本日のカップはこれ。

DSCN4188_00001
DSCN4252_00015
 「マジ盛」は、本物感とボリューム感を追求したやみつき感のある商品として、2007年3月に発売されたシリーズ。

今回、発売15周年を迎えるにあたり、「今届けたい、本気(マジ)の一杯!」をコンセプトに、「マジ盛」のロゴとデザインを一新されました。

DSCN4195_00004
  一時は、麺の評価がイマイチな時期もありましたが、ここ数年来の間に、麺も美味しくなりいい傾向が続いてたのですが、思い切ったMC(マイナーチェンジ)&IC(イメージチェンジ)。

そして、その記念すべき一杯は、今ま有りそうで無かった「ど豚骨醤油」をテーマにした、濃厚でやみつきになる味わいの一品として発売されました。

DSCN4190_00002
◆アピールポイント◆

 「食べごたえアップの硬くコシが強い新がっつり太麺に、濃厚でやみつきになる味わいのど豚骨醤油スープ」だそうです。

DSCN4193_00003
DSCN4254_00016
カップの種別:【スポット(一般)】【新発売】

添付物は、特製油です。

DSCN4196_00005
 は、「粘りの中にも歯切れ感がある、堅くコシのある麵」だそうです。

DSCN4239_00009
 「従来の「マジ盛」に使用していた麺から配合を変更し、硬くコシが強い食べごたえのある太麺を使用している」そうで、湯戻し4分の幅広な緩いウネリを伴う太麺となりました。

  強い弾力を伴うコシの強い麺に生まれ変わりました。

DSCN4241_00010
  歯を押し返すような弾力は、濃いめのスープとの相性が良く、ワシワシ食べるにはもってこいの麺です。

  小麦の味も感じ取れる新時代のフライ麺ですね。

DSCN4243_00011
スープは、「ポークとチキンの旨味をベースに、醤油のコクを合わせた、濃厚な豚骨味のスープ」とのことです。

○ 当初から充填されている粉末スープ

DSCN4200_00007
○ 特製油(後入れ)

DSCN4198_00006
DSCN4245_00012
 豚骨スープに醤油のコクとキレを加えた、濃厚でやみつきになる味わいです。

慎重に味わってみると、豚の甘みや多少の豚クッサーも感じられるスープとなっていますが…、

DSCN4248_00013
  あの家系ラーメンのスープに比し、割と醤油感が強く、「ど」は、豚骨よりも醤油に冠する方が似合いような…。

DSCN4259_00018
 は、「味付豚肉・メンマ・ねぎをがっつりと加え、満足感のある一品に仕上げた」そうです。

DSCN4203_00008
DSCN4250_00014
 マルちゃん十八番のリアルチャーチップ、シャキッたマンメ、ねぎと安全パイで構成していますが、縦型豚骨醤油としては、無難な選択でしょう。

量的にも、十分満足できる量が入っています。

DSCN4257_00017
◆商品データ◆

 発    元:東洋水産㈱

 シリーズ名:マジ盛

 商 品 名:ど豚骨醤油

 販売地域:全国

 発売年月日:令和4年6月27日(月)

 購入年月日:令和4年6月28日(火)

 試食年月日:令和4年6月29日(水)

 購入場所:ローソン 大宮南銀座店

 定  価:245円(税抜)

 購入価格:264円(税込)

◆商品の評価◆  (×5段階評価  標準は×2) 

麺   ★★★★  麺種:フライ  太さ:幅広太  湯戻し時間:4分

スープ  ★★★   ベース:醤油

具   ★★★

総 合  ★★★   ※ 販売価格に応じた評価の調整を行うことがあります。

 装い&クオリティも新たに生まれ変わった「マジ盛」。

  まだ一品だけなので評価を下すには時期尚早ではありますが、いい傾向にあるのではないかと思います。

  今回の麺、賛否両論あるかもしれませんが、個人的にはこの麺は好きです。

  今後もいろんなテイストでいろんな麺種が出てくるでしょうが、楽しみですねぇ。

◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:105g(うち麺量80g)  必要湯量:460ml

 エネルギー:★★     473kcal(うち麺・かやく386kcal、スープ87kcal

 食塩相当量:★★★★  6.9g(うち麺・かやく2.0g、スープ4.9g