本日のカップはこれ。

DSCN5051_00001
DSCN5110_00011
  オリーブオイルと塩で味付けをした焼そばが発売されました。

  うふふ、最近、ペヤングの悪ふざけ商品やゲテがナリを潜めていますが、油断禁物でっせ!

  いつ登場するのやら…。

  でも、あの「獄激辛」シリーズ、店舗では「厄介者」扱いされているので、当分は出てこないでしょう。

DSCN5052_00002
  それはそれとして、我が家では、酒のつまみに、千切りキャベツに「オリーブオイル+塩」がけっこう登場するんです。

  塩とオリーブオイルに馴染んだ千切りキャベツをボールいっぱい食べるの罪悪感なし(*^_^*

◆アピールポイント◆

 「暑い夏にピッタリなさっぱりとした味わいの商品。オリーブオイルが効いた塩ベースのソースと、彩りの良い3種の野菜を合わせることで目にも美味しい仕上がりとなっている」そうです。

DSCN5054_00003
DSCN5111_00012
カップの種別:【スポット(一般)】【新発売】

添付物は、ソース(液体)、かやくです。 

DSCN5059_00005
 は、いつものペヤングで使われているフライ麺です。

DSCN5056_00004
 いまどきのモチモチした太麺とはかけ離れたちょっとレトロを感じさせる中細麺ですが、

細麺を使う焼そばブランド第一人者として安心して食べられる麺です。

 多少の油臭を感じますが、カップヌードルの麺と同様、どんなソースやフレーバーとも仲良くできる秀逸な性能を兼ね備えています。

DSCN9635_00014
ソースは、「オリーブオイルが効いた塩ベースのソース」とのことです。

DSCN5063_00007
DSCN5103_00009
 オリーブオイル色っぽい色合いのソースです。

 動物系の存在も多少は感じますが、旨み成分程度の働きで、やはりメインは、オリーブオイルと塩。

 いつもでしたら、ニンニクを加えてスパイシーな味付けで攻めてくるハズなのに、今回のソースは、めたらやったらオーソドックスな味わいで、ちょっとビクーリ(_;)

 オリーブオイルの風味を前面に出す味設定がなされていますが、オイルの量に比し、クドさは皆無。

 これもオリーブオイルのなせる業ですね。

 なんか、ニンニク抜きのアヒージョを連想してしまいました(~_~;

DSCN5106_00010
 は、「彩りの良い3種の野菜を合わせた」そうです。

DSCN5061_00006
DSCN5065_00008
 キャベツ、コーン、赤ピーマンです。

 まるで信号機のような赤黄緑の野菜の組合せは、鮮やかでビジュアル的にはいい感じ。

 冒頭でも記したように、キャベツとオリーブオイルの相性の良さは抜群なので、開発者のいいチョイスだと思います。

 スタンダードプライスのカップとしては、この具量は嬉しいですね。

DSCN5113_00013
◆商品データ◆

 発    元:まるか食品㈱

 シリーズ名:ペヤング

 商 品 名:オリーブオイル塩  やきそば

 販売地域:全国

 発売年月日:令和4年7月11日(月)

 購入年月日:令和4年7月11日(月)

 試食年月日:令和4年7月12日(火)

 購入場所:MEGAドン・キホーテ

 定  価:214円(税抜)

 購入価格:178円(税抜)   値引き率:16.8

◆商品の評価◆  (×5段階評価  標準は×2) 

麺   ★★   麺種:フライ  太さ:細  湯戻し時間:3分

ソース  ★★★

具   ★★★★

総 合  ★★★   ※ 販売価格に応じた評価の調整を行うことがあります。

 我が家では、オリーブオイルを多用しているので、この味は、スムーズに受け入れられる味わいでした。

 焼きそばをオリーブオイルで食べる…。なんとも、斬新なアイディアですな。

 でも、焼きそばもいいけど、パスタにこのソースをかけてバジルとニンニクってのもありかな。

 まっ、どう転んでもペヤングでスパを出すことは無いと思うので、夢物語として楽しむのも一興ですね。

◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:117g(うち麺量90g)  必要湯量:480ml

 エネルギー:★★     542kcal

 食塩相当量:★★★    3.3g