おはようございます。酔待童子です。

  昨夜は、毎日の恒例となっている送別会。
 おいらの主義は、会費制、贈り物なしが開催の条件。
 それでも、みんな用意してくるんだよね。
 今回もそう。
 ドライビンググローブや、1980年製のワインなど…。
 さっ、今日も飲みに行きましょうかね(^-^;
 

前回の続きから)

  ヨッパーとなって青森駅に降り立った我ら酔待童子ご一行様。

  毎度のことながら、青森に降り立つと、なんか心地よい空気に包まれる感じがするのだ。

IMG00247
  は~い、今回のブーブーは「ヤリス」君です。

  まっ、大人4人なら十分でしょう。

IMG00311_HDR
 今回紹介するコースは、黒いマーカー部分です。

map
 春の津軽半島で、観光客相手に営業している飲食店はそれほど多く無い。

竜飛岬近くの飲食店も、もちろん休業中。

だから、安全策を取って、ここを選んだ。

ええ、もちろんここがいいと決めていたんだけどね(^^

IMG00248_HDR
  まずは、乾杯でしょう。

  運転手のA氏は、ニセビアで我慢していただいたm(__)m

IMG00252
◆店舗データ◆

 店 舗 名:しじみ亭奈良屋

 所 在 地:青森県北津軽郡中泊町今泉唐崎255

 電話番号:0173(58)3581

 営業時間:9:0018:00

 定 休 日:水曜日

◆注文商品◆

 注文商品:しじみづくし(1,870円 税込)

 入店年月日:令和4年4月日(金)

《コースメニュー》

  ミニしじみ釜めし、ミニしじみ汁、ミニしじみバターいため、ミニしじみチャウダー、ミニしじみラーメン、しじみ味噌と佃煮、お豆腐にしじみ南蛮漬けのせ、おしんこ、津軽りんごコンポート

IMG00261_HDR
◆評  価◆×5段階評価 標準は×2)

食  材   ★★★★

お薦め度   ★★★★★

 日本各地に蜆(しじみ)の産地は数多くあれど、十三湖といったら蜆(しじみ)。蜆といったら十三湖ってなくらいに有名なしじみの産地で、粒も大きいし、寒冷地なので、うま味が凝縮されているんです。

  そんな蜆料理、全8種がいただけます。

  ミニと付いているだけあって、適量を楽しめます。

  どれもが、しじみ出汁が利いていて、じんわりと舌に染み入る美味しさです。

 

  みんなでこれを注文しました。

  少しづつ、色んな蜆料理が楽しめます。

IMG00251
  まずは「ミニしじみラーメン」から行っちゃいます。

IMG00254_HDR
  色白のモッチリとした麺です。

IMG00265
  縮れにスープが絡んで美味しさ倍増!

IMG00267
  マンメは、大きくて平べったいもの。

  割とやわらかい食感でした。

IMG00269
  このラーメンには、こんなに入ってました。

IMG00271
  スープを楽しんだ後、蜆をいただきましょう。

IMG00275
  やっつけました(^^

IMG00276
  次に控えしは、「ミニしじみ汁」。

  これもしじみの出汁が凄いデス。

IMG00256
  これも汁を楽しんだ後に、穿(ほぞく)り喰らいます。

IMG00283
  3食目は「ミニしじみバターいため」です。

IMG00273
  あさりバターとは、一味変わった味わいでした。

IMG00295
  4食目は「ミニしじみチャウダー」。

  ちょっと洋風になります。

IMG00258
  蜆は4粒でした。

IMG00300
  5食目は「ミニしじみ釜めし」です。

IMG00259_HDR
  蜆の殻を齧ったら最悪の事態に陥るので、慎重に食べ進みます。

  ご飯に蜆の旨味がシカーリと入り込んでます。

IMG00279
 結局、2粒しか入っていませんでした。

IMG00287
  6食目は、お豆腐にしじみ南蛮漬けのせです。

  こりゃあ、酒のつまみにピターシじゃん(^^

IMG00281_HDR
  箸休めにおしんこなぞいかが(^^

IMG00289
 ラスト7・8食目は、しじみ味噌と佃煮、

IMG00291
  結局、これも日本酒のつまみとなっちゃいました。

  食べた蜆の残骸です。

  30数粒くらいだったと記憶してます。

IMG00302
 津軽りんごコンポートで〆ます。

IMG00304
  食後の散歩は、寒風吹きすさぶ十三湖畔で。

IMG00308
  汽水湖なので、潮の満ち引きの影響を受けます。

IMG00305
  なんか荒涼とした風景が広がっていますね。

IMG00306
  竜飛へ向かう途中に、ちょいと道の駅に立ち寄りました。

IMG00309_HDR
  ♪十三湊は  西風強くて  夢もしばれる  吹雪の夜更け

    降るな降るなよ  津軽の雪よ  今年も春が遅くなるよ…。

  思わず千昌夫の津軽平野を口ずさんでしまった(続く)。

≪食器棚≫
 JR大宮駅     つくば本店駅前店