本日の二杯目はこれ。

DSCN9886_00001
DSCN9939_00010
 MARUCHAN QTTAは、しっかりとした食べごたえがあり、食べた人に「はぁ~、くった~」とホッと一息ついて前向きな気持ちになってもらいたい「たて型カップ麺」として、2017年3月に登場。

初食した時、これ、ホント美味しいと思いました。カップヌードル破れたりと…。

  麺の美味しさがカップヌードルよりも秀でてるんですよね。

MARUCHAN QTTA」シリーズでは、フレーバーに合わせた独自製法の麺を採用し、ラードを使用した油で揚げた香ばしい風味の麺を、これまた独自製法の「つやもち製法」によって、なめらかで粘りのある弾力の食感に仕上げているそうです。

アハハ、在庫過多で、紹介時機を逸しちゃったんだけど、旧カップもあったので、ちょいと食べ比べて、リニューアルによる変化を検証してみましょう。

DSCN9895_00003
◆メーカー説明◆

 「ラードの香ばしい風味がするつやもち製法の麺に、魚介エキスの旨みを利かせたコクのあるシーフードスープ」だそうです。

DSCN9890_00002
DSCN9940_00011
カップの種別:【定番(一般)】【発売中】

添付物は、ありません。オールインワンタイプです。

DSCN9896_00003
 は、「つやもち製法による、なめらかで弾力のあるスープによく絡む麺。ラードを使用した油で揚げ、香ばしい風味をつけた」だそうです。

DSCN9900_00004
  強めの縮れが付いた中麺サイズのフライ麺です。

ヌードル系の製品ながら、しっかりと「カップのラー」の麺になってます。

DSCN9929_00006
 ラードで揚げた麺。

通常は油揚げ臭が鼻につくのに、この麺は逆に香ばしさを演出してます。

その反面、スナッキーな味わいも…。

でも、いままでの各メーカーの顔たる縦型レギュラーカップよりも確実に美味しい麺です。

DSCN9933_00007
スープは、「ポーク・チキンの旨味をベースに、ホタテやあさりなどの魚介の旨みを利かせた、シーフード味のスープ」とのことです。

従来のベジポタと豚から、格段に貝出汁を中心とした魚介が勢力を拡大させてます。

DSCN9935_00008
 日清のシーフードヌードルとは方向性が違いますね。

やはり、後発カップなので、味に深み、とろみ、旨みをしっかりと組み込んだスープになってます。

DSCN9951_00013
 は、たまご、いか、かに風かまぼこ、貝柱風かまぼこ、ねぎです。

DSCN9903_00005
DSCN9937_00009
 日清のシーフードヌードルに負けず劣らず入ってますよ~。

かにかまなんか大きいのがゴロんゴロンと入ってます。

いかにも蟹肉っぽくていい感じ。

ふわトロ卵も美味しいです。

イカもいいけどと帆立風かまぼこの小柱風食感がステキ。

これだけの充実具材なら文句言えませんね。

DSCN9943_00012
◆商品データ◆

 発    元:東洋水産㈱

 シリーズ名:MARUCHAN QTTA

 商 品 名:シーフード味

 販売地域:全国

 発売年月日:令和2年9月14日(月)

 リニューアル年月日:令和4年3月14日(月)

 購入年月日:令和3年3月14日(月)

 試食年月日:令和3年6月14日(火)

 購入場所:ウエルシア

 定  価:193円(税抜)

 購入価格:138円(税抜)   値引き率:%

◆商品の評価◆  ×5段階評価  標準は×2) 

麺   ★★★   麺種:フライ  太さ:中  湯戻し時間:3分

スープ  ★★★   ベース:豚骨

具   ★★★★★

総 合  ★★★   ※ 販売価格に応じた評価の調整を行うことがあります。

 これは一度食べてみる価値はあると思います。

新時代のデフォカップとなりえる実力を持ってますね。

これはカップヌードルもうかうかしていられませんぜ。

なかなかシーフードヌードルの牙城は崩せないけど、おいら的にはこちらのがやや好きな味わいです。

◆その他の情報◆ (一日の必要量に占める割合 100%が×5)

