本日のレトルトカレーはこれ。

4902777310275_00001
 最近嵌(はま)っているレトルトカレー。

 今現在、61種類ほど終えてます。

 ボンカレー、カレー職人シリーズらを撃破し、銀座カリーも続々試食中です。

 あっ、そうそう、このシリーズの発売元は「㈱明治」。

 チョコレートやお菓子ばかりを作っているのではなく、カレーも作ってるんですね。

 もう発売から25年経ってるんで、老舗レトルトカレーの仲間入りをしてます。

 そして今回紹介するレトルトカレーは、「銀座カリー」の普段より少し贅沢な気持ちを味わえる、「フレンチベースの技法」と「こだわり素材」が融合したワンランク上の洋食カレー。

 3種のチーズ(チェダーチーズ、ゴーダチーズ、パルメザンチーズ)が溶け込む、チーズのコクと香りが濃厚なソースに、とろ〜りモッツァレラチーズをトッピング。
 ソテービーフの旨みも楽しめるそうです。

DSC_5035_00005
◆アピールポイント◆

 「こだわりのロングセラー、銀座カリーの「スペシャリテ」。伝統の二段仕込みブイヨンをベースに、チーズの濃厚さをひたむきに追求した」そうです。

DSC_5033_00004
DSC_5048_00007
添付物は、ありません。

DSC_5031_00003
ル ー       粘度:普~濃   辛さ:×2(5段階評価)

 チーズが蕩けていることもあって、ルゥ自体はかなり濃厚かつ粘度が高いです。
 ビーフにソテードオニオンが加わり、ベースのルゥ自体がしっかりとした旨味を醸してます。
 そこにチーズが加わり、濃厚さを増すとともに、1ランク上の高級感を演出してます。

DSC_5051_00009
 

 目視できるものは、チーズ、たまねぎ、牛肉。

 開封と同時にチーズの香りが漂います。
 濃厚なチーズの味わいは、スパイス感を抑え込み、美味しさと言う点では、万人受けする味に仕上げてます。
 申し訳程度の牛肉がアリバイ作り的に入っていますが、なくても困らない感じです。

DSC_5054_00010
◆商品データ◆

 発    元:㈱明治

 シリーズ名:銀座カリー

 商 品 名:スペシャリテ 濃厚チーズカリー

 販売地域:全国

 発売年月日:令和3年月日(月)

 リニューアル年月日:令和3年月日(月)

 購入年月日:令和3年1221日(月)

 試食年月日:令和3年1227日(月)

 購入場所:MEGAドン・キホーテ

 定  価:310円(税抜)

 購入価格:258円(税抜)   値引き率:16.8

◆商品の評価◆  ×5段階評価  標準は×2)

       ※絶対評価のほかに、値段に応じた調整を行うことがあります。

ル ー  ★★★★    湯煎時間:5分

具   ★★

総 合  ★★★

 高級感のある欧風カレーです。そもそもクオリティの高い「銀座カリー」のワンランク上のカレーと言うことで、過度に期待してしまった感はあるのですが、チーズカレーとしては絶品でした。しかし、「ほぼ」具が溶け込んでいるのか目視できないってところに、ちょっと不満を感じました。

◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:180g

標準栄養成分 1袋(180g)当り

 エネルギー:     238kcal

 食塩相当量:★★   3.0g

 

 いつものメンバーが集結。

 八幡屋磯五郎の「ガラムマサラ」、S&Bの「ターメリック」、酒悦の「福神漬け」、桃屋の「花らっきょ」、そしてギャバンの「パセリ」。

 これだけあれば、ほぼいいでしょう。

DSC_1218_00005_00001_00002
 こんな感じで出来上がりました。

DSC_5046_00006
 らっきょと福神漬、そしてパセリは当初から乗せておく、欠かせないアイテムです。

DSC_5050_00008
 トロッと蕩けたモッツアレラチーズ。

 このコクは、もはやチェダーチーズのようです。

DSC_5068_00011
 ひと口頬張るごとに、もれなくチーズが付いてきます。

 なんかね、欧風カレーの王道を行くような味わい!

DSC_5074_00012
 「銀座カリー」のワンランクアップ版をいただきました。

 デフォの「銀座カリー」の260円に対し50円アップの310円(定価比)、購入価格では、デフォの158円に対し258円と100円の差が出ちゃいます。

 う~ん、購入価格の開差100円のアドバンテージがあるかと問われると、元々クオリティの高い商品なので、そこまで品質の違いは無いと感じました。

 まっ、高い=旨い、豪華と考える人は、一度、試してみても、絶対に損はしないと思います。