のレトルトカレーは、調理が楽です。

 この状態でレンチン1分10秒ですもん。

DSC_5044_00005
 いつものメンバーが集結。

 八幡屋磯五郎の「ガラムマサラ」、S&Bの「ターメリック」、酒悦の「福神漬け」、桃屋の「花らっきょ」、そしてギャバンの「パセリ」。

 これだけあれば、ほぼいいでしょう。

DSC_1218_00005_00001_00001
 こんな感じででき上がりです。

 アハハ、なんか家で作る「バーモントカレー」のような色合い…(^^

 ひと目見ただけで、ココナッツミルク入りだって判っちゃう。

DSC_5055_00006
 地味な存在ですが、箸休めの時の働き具合。

 こいつらのこと、決して忘れませんぜ。

DSC_5059_00008
 こんなベストバランス的に口中へ流し込む…。

DSC_5064_00010
 う~ん、どう見たって、キーマカレーっぽくないでしょ?

DSC_5071_00012
 追いスパイスとして、磯五郎のガラムマサラを入れてみました。

DSC_5072_00013
 やはり、磯五郎を入れると、バランスを壊さずに辛さとスパイス感が増します。

 なかなかお目にかかれない羊肉のカレー。

 ちょっと試してみる価値はありますぞ。