 内 容 量:79g(うち麺量66g)  必要湯量:280ml

標準栄養成分

 エネルギー:     343kcal(うち麺・かやく303kcal、スープ40kcal

 食塩相当量:★★   3.8g(うち麺・かやく1.7g、スープ2.1g

 

 それではいつも通り、食べ比べてみましょう。

DSCN9957_00014
 画面左側が、リニューアル前のカップ(以下「旧カップ」といいます。)、画面右が、リニューアル後のカップ(以下「新カップ」といいます。)です。

外 見

 デザインを比べてみましょう。

 外見は、蓋のデザインは、新発売直後のキャンペーン広告が刷られてます。

もうリニューアル後3ヶ月近く経つので、デザインはおとなしいものとなっていると思われます。

DSCN9889_00001
DSCN9893_00002
リニューアルポイント

 「ポーク・魚介・野菜の旨味と、スパイス感をアップし、これまで以上に厚みとコクのある、濃厚で複雑なスープに仕上げた」そうです。

 カロリーも、343kcalと双方とも同じですが、麺&かやく、スープのカロリーは異なってます。

塩分は4.03.8gへと変わってますが、誤差の範囲っぽい感じですが、スープのリニューということなので、そこらへんを重点的に検証してみましょう。

添付物は、双方ともにありません。オールインワンタイプです。

DSCN9899_00004
 は、どうでしょうか?

 原材料表示上は、全く変更がありません。

よ~く見ると、麺の色に若干の違いが見て取れますが、これはスープの色の影響を受けているものと思われます。

DSCN9904_00005
DSCN9926_00007
 麺量は同じ66gですが、麺と具でカロリーが35kcal減ってます(298303kcal)。

 また、塩分は0.4の減少です(2.11.7g)。

 同時に造りましたので、双方にハンデはありません。

  スープの影響を受けて、「新カップ」の麺の色がやや色濃く感じます。

DSCN9930_00008
 食感的にも、味わい的にも、双方とも、第一食感は、やわ目なところも含めて同じです。

  時間が経過しても、双方に違いは感じませんでした。。

DSCN9955_00013
スープは、原材料表記順に多少の違いがありますが、主要原料の表記順は同じです。

また、「新カップ」に、大勢に影響がない順位に新たに「食塩」が加わりましたが、カロリーが5kcal減少(4540kcal)、塩分は0.2g増加です(1.92.1g)。

 さてさて、この変更点が味わいに、どう影響してくるのでしょうか。

  目視では、「新カップ」のスープが色濃く感じます。

DSCN9953_00012
 スープの味わいは、双方を飲み比べるという条件付きで、リニューの効果ははっきりと感じられます。

「旧カップ」に比し、「新カップ」の方は、粘度が高く、味が濃く、旨味も複雑な味わいがアップしています。

そもそのこのカップのスープは、粘度が高く旨味も複雑なので、傾向的には同じですが、飲み比べると格段に美味しくなったことが実感できます。

色もまるで別物みたいですね。

DSCN9959_00015
 は、双方とも、たまご、いか、かに風かまぼこ、貝柱風かまぼこ、ねぎです。

 麺量が変わらず、総重量が1g増えてます(7879g)。

具の増量と見ましたが、実物で判断してみましょう。

写真では、明らかに少なく感じますし、ねぎの量に至っては、入れ忘れ的レベル(^-^;

DSCN9907_00006
 乾燥状態ではあれだけ差があったのに、湯戻し後は汚名を挽回してます。

  しかも、具の1個1個が明らかに大きいです。

  本物の烏賊に至っては、かなりの存在感を出してますし、カニカマもらしい色合いに。

  これは、サヨナラ逆転ホームラン的な嬉しさ!

DSCN9949_00011
出来上がりは、こんな感じ。

 盛り付けの違いはありますが、「新カップ」の方が格段にいいですねぇ。

DSCN9944_00009
DSCN9947_00010
 こうやって比べてみると、スープの改良に重点を置いたリニュー。

しっかりとリニュー効果が発揮されてましたし、期待をしていなかった具量の充実というおまけまで付いてました。

ただし、具量の充実については、個体差の可能性はありますが…。

  リニューごとに改悪されるカップ麺が多い中で、クオリティーを落とさず、いい方向への改良がなされたカップだと思います。