本日の2食目はこれです。

  昭和時代末期~平成時代初頭にかけて川越のおんぼろ社宅に住んでいた頃のこと。

  世は、まだまだラーメンブームには程遠く、地味ぃな国民食レベルの時代。

  極煮干しだの、ドロンジョ、つけ麺、激辛などは、あることはあっただろうけど、異端児的存在だった頃のこと。

  通勤途中でふと立ち寄った「北海道ラーメン」なる赤提灯に誘われてまるで誘蛾灯、いやゴキブリホイホイに入るが如く入ったラーメン屋。

  店内は臭い!まるで、どぶのような嫌な臭い…。 ← この時は、本当にそう思ったのでした。

  入ったことを悔やんだけど、それは後の祭り。

  子供を寝かしつけた酔待童子♀を呼び出し、コップ酒を2杯煽って、ラーメンを注文。

  提供されたラーメン、これがあの悪臭の源だった。

  腐ってるとは思わなかったが、凄いものを使ってるんだなとは、ラメーントーシローの私酔待童子でも判った。

  その後、複数回通ったが、慣れることはなかったけど、好きな味だった。

  それから30年。

  ふと、あの味を思い出し、行く機会を窺っていたのだ。

  そして、この日(1月29日)を迎えたのでした。

  あはは、きっとあの時代の提灯じゃないとは思うけど、ありましたぜ!

  哀愁をそそる提灯ですな。

IMG06564_HDR_00001
  開店の18時に合わせて行ったのだが、ほぼ満席に近い状態。

  おお~っ、あの頃と異なり、活気もあるわ。

IMG06609_HDR_00013
◆店舗データ◆

  店 舗 名:北海道ラーメン 唐麺

  所 在 地:川越市元町2-1-9

  電話番号:049(225)4403

    営業形態:独立

  営業時間:18:0027:00

  定 休 日:月曜日、第二・四日曜日

  券 売 機:無

  割 り 箸:有

  人 気 度:総合順位:(全国)7,519位  (川越市)63

       ※2022年1月29日現在 ラーメンデータベースの順位

◆注文商品◆  (×5段階評価 標準は×2)

  注文商品:醤油らーめん(750円)

  支払総額:1,500

  入店年月日:令和4年1月29日(土)

IMG06573_00003
          ★★★   加水率:中~高   太さ:中

 中サイズに近い中細な若干縮れを伴う麺です。加水率は高そうです。

 やわめな茹で上がりは、スープとの馴染みもよく、滑らかな口当たりでスルスルと喉元を通過していきます。

 癖のあるスープとの相性は、まるで、だだっ子を諭すお母さん的包容力を感じました。でもその本性は、支那そば麺!

IMG06579_00006
スープ   ★★★★   ベース:醤油  コッテリ感:普~濃

 表面にラードが層をなす醤油ベースのスープです。

 スッキリした生醤油タイプではなく、どこかもろみとか溜まり醤油のような厚みのある複雑な味わいを形成してます。

 これに合わせる出汁は、豚骨がメインで、鶏魚がバランスよく加わってる感じかな。

 あっそうそう、旭川ラーメンの雄である梅光軒や蜂屋に通じるものがありました。

IMG06582_00007
     ★★★★

 チャーシュー、もやし、メンマ、ナルトです。

 トロホロなバラチャースが二枚。提供時は白い脂身もスープの温度で透明に変身!

 クタったもやしも、食感で独特の存在感を出してます。

 穂先に近い部分のマンメは、こりっとした歯応えで、丼の中で目立たない存在を演じつつ、孤高の食感が好印象。

IMG06575_00004
お薦め度    ★★★★

 およそ30年ぶりに食べてみました。

 はじめて食べたときは臭くて「こんなのラーメンじゃない」と思ったものでしたが、長い年月が私の味覚お臭覚を変えてしまったようです。

 ええ、嵌っちゃいました。

 ちょっと評価が甘いかもしれませんが、私好みの味だったと言うことで、ご勘弁を

 

  あの30年前に経験した独特な匂いは、私酔待草子の数百件のラメーン屋との戦いで、身に着けた護身術や経験値、体制、抗体反応などの諸要素が絡み合い、個性的ではありますが、好ましい匂いに変身してました(^^

IMG06576_00005
  チャースは、熱々のスープの中で、白い脂身が煮えていい色合いに変身です。

IMG06596_00008
  シャキッた穂先メンマは嬉しい一品。

  クタっとしたものが多い中で、これはいいです。

IMG06597_00009
  ナルトが中華そば、いや、支那そばであることを主張してます。

IMG06601_00010
  シナっとしたもやしは、麺の邪魔をしないで好印象。

  醤油ラーメンの中にももやしが入ってるところなんかは、ルーツを北海道に見出せます。

IMG06602_00011
  こんな感じで投了です。

IMG06607_00012
  うん、あの頃の印象も、ちょっと感じました。

  長い月日が、おいらの舌先、鍛えられちゃったんだね。

  うん、あの頃は、アタシもおぼこ(生娘)だったんだ(^^